本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名鉄ハイキング:2017.3/5(日):半田市・阿久比町

【コース】(45周年記念コース・東海の自然歩け歩け大会)
ごんぎつねの里山から「お雛さまと吊るし飾り展」へ


住吉町駅〜新美南吉記念館〜権現山(五郷社・植公園)〜JAあいち知多植大〜箭比神社〜阿久比町勤労福祉センター(ゴール受付)〜阿久比駅(約8.0km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄河和線・住吉町駅



 2017年の春の歩け歩け大会のスタートとなりました。初回は住吉町駅からごんぎつねの舞台となった権現山を経由して,阿久比町に向かうコースです。天気がよかったということもあり,スタートの住吉町駅は参加者で盛況でした。



 半田市内の住宅街を進んでいきます。梅の花も見ごろでした。新美南吉記念館までの道のりは,昨年9月に訪れたコースと同じでした。

新美南吉記念館
(約2.8km地点) [公式HP(外部リンク)→]



 童話の森を抜けて新美南吉記念館に到着です。





 新美南吉記念館から矢勝川沿いに進んでいきます。入口の菜の花畑がなかなか見事でした。川沿いを進んだところでラッキーカードが配布されていました。



 橋を渡って田園地帯を進んだ先にはいちご狩りのマリモファームがあります。朝早い時間というのに,なかなか賑わっていました。

権現山(五郷社・植公園)
(約4.0km地点)





 ごんぎつねのモデルとなった山である権現山に到着しました。山の色々なところにごんぎつねのモニュメントが彩られ,楽しく歩くことができます。





 権現山の階段を上がって上の神社と公園に到着します。木々の間から田園地帯の眺めが見られ,ごんぎつねの世界を感じることができました。五郷社は菅原道真の子孫により祀られたと伝承が残っているそうです。



 権現山からは田園地帯を抜けて進んでいきます。

JAあいち知多植大
(約5.3km地点)





 県道を進んで,途中のJAあいち知多植大支店では,阿久比町の観光協会による販売が行われるということですが,時間がまだ早かったので販売が始まる前でした。





 ここから前田川沿いを進んで,そのあと登り坂を進んでいきます。自然を感じられるコースになっていました。

箭比神社
(約7.3km地点)







 912年創建という古社で,途中の赤鳥居は言い伝えでは通らない方がいいといい,迂回する道も設けられています。周辺は森になっていてパワースポットでした。

阿久比町勤労福祉センター(ゴール受付)
(約8.0km地点) [公式HP(外部リンク)→]



 阿久比町勤労福祉センターがゴールでした。





 センターでは「お雛さまと吊るし飾り展」が行われていて,珍しい吊るし飾りやひな人形を見ることができました。

ゴール:名鉄河和線・阿久比駅



 そのまま県道を1kmほど進んで,ゴールの阿久比駅に到着です。今年の春もがんばって歩いていきましょう。

写真使用数:22

←前:3/3:知多市(常設コース) / イベントトップ / 次:3/12:犬山市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。