本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名鉄ハイキング:2017.10/14(土):犬山市

【コース】(東海の自然歩け歩け大会)
魅せよう犬山 つなごう人と人! 犬山市産業振興祭と名経祭

羽黒駅〜小弓の庄〜磨墨塚史跡公園〜犬山市産業振興祭会場〜鳴海てがし神社〜小弓鶴酒造〜名古屋経済大学(名経大会場)〜中部電力小牧営業所(ゴール受付)〜田県神社前駅(約8.5km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄小牧線・羽黒駅



 3連休に家族旅行に出かけたため,ウォーキングは2週間ぶりとなりました。今回は犬山市南部をめぐります。今回は土日ともに天気予報は雨でしたが,土曜日は何とか雨は降らず,どんよりとした曇り空の中のウォーキングとなりました。スタートは小牧線の羽黒駅です。

小弓の庄
(約0.1km地点)



 羽黒駅から少し進んだところには小弓の庄があります。明治40年頃の擬洋風建築が残されており,国の登録文化財に指定されています。中ではガイドの人が丁寧に説明されていました。

磨墨塚史跡公園
(約0.8km地点)



 梶原景時が源頼朝から賜ったという名馬の磨墨が葬られていると伝わる塚があります。

犬山市産業振興祭会場
(約0.9km地点)







 公園から進んだ先の犬山市民文化会館では,犬山産業振興祭が行われていました。グルメ,ステージなどのイベントが行われて盛り上がっています。少し時間が早かったので,メインステージはまだ始まっていませんでした。





 祭りの会場を後にしたら,しばらく川沿いの道を進んでいきます。いつのまにか本格的な秋を感じられる景色になっていました。

鳴海てがし神社
(約2.8km地点)





 てがしとはモチノキの意味があり,犬山の巨木50選に選ばれた巨大なクロガネモチやハナノキがあります。硬貨を洗うと金運が上がるという銭洗弁財天が有名です。

小弓鶴酒造
(約3.2km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 1848年の創業という老舗で,地ビールでも有名です。前ではソーセージや地ビールの販売が行われていました。ちょうど入り口の前のところでラッキーカードが配布されていました。



 ここからはそのまま県道を南下していきます。







 途中にある楽田のふれあいセンターでは,イベントが行われていて,豚汁のふるまいも受けることができました。





 楽田ふれあいセンターからは東に進み,山側に進んでいきます。田園地帯からは秋の気配が感じられます。

名古屋経済大学犬山キャンパス(名経祭会場)
(約6.8km地点) [公式HP(外部リンク→)]







 坂を上がって名古屋経済大学の犬山キャンパスに進んでいきます。キャンパス内では名経祭が行われ,多くの人で賑わっていました。100円の金券ももらえ,多くのもてなしも受けることができました。



 秋の装いを感じた地域を,ゴールに向かって進んでいきました。

ゴール:中部電力小牧営業所
(約8.5km地点)



 ゴールの中部電力小牧営業所の到着です。今回は小弓鶴酒造賞のお菓子が当たりました。



 すぐそばの田県神社前駅から戻ります。雨が降らなくてよかったです。


写真使用数:24

←前:9/30:岡崎市 / イベントトップ / 次:10/15:碧南市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。