本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

近鉄ハイキング:2019.6/15(日):鈴鹿市

【コース】(白子駅長お薦めフリーハイキング)
神戸(かんべ)と旧街道 伊勢街道めぐりと柳のあじさい道

鈴鹿市駅〜神戸城跡〜龍光寺〜神戸の見附跡〜あじさい道〜鈴鹿あられ西川製菓〜伊勢若松駅(約7km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:近鉄鈴鹿線・鈴鹿市駅





 梅雨空が続いている6月の第3週の土曜日。この日は鈴鹿市をめぐる近鉄ハイキングにチャレンジします。この日は1日雨予報で,天気によってはウォーキング中止も考えたのですが,何とか天気が曇り空だったので,無事参加となりました。スタートの鈴鹿市駅は雨予報にもかかわらず多くの人が集まっていました。



 まずは鈴鹿市駅周辺の神戸地区の史跡をめぐっていきます。背の高い鈴鹿市役所の前を通っていきます。

神戸城跡
(約1430m地点)



 鈴鹿市役所中編の住宅街を抜けて,神戸公園に到着します。公園では花しょうぶが見ごろを迎えていました。





 公園内には県の史跡に指定されている神戸城跡があります。戦国時代に神戸具盛によって築かれ,のちに神戸家の養子になった織田信長の三男信孝により五層の天守が設けられたといいます。現在も石組みが残され,貴重な史跡になっているといいます。



 ここから学校の周りをぐるりと回って進みます。正門前には旧制の神戸中等学校の門が残されており,案内板が設けられていました。



 ここから伊勢街道を抜けて進んでいきます。かつての街道のおもかげが残されている道になります。

龍光寺
(約2080m地点) [公式HP(外部リンク→)]





 伊勢街道を進んで,毎年3月に行われる神戸の寝釈迦まつりで知られる龍光寺に至ります。昨年3月には,その寝釈迦まつりが行われている龍光寺を訪ねる近鉄ハイキングも参加しました。今回は静かな境内を散策します。





 龍光寺からさらに伊勢街道を北上していきます。途中の札ノ辻では,かつてから設けられているという道標もあります。昔ながらの家や商店を横に見ながら進んでいきます。

神戸の見附跡
(約3000m地点)



 伊勢街道を北上すると,先日4月の近鉄ハイキングでも訪れた神戸の見附跡があります。案内板と碑が設けられており,ここが神戸宿の入口に当たり,土塁や石垣が残されており,三重県の史跡にも指定されています。



 神戸の見附跡からは東へと進路を変え,石垣に沿って進んでいきます。



 さらに幹線道路を南下していきます。神戸地区をぐるりとめぐって,再び鈴鹿市駅のそばを通って進んでいきます。

あじさい道
(約4120m地点)





 神戸の街から東へと進んで田園地帯に出てきます。ここからあじさい道を通って東に進んでいきます。伊勢鉄道の線路をくぐって,さらにあじさい道が続いています。





 南へと進路を変えて,さらにあじさい道を進んでいきます。さらに近鉄の踏切を渡って,線路の南側の道に進んでいきます。





 近鉄の線路の南側に設けられているあじさい道を東へと進んでいきます。この付近にはちょうど,鈴鹿線の柳駅があります。電車が走っているのも見ながら進んでいきます。

鈴鹿あられ西川製菓
(約5700m地点) [公式HP(外部リンク→)]





 線路の北側に出て,鈴鹿あられの製造を行っている西川製菓に立ち寄ります。先着100名にサービスのあられがもらえたほか,お店ではあられの試食も行うことができました。インターネットのホームページでも購入できるようです。





 線路に沿って田園地帯を東に進んでいきます。ゴールが近づいてきて,名古屋線の電車も見られるようになりました。

ゴール:近鉄名古屋線・伊勢若松駅
(約7450m地点)



 無事に雨が降られる前にゴールの伊勢若松駅に到着できました。駅前にはこの地出身の大黒屋光太夫の像が設けられています。何とか雨が降られる前にゴールすることができました。

写真使用数:26

←前:6/9(別日):大垣市・神戸町 / イベントトップ / 次:6/16:輪之内町→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。