本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

近鉄ハイキング:2019.3/2(土):四日市市【別日】

【コース】(名鉄タイアップ企画ハイキング)
ふるさとの味と春風を感じて悲劇の千奈美姫に想いを馳せる四日市うつべのヤマトタケル・芭蕉の足跡を体感!

塩浜駅〜川尻公園〜采女城跡〜上品寺〜小松神社〜中山寺〜采女八幡社〜四季菜(JAみえきた)・内部地区市民センター〜うつべ街かど博物館〜杖衝坂・芭蕉句碑〜血塚社〜四日市あすなろう鉄道・内部駅(約14km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:近鉄名古屋線・塩浜駅





 すばらしい春の快晴にめぐまれました。今回は四日市市の内部地区を歩く近鉄ハイキングのコースを歩きます。東海の自然歩け歩け大会の代わりに始まった名鉄とのタイアップハイキングの記念すべき初回になります。スタートは名古屋線の塩浜駅で,ここから西の内部地区に向かって進んでいきます。





 最初は四日市市内の工場や公園などが立ち並んでいる一角を西に向かって進んでいきます。かつては公害の街ともいわれましたが,くっきりとした空はきれいなものです。

川尻公園
(約2060m地点)



 幹線道路から南に進んだ先には川尻公園があります。ウォーキングの最初のチェックポイントです。



 川尻公園の先のところでJR関西線の踏切を渡ります。さらに西へと住宅地を抜けて進んでいきます。





 ずっと西に進んでいくと,今度は四日市あすなろう鉄道の小古曽駅があります。小さな無人駅ですが,駅には花壇が整備されていて地元の人たちによる手入れが行き届いている感じがしました。



 先に進んだところには小古曽神社があります。平安時代の延喜式神名帳にも記載がある古社で,この地区の氏神になっているといいます。保育園の子供たちが遊んでいました。





 小古曽地区から道路を抜けて内部地区に進み,そのあと川沿いの道へと入っていきます。天気が良くて鈴鹿の山並みの方まで見ることができました。

采女城跡
(約5530m地点)





 内部川の川沿いを進むと采女城跡があります。分応元年(1260年)に伊勢平氏の流れをくむという後藤伊勢守基秀により築城されて300年に渡ってこの地を支配したといいます。永禄11年(1568年)に織田信長の伊勢攻略により落城したといいます。入口から上り坂を進んだ先にはボランティアの方々により整備されたという案内板がたち,城の様子をくわしく知りながら散策することができます。進んだ先には織田信長により攻略された際に,城にいた千奈美姫が身を投げたという古井戸が残されています。悲劇のままになくなった姫の嘆く声が井戸から聞こえてくるという伝説があります。散策しやすいように整備してくださっているボランティアの方には頭が下がります。

上品寺
(約6370m地点)





 真宗高田派の寺院で,10世紀作という釈迦如来座像が市の指定文化財になっています。昔ながらの雰囲気を感じさせるお寺です。



 ここからさらに内部川を渡って西に進んでいきます。

小松神社
(約7530m地点)





 西に進んだ北小松町に鎮座する小松神社は,この地区の信仰の中心になっているようです。境内は広くて休憩もできそうでした。

中山寺(ちゅうざんじ)
(約8270m地点)





 上品寺と同じく真宗高田派の寺院です。境内にあるモッコクが市の天然記念物に指定されています。





 広大な田園地帯をぬけて東の内部駅方面に戻っていきます。途中には地蔵尊やほたるが飛び交う場所などがありました。

采女八幡社
(約10360m地点)





 国道1号線の手前を右に進み,階段を登った先に社殿があります。鎌倉時代の創建といい,明治時代には付近の神社に合祀されてしまいましたが,その後現在地に安置されるようになったといいます。ここまで長かったこともあり,休憩に利用させてもらいました。

内部地区市民センター
(約11400m地点)



 采女八幡社から北に戻ったところには内部地区市民センターがあります。イベント当日にはここで色々ともてなしもあったみたいですが,別日に行ったので人はいませんでした。





 川沿いを進んで,旧東海道に進んでいきます。旧東海道の案内板のところには花壇が整備されていました。旧東海道は標識も整備されていて歩きやすくなっています。

うつべ街かど博物館
(約12450m地点)





 旧東海道を進んだ杖衝坂の入口のところには,うつべ街かど博物館があります。旧東海道などについての展示があるみたいですが,空いていませんでした。営業時間は限られているみたいです。

杖衝坂・芭蕉句碑
(約12470m地点)



 旧東海道を進んだ先には杖衝坂があります。日本武尊が東方遠征からヤマトに戻る際,病気のために杖を衝きながら登ったといわれる坂で,東海道の難所の1つとなっています。道路は舗装されてしまっていますが,それ以外は昔ながらの面影を感じさせる場所です。



 杖衝坂のところには芭蕉の句碑が建てられています。「歩行ならば杖つき坂を落馬かな」とここで坂があまりにも急なために落馬してしまった様子がうたわれているといいます。

血塚社
(約12510m地点)



 杖衝坂を登り切った先の左手には血塚社があります。日本武尊の血に染まったという石を奉納してできた社といいます。





 血塚社から旧東海道を戻って夢見が丘の住宅地を抜けて進みます。その後,内部川を渡ってゴールの内部駅へ。

ゴール:四日市あすなろう鉄道・内部駅
(約14270m地点)





 中々長丁場のコースでしたが,無事にゴールすることができました。なかなか訪れる機会の少ない場所だったので,史跡などを興味深く見ることができました。

写真使用数:36

←前:12/23:津市 / イベントトップ / 次:3/3(別日):安八町他→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。