PC−1251


CPU SC61860へ PC-1251のスペック
CPU SC61860A02 576KHz
SOUND カウンタを使用 1声
ROM 8K(内蔵)+16K(外部)
RAM 2KB+2KB
PC−1250に2KBのグレードアップRAMを載せ 4KBにしたポケットコンピュータ PC−1250も当時メーカ有償でPC−1251同等可 CPUがかなり変わっていて面白い(でも遅い) ある意味SC61860のスタンダードマシーン 個人的にPC−1245のようなスライドカバーが良かった
内蔵ROM 00000H−01FFFH CPUに内蔵されているROM   プログラムROM 04000H−07FFFH 02000H−03FFFHは04000H−05FFFHのミラー?   CPUのFO5端子でコントロールされいます PC−1245/50/51/55では16KBになります 04000H−07FFFHが領域になるのですが 02000H−03FFFHは04000H−05FFFHのミラー? また数バージョンがありエントリーアドレスが変わってしまい CALL文で動作しない場合があります   バージョン  PC−1245  PC−1250/51 07FFFHが0F0Hがバージョン0                    000Hがバージョン1  PC−1255   拡張RAM 08000H−0BFFFHが領域 CPUのFO4端子でコントロールされています 特定のモデルのみ搭載しているRAMになります 改造(I/O 1986年 6月号等)によって PC−1245に16KBに増設して計18KBに記事があります   PC−1245/50なし PC−1251   2KB PC−1255   2KB×4   基本RAM領域 0C000H−0DFFFH 0C000H−0C7FFH(残りミラー?) どの機種でも搭載しているRAMでFO3端子でコントロールされています   LCD領域 0F800H−0F8BFH CPUのBO8端子でコントロールされています LCDに文字やドットを表示するメモリ領域 文字は実際にはドットとして表示される為1文字表示には5バイト必要 表示されないRAM領域には キーデータ等にワークエリアとして使用       I/Oポート  IA8:( 入力) キーデータ  IA7:(入出力) キーデータ、キーライン  IA6:(入出力) キーデータ、キーライン  IA5:(入出力) キーデータ、キーライン  IA4:(入出力) キーデータ、キーライン  IA3:(入出力) キーデータ、キーライン  IA2:(入出力) キーデータ、キーライン  IA1:(入出力) キーデータ、キーライン    IB8:(入出力) 外部端子  IB7:(入出力) 外部端子  IB6:(入出力) 外部端子  IB5:(入出力) 外部端子  IB4:( 入力) BRKキー  IB3:( 出力) キーライン  IB2:( 出力) キーライン  IB1:( 出力) キーライン    FO5:( 出力) プログラムROM /CE  FO4:( 出力) 拡張RAM    /CE  FO3:( 出力) 基本RAM    /CE  FO2:( 出力) 外部端子  FO1:( 出力) 外部端子   コントロール・ポート(出力)  Bit7:−  Bit6:BZ3  Bit5:BZ2  Bit4:BZ1  Bit3:OFF パワーダウン   1=オン、0=オフ  Bit2:HLT クロック停止   1=オン、0=オフ  Bit1:CL  カウンタリセット 1=オン、0=オフ  Bit0:DIS LCD表示    1=オン、0=オフ      BZ3 BZ2 BZ1| XOUT   XIN    −−−−−−−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−     1   1   1 |XINの信号   可     1   1   0 |XINの信号   可     1   0   1 |HIGH     可     1   0   0 |LOW      可     0   1   1 |4kHz    不 可     0   1   0 |2kHz    不 可     0   0   1 |HIGH    不 可     0   0   0 |LOW     不 可     TEST(入力)  Bit7:XINの信号  Bit6:テスト・モード 1=オン、0=オフ  Bit5:  Bit4:  Bit3:KONの信号  Bit2:  Bit1:C2 カウンタ  2msec. テスト  Bit0:C5 カウンタ 0.5sec. テスト       外部端子 本体LCD部分が上、手前のキーボード部分が下として 上から順に  12:MTOUT2  11:GND  10:VGG(6V)  9:FO1*  8:FO2*  7:XIN  MTIN  6:XOUT MTOUT1  5:IB8*  4:IB7*  3:IB6*  2:IB5*    1:FG(シールド)    注)ピンナンバはCE−125基準です    回路図によっては“2:IB5”が1ピンとなってずれる場合があります  *オープンドレイン出力の為、プルダウンにする必要あり   ブザー CPUのXOUT端子から出力を行ないます XOUTはCPU内のカウンタ(LCDドライバクロック用2kHz)を利用し、 コントロールポート内のBZによって4kHzまたは2kHzの出力を行います またテープ入出力の際にも音が出力するようになっています      CE−124の回路図(未確認)       TESTモード ALL RESETを押すとTES端子も同時に押されることになっています RES端子、TES端子はLにります リセットは00000H番地にジャンプして 長押ししていると1回だけリセットになり、押している間TES端子はLのまま 内蔵ROMのプログラムは実行され続けられます 長押し続けることによりTESTモードの判断を行なう事になります 判断はTEST命令の  Bit6 1=RES、TES端子L、0=RES、TES端子H で行なわれます リセットSWを離すとRES端子、TES端子はHになります     キーボード IB1〜3、IA1〜8の組み合わせによって キースキャンを行ないます。   横のラインIB1〜IB3、IA1〜IA7のうち1つだけHにして 縦のラインIA1〜IA8を読むことでボタンが押されたか判断できます   <例>[ENTER]キーのチェック  IA6のみHにする  IA8を読む  押されていればIA6のHがIA8まで繋がるので   1=オン   0=オフ  となります         メモリ 01172H Y −> X 入力:Y=データ、J=001H 出力:X=Yの内容 使用:P、Q XレジスタにYの内容を転送します MVB命令でブロック転送している為J=001Hにする     01177H X −> Y 入力:X=データ、J=001H 出力:Y=Xの内容 使用:P、Q XレジスタにYの内容を転送します MVB命令でブロック転送している為J=001Hにする     011C7:PUSH X 入力:X、J=001H 出力:スタック+2 使用:A、P、Q、R Xレジスタの内容をスタックに保存します MVB命令でブロック転送している為J=001Hにする     011D2:POP X 出力:X、J=001H、スタック−2 使用:A、P、Q、R スタックの内容をXに取り出します MVB命令でブロック転送している為J=001Hにする     011E0H LCDオン 使用:A、P、R5FH コントロール・ポートに001Hを出力してLCD表示します     011E5H LCDオフ 使用:A、P、R5FH コントロール・ポートに000Hを出力してLCD消去します     011E9H BA −> X 入力:BA=data、J=001H 出力:X=BA 使用:BA、X、P、Q XレジスタにBAの内容を転送します MVB命令でブロック転送している為J=001Hにする     011EEH BA −> Y 入力:BA=data、J=001H 出力:Y=BA 使用:BA、Y、P、Q YレジスタにBAの内容を転送します MVB命令でブロック転送している為J=001Hにする       0C6E1H−C6E2H:BASIC スタートアドレス(上位、下位の順) 0C6E3H−C6E4H:BASIC エンド アドレス(上位、下位の順)    
Home へ戻る