本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名鉄ハイキング:2019.12/8(日):半田市

【コース】(秋のゴール大会)
歴史が息づく半田の街並みと國盛酒の文化館「どぶろくまつり」


住吉町駅(スタート受付)〜住吉神社〜半田赤レンガ建物〜乙川白山公園〜乙川八幡社〜赤レンガの小路〜國盛酒の文化館〜ミツカンミュージアム〜クラシティ〜知多半田駅(ゴール受付)(約8.5km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄河和線・住吉町駅





 天気に恵まれた12月2回目の日曜日。名古屋市を歩くさわやかウォーキングに引続いて,半田市を歩く名鉄ハイキングのゴール大会にチャレンジします。時が経つのは早いもので,2019年の名鉄ハイキングもあっという間にゴール大会になってしまいました。スタート駅の住吉町駅はゴール大会ということもあって賑わっていました。東出口でマップを受け取ってスタートします。

住吉神社
(約0.2km地点)







 住吉町の駅から北に進んだところには住吉神社があります。地元の人たちから信仰を受けている様子が伝わる神社です。神社の境内を西から東へと通り抜けて進んでいきます。

半田赤レンガ建物
(約0.7km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 住吉神社の東側から出て,そのまま半田赤レンガ建物の北側から入って進んでいきます。建物の周辺では,サンタクロースの交通安全のイベントなども行われていました。夜にはイルミネーションもあるみたいです。







 半田赤レンガ建物は,旧カブトビールの工場として用いられていた建物で,国の登録文化財にも指定されています。戦争も乗り越えた建物で,戦争での被害の跡も今でも確認できるといいます。カブトビールや建物に関する常設展示があって,普段は有料なのですが,この日は無料開放されていました。復刻したカブトビールが味わえるカフェや売店なども整備されており,半田の観光名所の1つとしてすっかりと定着しています。





 半田赤レンガ建物からは東に進み,そのままJR武豊線の踏切の前のところを左折して線路沿いの細い道を進んでいきます。そのあと,川沿いの雰囲気の良い道をを北上していきます。





 住吉橋を渡って東へ,ここからは田園地帯を通って次の乙川白山公園へと進んでいきます。

乙川白山公園
(約3.3km地点)



 乙川地区の津嶋神社のところまで進み,ここから桜並木の道を通って次のスポットである乙川白山神社に進んでいきます。







 桜の名所ともいう乙川白山神社は,高台にあってこの地域にあったという碑などもまとめられています。ちょうどスタートから3kmほどということもあってか,昼食休憩している人も多かったです。





 池沿いを通り,乙川の住宅地を抜けて進んでいきます。この付近は新しい住宅と古い住宅が混在している感じです。

乙川八幡社
(約4.4km地点)







 住宅地を抜けて,北側から乙川八幡社に進んでいきます。乙川地区の中心となる行事で,市の民俗文化財になっており,4台の山車もでる乙川祭礼行事の中心神社になっており,市指定の文化財も有する伝統ある神社といいます。参道を進んで北から南へと抜けていきます。





 乙川八幡社から南に進んで,JR武豊線の乙川駅前を通過し,そのまま線路沿いに進んでいきます。ちょうど武豊線の電車が通過していきました。



 武豊線の線路をくぐり,半田大橋を渡って川の合間にある桜並木を南下していきます。天気が良くて川の風景も満喫することができました。

赤レンガの小路
(約6.1km地点)



 川沿いを南下すると赤レンガの小径という遊歩道があります。昔ながらのレンガ造り風の遊歩道で休憩している人も多かったです。





 ここから川を渡り,川沿いに南下していきます。半田のメインの観光地区である半田運河の周辺に進んでいきます。

國盛酒の文化館
(約6.3km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 運河沿いの道から西に進んで,國盛酒の文化館に到着です。建物の前ではどぶろくまつりが行われており,お酒の試飲や販売が行われていました。干物を味わったりもすることができました。酒の文化館を運営している中埜酒造は江戸時代の創業といい,いまでは愛知県でも有数の酒造メーカーになっています。





 この日は酒の文化館は自由見学になっていて,江戸時代から続く酒造りについて学ぶことができました。展示も以前来た時と比べてリニューアルされているみたいです。





 國盛酒の文化館に隣接している半六庭園では,イベントに合わせてマルシェが開かれていました。庭園の紅葉もちょうど見ごろで,ゆっくりと時間を過ごすことができました。



 かつて観光案内所として用いられていて小栗家住宅の前でも,物産の販売や観光パンフレットの配布が行われていて,たくさんの人で賑わっていました。





 ここから南側の運河の周辺をぐるりと回って次のミツカンミュージアムを目指します。ミツカンの立派な本社ビルも見ることができました。

ミツカンミュージアム
(約7.5km地点) [公式HP(外部リンク→)]



 半田運河から進んで,MIZKAN MUSEUMに到着。余りにも有名なMIZKANの博物館で,この日は自由見学ができるようになっていました。普段は見学には予約が必要です。





 ミュージアムでは,半田の酢の醸造の様子やミツカンの歴史などを学ぶことができます。ミツカンの長い歴史も感じることができました。





 ここから西へまっすぐ進んで,JRの半田駅へと進んでいきます。この半田駅は愛知県でも最も古いという跨線橋が残されています。蒸気機関車などがある鉄道博物館もあるといいます。



 半田駅の南側のせまい跨線橋下の道から進んでいきます。

クラシティ
(約8.4km地点) [公式HP(外部リンク→)]







 半田駅前から西に進んで,知多半田駅前のクラシティに立ち寄ります。知多半田駅前にある商業+住宅施設が入っているビルで,以前来た時からリニューアルされていました。観光案内所も設けられています。ちょうどクリスマスムード満載でした。

ゴール:名鉄河和線・知多半田駅(ゴール受付)
(約8.5km地点)





 無事にゴールに知多半田駅に到着。歩き収めとしていいコースでした。今年はゴール大会に参加したということで景品もいただけましたが,今年は名鉄ハイキング自体の参加も少なかったので・・。また来年のパンフレットも無事いただいて,今年の名鉄ハイキング歩き収めとなります。来年はさらに参加コースが少なくなりそうな感じですが,ぼちぼちがんばっていきたいと思います。

写真使用数:49

←前:12/1:笠松町・岐阜市 / イベントトップ / 次:2/1(別日):碧南市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。

















































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>