本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名鉄歩いて巡拝知多四国:第1回:2018.1/20(土)

【コース】
第1回コース(豊明市・大府市:第1〜6番)


前後駅〜(1)曹源寺〜(2)極楽寺〜(3)普門寺〜(4)延命寺〜(6)常福寺(ゴール受付)=(バス)=太田川駅(約10.5km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄名古屋本線・前後駅





 2018年は,知多四国の開創210年ということで,例年行われている名鉄の知多四国巡拝ハイキングが1年間の期間で行われます。ということで,2018年は知多四国めぐりのハイキングにも参加していきたいと思います。第1回目は前後駅をスタートとして豊明市と大府市の全5寺をめぐるコースです。天気が非常によく,1回目のコースということで参加者がとても多かったです。



 豊明市の住宅街を抜けて,まずは第1番札所の曹源寺を目指していきます。

(1番)曹源寺
(約1.0km地点) [公式HP(外部リンク)→]







 知多四国のスタート地点となる1番札所の曹源寺に到着します。準備をする人のために納経帳や数珠など各種のお遍路用具が売られていました。御朱印には長い列ができていて,これはもらうだけでも大変そうです。立派な山門にお線香の匂いが雰囲気を出していました。





 田園地帯から川沿いを進んで,豊明市から大府市に入っていきます。天気がいいので歩いていて気持ちいいです。

(2番)極楽寺
(約4.3km地点)







 広い筋から狭い道に入って,第2番札所の極楽寺に到着します。多くの人で賑わっており,本堂の裏ではお茶のおもてなしを受けることができました。弘法堂の千体弘法が有名だそうで ,参拝する人で長い列になっていました。

(3番)普門寺
(約4.7km地点)







 住宅街を歩いて,裏手から第3番札所の普門寺に到着します。ミニ四国霊場や市文化財の仏像などたくさんの文化財があるといいます。四国めぐりなのになぜか弘法堂はすいていて,みなさん本堂や十一面観音がまつられている観音堂にたくさんお参りしていました。





 ここから田園地帯をぬけて大府市の中心部へを向かっていきます。この付近で距離がようやく半分です。なかなか長いコースですね。

(4番)延命寺
(約6.9km地点) [公式HP(外部リンク)→]







 天台宗の古刹で市の文化財の楼門など多くの文化財を持つといいます。ここも大変な賑わいでした。御漬物やおみそ汁などの振る舞いがあって,休憩している人がたくさんおられました。





 JRの線路を越えて,大府市をひたすら西に進んでいきます。さすがにだんだん疲れてきました。

(6番)常福寺(ゴール受付)
(約10.5km地点)







 大府市内をずっとぬけて,ゴールの常福寺に到着です。ここも多くの人で賑わっていました。平景清が創建したと伝わる由緒ある寺院だそうです。



 奥にバス乗り場が設けられていて,太田川駅まで400円で行くことができました。バス乗り場の前には露店が設けられていて,知多の名産などが売られていました。



 バスに乗って太田川駅に到着。なかなかの長旅でした。

写真使用数:26

 / イベントトップ / 次:2/17:第2回(東浦町)→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。