FG-2000


ツクダ オセロ マルチビジョン FG-2000のスペック
CPU LH0080A(Z80A) 3.579MHz
VDP TMS9918A
PSG SN76489
ROM 16KB
RAM 2KB(拡張可)
V-RAM 16KB
SG−1000をベースにコーディネートキーの追加 ただし、拡張スロットはキーボードの使用以外の端子はカット(A2、/IORQはカット) ポーズキーは無し、本体RAMの使用禁止が出来ない等の変更があります   CPU  CPUはSHARPのLH0080Aを使用 クロックは約3.579MHz  割り込みはモード1でNMI割り込みは無し、INT割り込みはVsyncに割り当てられています。  またワークRAMはSG−1000と違い2KBのSRAMを使用  本体内のSRAMの使用禁止は出来ない為B3端子を使用したカードリッジは使用できません。   VDP  VDPはTI製TMS9918Aを使用、CPUCLOCKをシステムクロックに使用しています。   PSG  SN76489を使用、クロックは3.759MHzで、MSBはD0、LSBはD7に繋がっています   ROM:CRC c5a67b95  ROMは本体には内蔵されていますが、BIOS等の役割は無くオセロゲームがプレイ出来るだけです  カートリッジと内蔵ROMの切り替えはB2端子とB1端子のショートで切り替わります。  これはB2端子が1になれば内蔵ROMが使用禁止になりカートリッジのROMが使用できるようになります。  ただしMARKIIIの3DソフトはB2端子がオープンになるので、  マルチビジョンに挿して電源を入れると内蔵ROMとカートリッジROMの両方がエイネーブルになり  おそらくバス競争により壊れる事が予想されます。   RAM  本体RAMは2KByteが内蔵されている(0C000H−0C7FFH)  B4を/CSとして08000H−0BFFFHをRAMまたはROMとして増設出来ます。   SG−1000との互換性  SG−1000用のソフトはほぼ動作しますが  本体内のRAMは固定されてしまっているのでカートリッジにB3端子(/OSRAM)を使用している  カードリッジには基本動作しません(32KB RAMのBASIC等)  逆にマルチビジョンのソフトがSG−1000に対応していないものがあります。  Qバードはスタックを0C7FFHに持っており  ワークが2KB以上ないとミラーリングで0C3FFHに置かれ、重複します  本体ワークが1KBのSC−3000*、SG−1000では動作出来ないが  本体ワークが2KBのSC−3000、SG−1000II  本体ワークが8KBのMARK///、マスターシステムなら動作可能という事になります。  注)SC−3000は本来2KBワークRAMですが    1KBワークRAMもある可能性があります(未確認)    またマルチビジョンはポーズキーが無い為、SG−1000でポーズキーを押しても  何も起こらない(RETNで帰ってくる)のが通常ですが  ガズラーだと一旦ポーズはかかりますが、すぐ解除される様にプログラミングされています。   I/Oポート  SG−1000にかなり近いのですがジョィパッド部分が違います。  000H−03FH:未使用  040H−07FH:PSG SN76489、ポート07FHを使用  080H−0BFH:VDP TMS9918A、ポート0BE−BFHを使用  0C0H−0FFH:JOY、コーディネート、SK−1100、ポート0DC−DFを使用     コントローラ  SG−1000と違いA0−A2を使用している為ポート0C0H−0C7H以降ミラーになります  内蔵ROMではポート0DEH−0E3Hをみています   ポート0DEHはポート0C6Hと同じ(0C6Hはポート0C4Hと同じ内容)   ポート0DFHはポート0C7Hと同じ(0C7Hはポート0C5Hと同じ内容)   ポート0E0Hはポート0C0Hと同じ   ポート0E1Hはポート0C1Hと同じ   ポート0E2Hはポート0C2Hと同じ   ポート0E3Hはポート0C3Hと同じ       ポート0C0H #0     Bit7:未使用     Bit6:未使用     Bit5:6のキー 1=オフ、0=オン     Bit4:5のキー 1=オフ、0=オン     Bit3:4のキー 1=オフ、0=オン     Bit2:3のキー 1=オフ、0=オン     Bit1:2のキー 1=オフ、0=オン     Bit0:1のキー 1=オフ、0=オン     ポート0C1H #1     Bit7:未使用     Bit6:未使用     Bit5:未使用     Bit4:未使用     Bit3:0のキー 1=オフ、0=オン     Bit2:9のキー 1=オフ、0=オン     Bit1:8のキー 1=オフ、0=オン     Bit0:7のキー 1=オフ、0=オン     ポート0C2H #2     Bit7:未使用     Bit6:未使用     Bit5:Fのキー 1=オフ、0=オン     Bit4:Eのキー 1=オフ、0=オン     Bit3:Dのキー 1=オフ、0=オン     Bit2:Cのキー 1=オフ、0=オン     Bit1:Bのキー 1=オフ、0=オン     Bit0:Aのキー 1=オフ、0=オン     ポート0C3H #3     Bit7:未使用     Bit6:未使用     Bit5:未使用     Bit4:未使用     Bit3:未使用     Bit2:未使用     Bit1:Hのキー 1=オフ、0=オン     Bit0:Gのキー 1=オフ、0=オン     ポート0C4H #4     Bit7:JOY2 下              1=オフ、0=オン     Bit6:JOY2 上              1=オフ、0=オン     Bit5:JOY1、コーディネートキー 2ボタン 1=オフ、0=オン     Bit4:JOY1、コーディネートキー 1ボタン 1=オフ、0=オン     Bit3:JOY1、コーディネートキー 右    1=オフ、0=オン     Bit2:JOY1、コーディネートキー 左    1=オフ、0=オン     Bit1:JOY1、コーディネートキー 下    1=オフ、0=オン     Bit0:JOY1、コーディネートキー 上    1=オフ、0=オン     ポート0C5H #5     Bit7:未使用     Bit6:未使用     Bit5:未使用     Bit4:未使用     Bit3:JOY2 2ボタン 1=オフ、0=オン     Bit2:JOY2 1ボタン 1=オフ、0=オン     Bit1:JOY2 右    1=オフ、0=オン     Bit0:JOY2 左    1=オフ、0=オン     ポート0C6H #6(ポート0C4H #4と同じ)     Bit7:JOY2 下              1=オフ、0=オン     Bit6:JOY2 上              1=オフ、0=オン     Bit5:JOY1、コーディネートキー 2ボタン 1=オフ、0=オン     Bit4:JOY1、コーディネートキー 1ボタン 1=オフ、0=オン     Bit3:JOY1、コーディネートキー 右    1=オフ、0=オン     Bit2:JOY1、コーディネートキー 左    1=オフ、0=オン     Bit1:JOY1、コーディネートキー 下    1=オフ、0=オン     Bit0:JOY1、コーディネートキー 上    1=オフ、0=オン     ポート0C7H #7(ポート0C5H #5と同じ)     Bit7:未使用     Bit6:未使用     Bit5:未使用     Bit4:未使用     Bit3:JOY2 2ボタン 1=オフ、0=オン     Bit2:JOY2 1ボタン 1=オフ、0=オン     Bit1:JOY2 右    1=オフ、0=オン     Bit0:JOY2 左    1=オフ、0=オン     以降繰り返し    キー入力はSG−1000と似た方法でSK−1100があればSK−1100の入力  無ければ本体のJOY端子の入力になります  通常のJOY端子の入力は0DCH−0DDHのポートを読み込むので  ポート0C4H−0C5Hと同じになります  
Home へ戻る