本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

近鉄ハイキング:2020.12/5(土):名古屋市

【コース】(近鉄あみま倶楽部アプリ連動イベントハイキング)
新田開発の名古屋市港区南陽エリアと戸田川緑地をたずねて

伏屋駅〜三日月橋〜七反野地蔵堂〜南陽神社〜戸田川緑地〜戸田駅(約9km)




スタート:近鉄名古屋線・伏屋駅





 寒いながらも天気に恵まれた12月最初の土曜日。コロナの感染が広まっていますが,イベントは実施されるということで,名古屋市港区の南陽地区をめぐる近鉄ハイキングに参加します。南陽地区はぼちぼちウォーキングで文化財などをめぐりましたが,近鉄ハイキングなどの鉄道イベントでは初めての訪問になります。スタートの伏屋駅は高架化されてからは初めての訪問となりました。





 南に進んで,南陽地区を目指していきます。途中の工事中の橋のところは,だいぶ工事が進んできた感じです。





 国道1号線の三日月橋で新川を渡り,川沿いに進んでいきます。





 港区の南陽地区は,名古屋市とはいってもまだまだ田園風景も見られます。さらに南下して進んだ知多地区を通り抜けて進んでいきます。



 南陽図書館のそばを通っていきます。ここからしばらくは,南陽地区の史跡をめぐっていきます。

七反野地蔵堂
(約4930m地点)





 七反野神明社と七反野地蔵堂の前を通っていきます。



 工事中の名二環の道路も大分出来上がってきました。

南陽神社
(約5320m地点)





 工事中の高速道路の下をくぐって南陽神社に到着します。この付近の戦没者などがまつられている神社で,かつての町役場の跡の碑もあります。神社の裏手にはこの付近の新田開発に尽力した鬼頭景義・勘兵衛の宅跡もあります。



 さらに西に進んで,港区南陽支所のそばを通っていきます。

戸田川緑地
(約5920m地点) [公式HP(外部リンク→)]







 南陽支所から少し進んだ先には戸田川緑地の入り口があります。戸田川のそばに整備された緑地で,様々な施設が設けられているのが特徴です。入り口にある陽だまり館は産地直売所になっていて,新鮮な野菜などが売られています。





 戸田川緑地ではマルシェが行われていて,露店やキッチンカーなどが出ていました。家族連れが多く訪れていて,大変賑わっていました。



 こどもに人気の戸田川こどもランドもなかなかにぎわっている感じです。





 ここから先は戸田川に沿って緑地を北上していきます。この戸田川緑地では森をつくるという事業が行われているようで,森林を育てている様子を知ることができました。







 ここから戸田川に沿ってずっと進んでいきます。途中,国道1号線を渡って進んでいきます。緑地を南から北に抜けていくと,この緑地が広い様子が伝わります。

ゴール:近鉄名古屋線・戸田駅
(約9040m地点)





 無事にゴールの戸田駅に到着です。名古屋市内のウォーキングですが,なかなか訪れる機会が少ないエリアなので,新鮮な気持ちで歩くことができました。

写真使用数:28

←前:11/23:桑名市 / イベントトップ / 次:**/**:****→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。

















































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>