シャープ C1(仮)


メモリマップ  $0000−$07FF:ワークRAM  $2000−     :PPU用I/Oポート  $4000−     :I/Oポート  $E000−$FFFF:C1用ROM   基本はファミリーコンピューターと同じでスイッチでC1の内蔵ROM選択されます。   ただし、VRAM拡張が出来ないようになっているので4画面を使用したカートリッジは使用不可となります   またPPUにフィルタ機能が無いのでフィルタを使用したソフトも画面が真っ白になり使用は困難になります  
CMT  テープフォーマトはファミリーベーシックと同様シャープPWM方式を採用  ただしCMT−IFはキーボードのCMTと互換性がありません     4017 D4:0でないと接続チェックでエラーとみなされる   4017 D3:0でないと接続チェックでエラーとみなされる   4017 D2:CMTリードデータ   4017 D1:使用しない   4017 D0:使用しない     OUT2:CMTライトデータ  
 $0000:???ポインタ下位  $0001:???ポインタ上下  $0010:ポート$2000の内容  $0011:ポート$2001の内容  $0013:ポート$2005(水平)の内容  $0014:ポート$2005(垂直)の内容  $0018:Iコンの内容    $00022-$0023:Pointer  $0024:  $0030:  $0031:  $0032:  $0037:  $0040:  $0060:MENU TASK$nn     00 Initialize     01 Print MENU     02 JR GRAPHIC A,DEMO     03 JR GRAPHIC B     04 TV NOTE     05 Load  $0070:SUB TASK$nn  $0099:???Tape  $009A:???Tape  $00A1:VRAM Write Flag 000H=,001H=  $00A2:VRAM Write Counter 0  $00A4-$00A5:VRAM Write Data Pointer 0  $00A6-$00A7:VRAM Write VRAM Address 0  $00A8:  $00A9:VRAM Write Counter 1  $00AB-$00AC:VRAM Write Data Pointer 1  $00AD-$00AE:VRAM Write VRAM Address 1  $00D0:1Con  $00D1:1Con    $00E0:テープのデータアドレス  $00E2:テープ用 パラメータ Index 000H-003H  $00E6:テープ ロードデータ  $0200-$03FF:スプライトDMA    $0490-:テープ用  $04A0-$04BF:カラーパレット    $0700-$07FF:Screen        
  Home へ戻る