本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名鉄ハイキング:2018.3/4(日):岐阜市

【コース】(東海の自然歩け歩け大会)
梅の香り漂う!梅林公園と岐阜競輪場バンクを歩く


名鉄岐阜駅〜瑞龍寺〜梅林公園(SL)〜岐阜競輪場〜琴塚古墳〜足立酒造〜切通駅(ゴール受付)(約10.0km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄名古屋本線・名鉄岐阜駅



 2018年の春の名鉄ハイキングがいよいよスタートしました。3月の最初の日曜日は,ポカポカ陽気にめぐまれた絶好のウォーキング日和となりました。今回は岐阜市のウォーキングで,名鉄岐阜駅から梅林公園などを経由して岐阜市東部を目指します。



 まずは岐阜市中心部の商店街を北上して進んでいきます。

瑞龍寺
(約1.4km地点) [公式HP(外部リンク)→]











 臨済宗妙心寺派の寺院で,座禅修行の専門道場といい,やたら広い境内を持ちます。普段は非公開だそうですが,この時期のみ公開されているといいます。禅寺らしく落ち着いた空間でしたが,人が多くて落ち着きませんでした。梅の花や早咲きの桜なども楽しむことができました。

梅林公園
(約1.7km地点)



 うめ祭りの旗がひしめく商店街を抜けて梅林公園を目指していきます。









 公園の名前の通り,梅が名所の公園で,約50種1300本の梅が植えられています。梅は少し早かったですが見ごろを迎えていて,梅林を楽しむことができました。梅の花には丁寧に品種が書かれた案内などもあって,勉強になりました。公園内には昔東海道線などで走ったという蒸気機関車のD51も展示されていました。



 梅林公園から東に進んでいきます。途中の公園の前でラッキーカードが配布されていました。

岐阜競輪場
(約3.4km地点) [公式HP(外部リンク)→]



 東に進んで岐阜競輪場に到着です。1949年に開業といいます。ハイキングの企画で無料開放されていました。



 競輪場内では,串カツなどのグルメも販売されていて,休憩している人がたくさんいました。お昼休憩に最適の場所になっていました。





 ハイキングのイベントで,競輪選手が走るコースが開放されていました。バンクを歩くとカーブの傾斜が予想以上に急だということがわかります。

琴塚古墳
(約6.5km地点)





 金華山のふもとを通って,東に進んでいきます。途中からは廃線になった名鉄美濃町線の廃線跡のそばを通り,かつての琴塚駅の前を通っていきます。





 南に進んで,琴塚古墳に到着です。岐阜県で3番目の大きさという巨大な前方後円墳で,国の史跡に指定されています。コースは古墳の横を通るようになっており,古墳の大きさを実感することができました。近くには公園もあって,多くの人が休憩をしていました。

足立酒造
(約7.0km地点)



 琴塚古墳から進んで,足立酒造に到着です。お酒の試飲と販売が行われており,甘酒も50円で販売されていました。大勢の人で賑わっていました。

ゴール:名鉄各務原線・切通駅
(約10.0km地点)





 足立酒造からゴールの切通駅まで,竿後の3kmをがんばります。並木道を通って,JR高山線の線路を越えて進んでいきます。





 そのままゴールの切通駅に到着。ラッキー賞はバンドエイドでした。ゆっくり歩いて,かなりゴール時間ぎりぎりになってしまいましたが,無事にゴールできました。また,春のハイキングにがんばって参加していきたいと思います。

写真使用数:26

←前:2/10:豊橋市 / イベントトップ / 次:3/11:東海市・大府市(JR共催)→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。