MB−6885 BASICマスターJr.(仮) 


MB-6885のスペック
MPU HD46800DP 0.75456MHz
SOUND LS174を使用 1声
ROM 8KB+8KB+2KB
RAM 16KB(64KB拡張可)
 
リセット ’RESET BREAK’+カナ記号 注)L2II同様ソフトリセットは削除されている   グラフィック MB−6885になってグラフィック(256×192の2画面)が追加されました さらにオプションによりカラー表示が可能になりました 但しベーシックワークエリアおよびユーザーRAMエリアが重なってしまいます ワークエリアのポインタを変更、ポートの設定を行なうROMルーチンを実行して ベーシックワークアリアを変更する必要があります その為BASICプログラム内では使用できません    1画面のみ使用する場合:CALL $E37E  2画面とも使用する場合:CALL $E383    テキストモード選択  :POKE $EFE0,0  グラフィック1選択  :POKE $EFE0,$C0  グラフィック2選択  :POKE $EFE0,$CC    グラフィック1 CLS:CALL $E38D  グラフィック2 CLS:CALL $E39C       テキスト      エリア $0100−$03FF グラフィック1ページエリア $0900−$20FF グラフィック2ページエリア $2100−$38FF   グラフィック  1のみ使用ベーシックワークエリア $2100−$21FF グラフィック1、2とも使用ベーシックワークエリア $3900−$39FF    
 $E800:PIA  $E801:PIA  $E802:PIA  $E803:PIA    $E880:MT−2    $E890:カラーレジスタ  $E891:カラーレジスタ  $E892:カラーレジスタ    Bit7:    Bit6:    Bit5:    Bit4:    Bit3:    Bit2:    Bit1:    Bit0:1=カラーRAMオープン      $EE00:CMT リモートオン(出力)  $EE20:CMT リモートオフ(出力)    $EE40:/REV(出力)    Bit7:1=ノーマル画面、0=反転画面    Bit6: −    Bit5: −    Bit4: −    Bit3: −    Bit2: −    Bit1: −    Bit0: −    $EE80 /TAPE    Bit7:CMT RDATA (入力)    Bit6: −    Bit5:サウンドd4(出力)    Bit4:サウンドd3(出力)    Bit3:サウンドd2(出力)    Bit2:サウンドd1(出力)    Bit1:サウンドd0(出力)    Bit0:CMT WDATA (出力)    $EEC0 /RB(出力)    Bit7:1=/NMI許可、0=/NMI禁止    Bit6: −    Bit5: −    Bit4: −    Bit3:1=KEYラインE9−E13、0=KEYラインE1−E8    Bit2:KEYラインEnn−Emm d2 選択したラインL、それ以外H    Bit1:KEYラインEnn−Emm d1    Bit0:KEYラインEnn−Emm d0    $EEC0 /RB(入力)    Bit7:カナ     F8    Bit6:カナ記号   F7    Bit5:英記号    F6    Bit4:英数     F5    Bit3:KEYデータ F4    Bit2:KEYデータ F3    Bit1:KEYデータ F2    Bit0:KEYデータ F1    $EF00 /IR0(入力)    Bit7:タイマー    Bit6: −    Bit5: −    Bit4: −    Bit3: −    Bit2: −    Bit1: −    Bit0: −    $EF20 /TRACE    Bit7: −    Bit6: −    Bit5: −    Bit4: −    Bit3: −    Bit2: −    Bit1: −    Bit0: −    $EF40    Bit7: −    Bit6: −    Bit5: −    Bit4: −    Bit3: −    Bit2: −    Bit1: −    Bit0: −    $EF80 /NMI(入力)    Bit7:BREAK RESET 1=オン、0=オフ(1回リードするとクリア)    Bit6: −    Bit5: −    Bit4: −    Bit3: −    Bit2: −    Bit1: −    Bit0: −    $EFD0 /MASK(出力)    Bit7: −    Bit6: −    Bit5: −    Bit4:1=タイマー オン、0=タイマー オフ    Bit3: −    Bit2:1=RAMを選択 、0=MONITOR ROMを選択    Bit1:1=RAMを選択 、0=PRINTER ROM、I/Oを選択    Bit0:1=RAMを選択 、0=BASIC ROMを選択    $EFE0 /DISP(出力)    Bit7:1=グラフィック    Bit6:1=インポーズオン、0=インポーズオフ    Bit5: −    Bit4: −    Bit3:GRAMオフセットアドレス a9    Bit2:GRAMオフセットアドレス a10    Bit1:GRAMオフセットアドレス a11    Bit0:GRAMオフセットアドレス a12       先頭GRAMアドレス=$0900+オフセットアドレス      Bit3−0:0000 $0900−$20FF(ページ1)      Bit3−0:1100 $2100−$38FF(ページ2)  
Home へ戻る