ファミリーコンピューター ROMカセット マッパー0


PRG 最大 32KB ミラーを利用したマッピングあり CHR 最大  8KB  
  回路図はPRG16KB+CHR8KB バンクする必要の無いROMカートリッジで特別な回路はありません。 ただし/ROMSELは$8000からなので$8000−$BFFFにPRG ROMが置かれます。 $C000−$FFFFには$8000−$BFFFのミラーイメージとなります。 実際にはミラーの$C000−$FFFFを使用します。    CHR部分はCGデータ最大の8KBをそのまま配置するようになっています。  /VRAMCSと/PA13がショートになっていますので   PA13=1になると/PA13=0になり/VRAMCS=0となり本体内のVRAMが選択されます。   PA13=1という事はVRAMアドレスが$2000−$3FFFをアクセスしている事になります。    CHR ROMの/CSはPA13に繫がっているので   PA13=0という事はVRAMアドレスが$0000−$1FFFをアクセスしている事になります。    スクロールの選択のV(垂直)とH(水平)が本体内のVRAMA10と繫がるようになっていてカセットによって  ショートでスクロール画面を選択します。  このショートは本体内のVRAMをアクセスしたときに   HならPA10(VRAM$2400)をVRAM−B   VならPA11(VRAM$2800)をVRAM−Bに置くようになります。   VとHのショートをしていない場合は$2000ー$23FFのVRAM−Aしか使用できません。(他の画面はミラーになる)      アイレムのLED付きタイプの回路図です  
マッパー0(PRG ROM 16KB)のプロテクト  ミラーを利用したプロテクトが存在します(フォーメーションZ)  $8000−$BFFFをA、$C000−$FFFFをBとします。  このAとB両方をアクセスするプログラムが一応プロテクトになります    コピーをするシステムによっては32KBのPROMやRAMにPRGデータを書き込みを行うのですが  Aの部分を書き込まないシステムではB部分だけで実行する事になります  そしてB部分でAのアドレスに実行すると暴走するというタイプがあります。  PRG ROMが32KBの場合は関係ありません。
メモリマップ  PRG ROMが32KBの場合ROM A、ROM B部分がプログラムになります。    PRG ROMが16KBの場青ROM Bがプログラム部分になり  ROM Aがミラーになりますが実際に使用されるのは  ROM Aになります。(AとBのプログラムを飛ぶタイプもあります)  PRG ROMが8KBの場合(ギャラクシアン)も16KBのROMと同様にミラーになります。    PPUのBG1とBG2はスクロールの選択がカセット内のショートで決まり固定されています。   Hなら$2400−$27FFのBG1   Vなら$2800−$2BFFのBG2  
Home へ戻る