ファミリーコンピューター ROMカセット マッパー1


PRG  512KBまたは256KB PRG32KBモード 16バンク、PRG16KBモード16バンク CHR  128KB         CHR 8KBモード 16バンク、CHR 4KBモード32バンク 拡張メモリ  8KB(バックアップ可)  
マッパー1のバンク切り替え シフトレジスタのリセット  /ROMSELアドレス($8000−$FFFF)内にBit7=1($80−$FF)のデータを書き込む事によってリセットされます   データのセット  レジスタ内のアドレス Bit7=0にしてBit0にシリアルデータを書き込む事によって  シフトレジスタにシリアルデータが1ビット転送されます(Bit4から0へ)  シフトレジスタは8Bitあるみたいですが5ビット転送されるとシフトレジスタからMMC1内のレジスタに転送されます  またシフトレジスタは1つないので途中でシリアルデータ出力を別のレジスタでシリアルデータ出力を行うと  シフトレジスタはリセットされるようです   $8000−$9FFF:R0 V−RAMコントロール  Bit7:1=シフトレジスタをクリアする、0=シフトレジスタをタクリアしない  Bit6:−  Bit5:−  Bit4:−  Bit3:−  Bit2:−  Bit1:−  Bit0:シリアルデータ出力   $A000−$BFFF:R1 CHRバンク0  Bit7:1=シフトレジスタをクリアする、0=シフトレジスタをタクリアしない  Bit6:−  Bit5:−  Bit4:−  Bit3:−  Bit2:−  Bit1:−  Bit0:シリアルデータ出力   $C000−$DFFF:R2 CHRバンク1  Bit7:1=シフトレジスタをクリアする、0=シフトレジスタをタクリアしない  Bit6:−  Bit5:−  Bit4:−  Bit3:−  Bit2:−  Bit1:−  Bit0:シリアルデータ出力   $E000−$FFFF:R3 PRGバンク  Bit7:1=シフトレジスタをクリアする、0=シフトレジスタをタクリアしない  Bit6:−  Bit5:−  Bit4:−  Bit3:−  Bit2:−  Bit1:−  Bit0:シリアルデータ出力       R0レジスタ V−RAMコントロール    Bit4:CHRバンクモード        1=CHRバンク 4KBモード、0=CHRバンク 8KBモード    Bit3:PRGバンクモード        1=PRGバンク32KBモード、0=PRGバンク16KBモード    Bit2:PRGバンク16KBモードエリア 1=$8000に配置     、0=$C000に配置    Bit1:画面    モード        1=スクロールモード選択   、0=1画面モード選択    Bit0:スクロール モード        1=スクロールH       、0=スクロールV     *512KB(4MBit)ロムのカセットの場合 CHRバンクモードがA18の制御になります    画面モードで1画面モードではBG−Aのみが有効で残りはBG−Aのミラーになります    RPGバンク16KBモードは1=$8000−$BFFFがバンク切換えエリア、$C000−$FFFFがホームバンク                  0=$C000−$FFFFがバンク切換えエリア、$8000−$BFFFがホームバンク     R1レジスタ CHRバンク0 パターンテ−ブル0 (PPU$0000−$0FFF)    Bit4:CHRバンク c4 CHRバンクNo.nn    Bit3:CHRバンク c3    Bit2:CHRバンク c2    Bit1:CHRバンク c1    Bit0:CHRバンク c0     *CHRバンク 4KBモードの場合PPU$0000−$0FFFにCHRバンクnn      4KB分を割り当てます    CHRバンク 8KBモードの場合PPU$0000−$1FFFにCHRデータnn、nn+1 8KB分を割り当てます(最下位ビットc0は無視される)     R2レジスタ CHRバンク1 パターンテ−ブル1 (PPU$1000−$1FFF)    Bit4:CHRバンク c4 CHRバンクNo.nn    Bit3:CHRバンク c3    Bit2:CHRバンク c2    Bit1:CHRバンク c1    Bit0:CHRバンク c0     *CHRバンク 4KBモードの場合PPU$1000−$1FFFにCHRバンクnn 4KB分を割り当てます    CHRバンク 8KBモードではこのレジスタは使用しません     R3レジスタ PRGバンク    Bit4:WRAM選択 1=WRAMを使用する、0=WRAMを使用しない(MMC1Aでは無効)    Bit3:PRGバンク p3 RPGバンクNo.nn    Bit2:PRGバンク p2    Bit1:PRGバンク p1    Bit0:PRGバンク p0   拡張メモリ(WRAM) $6000−$7FFFに配置されます   HVC−SNROM−04の回路図 HVC−SNROM−07ではMMC1がMMC1Aになっているようです   HVC−SOROM−03の回路図   HVC−SUROM−01の回路図 MMC1の11ピン CRA16がPRG ROMのA18に繫がっています MMC1 R1またはR2レジスタの設定でA18をコントロールできます CHRバンクでコントロールする為、128KBのROMは使用できません 尚、HVC−SUROMでは8KBのCHR RAMを使用しています   Home へ戻る