本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名鉄歩いて巡拝知多四国:第11回:2018.9/15(土)

【コース】
第11回コース(南知多町:第44〜47番)


内海駅〜(47)持宝院〜(44)大宝寺〜アトリエぜんきゅう〜尾州廻船内海船船主内田家〜(45)泉蔵院〜海難除地蔵尊碑〜唐人お吉出生地〜吉良の仁吉清めの井戸〜(46)如意輪寺〜内海駅(ゴール受付)(約8.1km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄知多新線・内海駅





 知多四国のハイキングもいよいよ11回目となりました。7月に行って以来,約2ヶ月ぶりの参加です。今回は内海駅から内海地区の4寺をめぐるコースです。雨がポツポツと降ったりやんだりというあいにくの天気でしたが,気温が低くなって歩きやすい気候となりました。内海駅の高架下にて地図を受け取ってスタートします。

(47番)持宝院
(約0.5km地点)







 内海駅からまずすぐ北にある札所の持宝院に訪れます。入口から進んだところには特徴的な古池があり,さらに長い階段を上がった先に本堂があります。井際山と号する真言宗豊山派の寺院で,尾張名所図会にも描かれ山寺観音として知られるといいます。奈良時代に行基菩薩の開創と伝える古刹で,秋は紅葉も見事といいます。普段は静かなお寺ですが,イベントの時は人が多くていけませんね。



 持宝院から東へ進んでいきます。内海駅から東へ延びる通称オリーブ街道を進んでいきます。



 さらに進んで川沿いに進んでいきます。



 川沿いから次のお寺に向かう途中にもお寺がありましたが,こちらは南知多33観音の霊場だそうです。知多半島にはいろいろな霊場があって,信仰の場所だということを感じさせます。またじっくりとめぐっていきたいですね。

(44番)大宝寺
(約3.4km地点) [公式HP(外部リンク→)]







 ずっと進んでいった先には第44番札所の大宝寺があります。曹洞宗の寺院で,もくれん寺として知られる春には見事な花が彩るといいます。女性救済の寺として,また縁切り寺としても知られているといいます。自然豊かなお寺でゆっくりとすることができ,食事をするところも設けられています。

アトリエぜんきゅう
(約5.0km地点) [公式HP(外部リンク→)]



 川沿いの道を進んでいくとアトリエぜんきゅうの入口があります。細い路地に入っていきます。





 知多四国霊場のイラストが描かれた色紙やグッズなどを販売しているお店です。どこかほっとするグッズがたくさんあって,多くの人で賑わっていました。

尾州廻船内海船船主内田家
(約5.6km地点)











 国道に合流して少し進んだ先には国の重要文化財に指定されている内海船の船主であった内田家の建物があります。割引入場料270円(通常は300円)を支払って中に入ると,明治初期に建てられたという建物や内海船についての説明を見ることができました。ガイドボランティアの方もいて丁寧に説明を受けることができました。内海船は商品を買い取って別のところで販売する方法で,莫大な利益をあげたといいます。全盛期には100せき以上の船があったといいます。

(45番)泉蔵院
(約5.7km地点)





 進んだ先には第45番札所の泉蔵院があります。階段を上がって境内に進んでいきます。尾風山と号する真言宗の寺院で,元々一色城という城があった場所に設けられているといいます。全国でも8番目に古いという江戸時代の算額が文化財としてあります。ここまでちょっと長かったので多くの人が休憩していました。



 泉蔵院の先にはオプションコースで文化財巡りのコースが設けられていました。まずは明治2年生まれという横綱大碇の養家があります。



 その先の吉良の仁吉清めの井戸は,江戸時代に活躍した吉良の仁吉がこの地に来て体を清めたという伝説がある井戸です。



 その先には唐人お吉の出生地の碑があります。本名は斎藤きちといい伊豆下田の芸者として知られ,外国人の世話をしたとして非業の最期を遂げたといいます。小説などで有名になったといいます。



 その先の橋を渡った先には海難除地蔵尊・龍亀尊碑があります。海難除けで信仰されたものといいます。



 ここからは内海海水浴場を望むことができます。天気が悪いので泳いでいる人はほとんどいませんでした。

(46番)如意輪寺
(約7.3km地点)



 内海の交差点を渡って北上します。ここでは南知多名物の和菓子である波まくらが販売されており,多くの人が買い求めていました。





 内海の中心部に近いところにある今回訪れる最後の札所となる如意輪寺に到着しました。知多四国名物の露店がたくさん出ていて,知多の名物を買い求める人々で賑わっていました。

ゴール:名鉄知多新線・内海駅
(約8.1km地点)





 南知多の町を抜けてゴールの内海駅に到着しました。駅構内のお土産物屋とかも賑わっていました。今後は月2回知多四国のハイキングが行われますので,頑張って参加していきましょう。

写真使用数:31

←前:7/7(別日):第10回(半田市) / イベントトップ / 次:9/29:第12回(東海市)→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。