本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名鉄歩いて巡拝知多四国:第4回:2018.4/7(土)

【コース】
第4回コース(美浜町:第48〜57番)


内海駅〜今場坂東木庭切割り〜(48)良参寺〜食と健康の館〜(49)吉祥寺〜(56)瑞境寺〜(52)密蔵院〜(53)安養院〜(51)野間大坊・(50)大御堂寺〜(55)法山寺〜湯殿跡〜(57)報恩寺〜知多奥田駅(ゴール受付)(約10.8km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄知多新線・内海駅



 知多四国の参拝ウォーキングの4回目に挑戦です。今回はいきなり南に飛んで美浜町札所をめぐっていきます。4月に入ってからは温かい天気が続き,桜の見ごろも早めに終わってしまいましたが,この日は寒の戻りということで風もあるなかなか寒い日のウォーキングとなりました。知多四国のウォーキングは熱心はファンが多いようで,この日もなかなかの賑わいでした。





 まずは西に向かって進みます。線路沿いに進んで,続いて美浜町に向かう山道を進んでいきます。史跡なども多いようです。

今場坂東木庭切割り
(約1.8km地点)





 道を歩いていると左手に今場坂東木庭切割の案内板があります。昭和35年頃まで使われていた古道の跡だといいます。







 山を越えて美浜町の小野浦地区に到着します。桜はもう完全に終わっている感じでした。バンガロー村の横を通って進んでいきます。

(48番)良参寺
(約3.6km地点)







 小野浦地区を進んで,今回最初の札所である良参寺に到着しました。天正13年(1585年)開創という曹洞宗の寺院で,日本語訳の聖書の出版に尽力したという音吉,岩吉,久吉の墓があることで知られています。本堂の前の大きなヤシの木が印象的で,南国のお寺らしいです。

食と健康の館
(約3.8km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 美浜町の観光施設で,天然塩などの作成の体験もできるといいおみやげもたくさん売られています。何よりモーニングが有名で,多くの人で賑わっていました。





 その後,昔のお遍路道を進んで,野間の集落に進んでいきます。山道を気をつけて進みます。

(49番)吉祥寺(きちじょうじ)
(約5.2km地点)







 1605年に創建されたという曹洞宗の寺院で,行基作という毘沙門天が知られているといいます。入口の桜は残念ながら見ごろは終わってしまっていました。



 さらに進んだ野間地域に入ったところでは,お祭が行われていて山車が通っていきました。若い人たちが一生懸命山車を引いていました。

(56番)瑞境寺
(約6.1km地点)







 1592年に開創という曹洞宗の寺院で,本尊の白衣観世音菩薩は世の中のすべてのものを包み込むと呼ばれ,無病息災・病気平癒に御利益があるとして多くの信仰を受けているといいます。

(52番)密蔵院
(約6.3km地点)





 瑞境寺からすぐ北に進んだところには52番札所の密蔵院があります。不動明王を本尊とする真言宗豊山派の寺院で,元々はこの先に訪れる大御堂寺の塔頭の1つだったといいます。本尊の不動明王は盗難除けに霊験があるといい,船を正しく導くという「みちびき観音」があるといいます。入口の赤門が印象的なお寺です。

(53番)安養院
(約6.5km地点)





 こちらも大御堂寺の一院として設けられたという歴史があり,本能寺の変後に織田信長の三男である織田信孝が自殺した場所として知られています。

(51番)野間大坊
(約6.7km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 安養院の少し先には大御堂寺があります。別名野間大坊と呼ばれ,御朱印も客殿で野間大坊の,本殿で大御堂寺の御朱印になりますが,客殿で2つの御朱印がもらえるようになっていました。客殿の前には四国八十八カ所のお砂踏みがあるなど,信仰が感じられるお寺です。

(50番)大御堂寺
(約6.8km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 客殿から進んで,本堂に至る手前の所にはお店が出ていて知多半島の味覚を味わうことができました。長丁場のコースということで休憩している人もたくさんいます。





 そのまま進んでいくと大御堂寺の本殿に至ります。このお寺は源義朝のお墓があるなど,文化財が豊富なお寺で,美浜町の随一の観光になっています。



 川沿いに進んで,名鉄野間駅の前を通っていきます。この付近で全行程の約3分の2に当たります。長丁場のコースですのでがんばっていきましょう。

(55番)法山寺
(約8.3km地点)





 名鉄の線路を越えた先には,第55番札所の法山寺があります。735年に行基菩薩によって建立されたという古刹で,臨済宗天龍寺派の寺院です。狭い境内でしたが,多くの人で賑わっていました。

湯殿跡
(約8.4km地点)



 法山寺の裏手には,平治の乱で敗れてこの地に逃れた源義朝が暗殺されたという湯殿の跡が残されており,美浜町の史跡に指定されています。





 法山寺から次の札所に向けての道は,山道になっていて古くからの遍路道になっています。昔ながらの巡礼を楽しみながら進んでいきます。

(57番)報恩寺
(約10.3km地点)





 本日最後の札所である報恩寺に到着です。源義朝とともにこの地で暗殺されたという武将の鎌田政清の菩提を弔うために建立されたという曹洞宗の寺院です。名鉄の線路のそばにありながらも落ち着いた空間になっています。



 寺の先の広場では,知多四国のウォーキングでおなじみの知多半島の物産などの直売が行われていました。

ゴール:名鉄知多新線・知多奥田駅(ゴール受付)
(約10.8km地点)





 無事にゴールの知多奥田駅に到着。距離が長く山道もはさんだことによって,2時間半以上かかってしまいましたが,天気も良くて楽しくウォーキングできました。帰りの特急は大変な混雑でした。

写真使用数:43

←前:3/3:第3回(阿久比町) / イベントトップ / 次:4/21:第5回(南知多町)→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。