本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名鉄ハイキング:2017.1/22(日):岡崎市

【コース】
東海道岡崎宿巡り 二十七曲りの碑から二七市へ


東岡崎駅〜六所神社〜二十七曲りの碑〜丸石醸造〜岡崎信用金庫資料館〜二七市(朝市)〜三河武士のやかた家康館・岡崎城〜まるや八丁味噌(ゴール受付)〜岡崎公園前駅(約8.0km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄名古屋本線・東岡崎駅



 天気がよい日曜日になりました。ポカポカ陽気でウォーキングに最適な日です。JRのさわやかウォーキングに引き続いて,岡崎市の名鉄のハイキングに参加しました。12月に訪れたコースに引き続いて,岡崎市の中心部や味噌蔵を訪ねるコースです。

六所神社
(約0.2km地点) [公式HP(外部リンク)→]





 徳川家康の産土神として知られる由緒ある神社で,楼門などが国の重要文化財になっています。楼門は現在,工事中でした。







 乙川の川沿いを通り,公園をぬけて進んでいきます。

二十七曲りの碑
(約3.2km地点)



 二十七曲りの碑です。岡崎市街地の東海道は,防戦の意味から二十七もの曲がり角があって,かつてはグネグネしていたそうです。この碑はその東入口に当たるところに設けられたものです。



 少し先に進んだ岡崎げんき館の前のところにも二十七曲りの案内板がありました。

丸石醸造
(約4.0km地点) [公式HP(外部リンク)→]



 江戸時代元禄年間創業の老舗の酒蔵で,名鉄のハイキングではおなじみのスポットです。今回は参加する時間帯が遅かったためか,すでに甘酒の振る舞いはなくなっていましたが,樽酒の試飲を楽しむことができました。



 そのまま岡崎の旧東海道のストリートを西に進んでいきます。

岡崎信用金庫資料館
(約5.0km地点) [公式HP(外部リンク)→]



 大正6年建立の岡崎信用金庫資料館も定番のスポットで,12月のコースでも訪れました。世界の通貨などが展示されています。

二七市(朝市)
(約5.3km地点)



 籠田公園を抜けて北側の筋に出ます。





 八幡通りの二七市を通っていきます。時間が遅かったので,店じまいを始めているお店もありました。新鮮な野菜などが安い値段で売られています。道路も歩行者天国になっていました。

岡崎公園(岡崎城・三河武士のやかた家康館)
(約6.4km地点) [公式HP(外部リンク)→]







 岡崎市のメインの観光地である岡崎公園。冬場ということで人は少なめでしたが,それでもけっこう人がたくさんいました。

まるや八丁味噌(ゴール受付)
(約8.0km地点)





 みそ蔵の通りを抜けて,ゴールのまるや八丁味噌へ!







 無料の味噌田楽をいただき,ゴール受付へ。ラッキー賞はマスクでした。ついでにまるや八丁味噌から味噌もいただけました。

ゴール:名鉄名古屋本線・岡崎公園前駅



 ゴールは岡崎公園前駅です。普通列車しか止まらないので,電車がとても混雑していました。

写真使用数:23

←前:1/15:春日井市・名古屋市 / イベントトップ / 次:1/28:清須市・名古屋市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。