ぴゅう太Jr. (TP2001)


ぴゅう太Jr.のスペック
CPU TMS9995 10.738MHz
VDP TMS9918
PSG SN76489
ROM 16KB
RAM なし(CPU内に256B)
V-RAM 16KB
ぴゅう太の機能のうちお絵描きとゲーム用にローコスト化 カートッジ端子の変更、I/Oポートが変更されていたりします。 特にキースキャンがシリアルからパラレルに変更 またソフトによっては(スクランブル)では文字化けが起こったりします 原因はBIOSのスコア表示を使用しなかった為に起こる現象です なお今回解析した基板にはPUUTA JR Bとなっているので別ロットもあると思われます 尚、製造番号はZURY 012502 (注)TI社のチップはMSBとLSBが通常と逆になっています。(ROMの部分ではアドレス、データバスの並びが逆なのはその為です   CPU CPUはTI社のTMS9995を使用クロックは10.738MHz このクロックはVDPと共用で使われています   システムROM CRC:2ca37e62 128KBit マスクROMです 27ピンをN.Cにしていますが実際は1にしないとROMの内容が読めません BIOSを吸い出す時には1、28、27ピンを1にして通常のROMと同じ方法で吸い出しが出来ます   I/Oデコーダ、キー周辺 I/Oポートのデコードです   本体キー 本体にあるキーです J2-1(セレクト)が>EA00 J2-2(セレクト)が>EC00 J2-3がD0 J2-4がD1 J2-5がD2 J2-6がD3 J2-7がD4 J2-8がD5   PSG SN76489を使用、クロックは3.759MHzでVDPから出力されるCPUCLKからきています   VDP TMS9918を使用、CPUCLK端子はPSGのクロックに使用しています   コネクタ J−1はカートリッジ端子(偶数が前)です 端子名はとりあえず、つけてみただけです   ジョイパッド TP1102 パッドはぴゅう太と同じです J3-1がコントローラ1選択 J3-2がコントローラ2選択 J3-8がD0 J3-7がD1 J3-6がD2 J3-5がD3 J3-4がD4 J3-3がD5  
256kBitROM(ベースボール) J1-6に繋がるLS04はぴゅう太+アダプタの場合に必要のようです また通常のゲームカセットの/CSは使用せずアドレスでアクセスするようにしており、A0とA1なので A0=0 A1=0 >0000 A14=0、/CS=1 A0=0 A1=1 >4000 A14=0、/CS=0 A0=1 A1=0 >8000 A14=1、/CS=0 A0=1 A1=1 >C000 A14=1、/CS=1 と、>4000−>BFFFに割り当てるようになっています また通常のROMカセットと違う方法で吸い出しをしないといけません  
メモリマップ >0000 − >3FFF:メモリ システム >4000 − >7FFF:メモリ ROMカートリッジ領域(拡張) >8000 − >BFFF:メモリ ROMカートリッジ領域(通常)   >E000:I/O VDP データ >E002:I/O VDP レジスタ >E200:I/O SN76489 >E400:/CS GROM1 >E600:不明 J-1 6p(負)   >E800:1P PAD J3-1 RIGHT,UP,LEFT,DOWN,SR,SL,-,- >EA00:本体キー   J2-1 2,1,MONITOR,MODE,PALLET,ENTER,-,- >EC00:本体キー   J2-2 RIGHT,DOWN,UP,LEFT,COLOR SELECT>,COLOR SELECT <,-,- >EE00:2P PAD J3-2 RIGHT,UP,LEFT,DOWN,SR,SL,-,-   >F000 − >F0FB:CPU INTERNAL RAM >FFFA − >FFFB:CPU INTERNAL DECREMENTER >FFFC − >FFFF:CPU NMIベクトル  
  Home へ戻る