本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名鉄ハイキング:2017.4/16(日):半田市

【コース】(東海の自然歩け歩け大会)
半田 春の山車祭りにふれる


高浜港駅〜衣浦大橋〜神前神社〜潮風の丘緑地〜半六庭園〜ミツカンミュージアム〜名鉄イン知多半田駅前(ゴール受付)〜知多半田駅(約8.5km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄三河線・高浜港駅





 今年は桜が遅く,4月第3週の日曜日でもまだ桜がかなり残っています。天気は見事な晴れでした。今回は3月26日に訪れてから1ヶ月弱でまた訪れることになった高浜港駅からスタートしていきます。今日はユネスコ世界無形文化遺産に登録された半田市の亀崎潮干祭の舞台を訪ねます。





 最初は鬼のみちを通り,かわら美術館の前を通って衣浦大橋を目指していきます。



 かわら美術館の前の森前公園では,マルシェの準備が始まっていました。今回は半田市が中心のコースですが,高浜市でももてなしを感じられました。

衣浦大橋
(約0.9km地点)







 衣浦大橋を渡って,高浜市から半田市に入ります。潮風が気持ちよかったです。



 川沿いに進んだところには,公園があります。亀崎潮干祭は,ここの公園のところで行われるみたいです。

神前神社
(約2.4km地点) [公式HP(外部リンク)→]







 亀崎潮干祭の舞台となる神前神社に到着です。祭の準備でちょうど盛り上がっているところで,神社の前でも山車が組まれていました。神社には祭りの山車の説明の案内板などが並び,最近整備された様子も感じられました。





 ここからしばらく亀崎の町を進んでいきます。途中は祭の山車蔵も解放されていて,祭の作業の様子を見学することもできました。

潮風の丘緑地
(約3.4km地点)





 亀崎漁港のそばを通って,潮風の丘緑地に進んでいきます。桜並木の下を進んで楽しむことができました。



 緑地から出る橋の先のところでラッキーカードが配布されていました。



 緑地から出たら,国道を進んで半田市街地に向かっていきます。

半六庭園
(約7.2km地点)





 半田大橋を渡って,半田運河沿いを進んでいきます。桜並木もまだまだ見ごろで,楽しく歩くことができました。





 運河沿いにあり最近整備された半六庭園に到着です。廻船業で栄えた中埜半六の庭園になっており,庭園内には休憩所も設けられています。



 この付近の半田運河は鯉のぼりもかかげられ,情緒ある風景になっています。

ミツカンミュージアム
(約7.5km地点) [公式HP(外部リンク)→]



 普段は予約が必要なミツカンミュージアムですが,今日は自由見学になっていました。何度も訪れているので,今回は中は省略しました。





 下半田地区は山車祭りが行われていて,通りを通る山車を見学することができました。

名鉄イン知多半田駅前(ゴール受付)
(約8.5km地点) [公式HP(外部リンク)→]



 名鉄知多半田駅横の名鉄インがゴールになっていました。今回は半田市からおむすびのふりかけをもらえました。

ゴール:名鉄河和線・知多半田駅



 知多半田駅から電車に乗って帰宅しました。汗ばむ陽気でいよいよ暑い時期のウォーキングになったのかなと感じました。

写真使用数:28

←前:4/9:小牧市 / イベントトップ / 次:4/22:稲沢市・一宮市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。