本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

名鉄ハイキング:2016.1/16(土):豊田市

【コース】
2019ラグビーワールドカップ開催地 豊田スタジアム見学と全国大陶器市


豊田市駅〜毘森公園〜枝下用水緑道〜七州城隅櫓・豊田市美術館〜エコフルタウン〜桜城跡公園〜久澄橋〜豊田スタジアム〜多目的広場(全国陶器市会場)〜豊田大橋〜豊田市近代の産業とくらし発見館〜豊田市駅(約8.0km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄・豊田市駅



 豊田市駅の西口からスタート。ポカポカ陽気のウォーキング日和でした。

毘森公園
(約1.3km地点)




枝下用水緑道
(約1.8km地点)




七州城隅櫓・豊田市美術館
(約2.9km地点) [公式HP(外部リンク)→]





 美術館では,12/19〜4/3の間,「山口啓介:カナリア」展という特別展が開催されていました。

エコフルタウン
(約3.9km地点) [公式HP(外部リンク)→]





 低炭素社会を実現するための様々な技術が紹介されています。


桜城跡公園(STREET & PARK MARKET会場)
(約4.4km地点) [公式HP(外部リンク)→]





 フリーマーケットでは,野菜の直売やアクセサリーなど,様々なものが売られていました。見ているだけでもおもしろいです。

久澄橋
(約5.1km地点)



 矢作川を渡ります。対岸の巨大な豊田スタジアムがよく見えます。

豊田スタジアム
(約5.8km地点) [公式HP(外部リンク)→]











 豊田スタジアムでは,約40分の見学ツアーに参加。ガイドボランティアによる説明を受け,スタジアムのギャラリーを見学し,選手などしか普段は入れないエリアも見学することができ,充実した時間でした。

豊田スタジアム多目的広場(全国大陶器市会場)
(約6.2km地点) [公式HP(外部リンク)→]





 多目的広場では,1/9〜1/17の日程で大陶器市が開かれ,全国各地からの多くの陶器がお値打ちに売られていました。見ているだけでも楽しめました。

豊田大橋
(約6.7km地点)



 再び矢作川を渡ります。景色がきれいでした。

豊田市近代の産業とくらし発見館
(約7.5km地点) [公式HP(外部リンク)→]





 豊田市の産業の発展の様子などが展示されています。12/8〜2/28の間の企画展「とよたの百年企業」が開催されており,豊田市で100年以上続く伝統企業が紹介されていました。

ゴール:名鉄・豊田市駅



 豊田市駅東口がゴールでした。残念ながら景品は当たらず。見学時間を含めて約3時間のウォーキングとなりました。

写真使用数:23

イベントトップ / 次:1/17:津島市・愛西市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。