CreatiVision (クリエイトビジョン)(注)回路図は参考程度にして下さい。


CreatiVisionのスペック
MPU 6502 2MHz
VDP TMS9918
PSG SN76489
ROM 2KB(拡張可)
RAM 1KB(拡張可)
V-RAM 16KB
  6502を使ったゲームパソコン、キーボードが縦真中で2つに分かれ、それぞれパッドになる。 オプションのBASIC Ver1.0は当時のクラスのマシン(SC−3000、ぴゅう太、M5等)に比較にならない 遅さと値段の高さを誇る(ついでに本体の基板のつくりの酷さもスゴイもののノイズ対策はしっかりしている) シールドがハンダづけで固定されているのでメンテナンス性はゼロ、ところどころにパターンカットやジャンパがあり 多少の仕様変更があった模様 本体パッケージにはスクリーンスコア表示、幅広いバリエーション、鮮明で緻密なTV画面、シュミレイションサウンド とよく分からない事が書かれているのも愛嬌(シュミレイション?) また、カタログのBASICはVer1−1になっているところをみると2つのバージョンが存在する? ハード自体はシンプルで拡張もそれなりに用意されている。   MPU周り MPUは6502 クロックは2MHz システムROMはカートリッジの端子をショートして使用許可しています。 /CS0=00***H,/CS1=04***H,/CS2=08***H,/CS3=0C***H
  メモリ 本体内には2KBのマスクROMと1K*4BitのSRAMが2つ内蔵されています。 システムは切り離す事も可能です。 TMM334P:CRC=c3c590c6
  PIA HD468B21 キーボード、PSG,拡張端子はココに繋がっています。クロックは2MHzになります。 PAでキーボード(コントローラ)、拡張端子の選択、CBでPSGの選択、PBがデータの出力 拡張端子はCMTが繋がるようである。
  VDP TMS9918 今回クロック回路は省いていますが10.738MHzです。 VSYNC割り込みはIRQになります。
  コネクタ カートリッジコネクタです。A1が左上になりB18が右下になります。 通常のゲームだとシステムも使用する為/CS3と/CS SROMがショートされます。 /CS 0が出ているので回路によってはメモリやI/Oポートととして使用可能です。 CK2OUTは2MHzです。
  ゲームカセット クレージチキンのROMカセットです。(本来はもう一つROMが載せられる様に設計されています) /CS3と/CS SROMがショートしているので本体内のシステムROMを使用しています。
  メモリ マップ 00000H-00FFFH:/CS0 本体内 ワークRAM 1KB(00000H-003FFH) 01000H-01FFFH:PIA HD468B21P 02000H-02FFFH:TMS9918 リード 03000H-03FFFH:TMS9918 ライト 04000H-07FFFH:/CS1 08000H-0BFFFH:/CS2 0C000H-0FFFFH:/CS3 本体内 システムROM 2KB(0F800H-0FFFFH)  
Home へ戻る