本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名鉄ハイキング:2018.4/1(月):岡崎市

【コース】(常設コース)
「日本さくら名所100選」のひとつ岡崎の桜と岡崎城下二十七曲界隈巡り


東岡崎駅〜郷土館〜二十七曲りの碑と冠木門〜岡崎げんき館〜徳王稲荷社・金刀比羅社〜伝馬町常夜燈〜備前屋本店〜岡崎宿伝馬歴史プロムナード〜永田屋本店〜籠田総門跡〜岡崎公園(岡崎城・三河武士のさと家康館・龍城神社)〜板屋稲荷神社〜岡崎公園前駅(ゴール受付)(約5.5km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄名古屋本線・東岡崎駅





 いよいよ4月もスタートしました。この日は新元号が令和になるという発表日ということもあって,朝からニュースはその話題でもちきり。この日はお休みをいただいたことから岡崎市をめぐる名鉄ハイキングの常設コースに参加しました。スタートは岡崎市の中心駅である東岡崎駅です。





 まず最初は乙川を渡り,川沿いに桜並木を楽しみながら進んでいきます。ポカポカ陽気で絶好のウォーキング日和となりました。

郷土館
(約1.0km地点)



 旧額田郡公会堂・物産陳列所として貴重な建物で,国の重要文化財に指定されています。現在は郷土館は閉館されており,外観のみの見学になります。大正時代の洋風建築として貴重なものといいます。



 ここから幹線道路を一路東に進みます。途中に花壇も設けられており,目を楽しませてくれました。

二十七曲りの碑と冠木門
(約1.7km地点)



 東に進んでかつての岡崎城下の東の入口に当たる場所には,岡崎二十七曲りの碑と再現された冠木門があります。岡崎城下を抜ける東海道は,防衛上の理由から各所で大きく曲がりくねっており,その名残が今も残されているといいます。



 先に進んだ岡崎げんき館の前にも二十七曲りの碑が設けられていました。ここから西に向けて進んでいきます。

岡崎げんき館
(約1.9km地点) [公式HP(外部リンク)→]





 進んだ先の岡崎げんき館では,スポーツなどを楽しむための施設が整っています。ウォーキングの休憩地点として利用することができました。館の前の桜も見事でした。

徳王稲荷社・金刀比羅社
(約2.7km地点)





 家康公も弓のけいこで訪れたという由緒ある神社です。立派な藤棚があり,時期には藤まつりも行われて賑わうそうで,東海道随一の長藤として知られているといいます。



 徳王稲荷社から東海道に再び戻ります。沿道には桜の花が咲いていて見事でした。

伝馬町常夜燈
(約3.1km地点)



 曲がって細い路地に入ります。東海道が折れ曲がっているのを実感しながら進んでいくと,伝馬町の常夜灯があります。昔ながらのものが今も残っているのは少し感動しますね。



 ここから旧東海道をどんどん西に進んでいきます。案内板がありますが,昔はもっと道が細かったと考えられます。昔ながらのお店が軒を連ねていて,歩いて楽しむことができました。

備前屋本店
(約3.3km地点) [公式HP(外部リンク)→]



 江戸時代天明2年(1782年)の創業という老舗の和菓子屋で,あわ雪などの岡崎銘菓の製造を行っていることで知られています。老舗らしい立派なたたずまいの建物でした。

岡崎宿伝馬歴史プロムナード
(約3.3km地点)



 備前屋本線の前からは,岡崎宿伝馬歴史プロムナードとして整備されており,東海道岡崎宿にまつわる彫刻などが設けられています。昔をしのびながら歩いていきます。

永田屋本店
(約3.4km地点) [公式HP(外部リンク)→]



 明治23年(1890年)創業という老舗で,揚げ物が有名なお店です。昔ながらの建物が雰囲気を出しています。



 ここから先,現在工事中の籠田公園の手前のところで左折して南下し,国道1号線の方に向かって進みます。

籠田総門跡
(約3.7km地点)



 かつて東海道からの城門入口として設けられた籠田総門がここにあったといい,碑が立てられています。今は道路の真ん中に碑が立っています。

岡崎公園
(約4.5km地点)





 そのまま国道1号線を西に進んで,今回のメインスポットである岡崎公園に到着です。城の入口にはここにも二十七曲りの碑があり,岡崎城下の西の入口になっています。桜の時期ということもあり,駐車場が大変混雑していました。



 進んだ先には岡崎城の歴史などが解説された三河武士のさと家康館があります。建物の前では,この地域の武将隊であるグレート家康公「葵」武将隊の演武の準備がなされていました。大道芸人なども発表を行っていて,大変賑わっている雰囲気でした。





 公園はちょうど桜が見ごろを迎えていました。岡崎公園の桜は,日本さくら名所100選にも選ばれています。





 進んだ先には龍城神社と岡崎城の入口があります。歴史的にも貴重なものもあり,ガイドボランティアの方が解説をされていました。





 進んだ先の公園や川沿いにも桜が見事に咲き誇っていました。お花見をしている人たちが多くいて賑わっていました。

板屋稲荷神社
(約5.1km地点)



 岡崎城から西に進んだ先には,板屋稲荷神社があります。かつての東海道の遊郭があったという界隈で,当時の面影が残る建物が残されています。

ゴール:名鉄名古屋本線・岡崎公園前駅
(約5.5km地点)







 さらに西に進んで桜並木を抜けながら歩いていくと,ゴールの岡崎公園前駅に到着します。桜を楽しむことができたウォーキングでした。なかなか桜の時期に岡崎に来る機会がなかったので,ちょうどいい機会となりました。

写真使用数:33

←前:3/31(別日):西尾市 / イベントトップ / 次:4/7(別日):尾張旭市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。