本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

近鉄ハイキング:2019.11/16(土):明和町・伊勢市【別日】

【コース】(お伊勢参りハイキング・旅11日目)
伊勢街道,旅人気分で斎宮から宮川の渡し・そして神領域へ

斎宮駅〜竹神社〜有明六地蔵〜転輪寺〜宮川・桜の渡し場跡〜播田屋浦の橋店〜筋向橋〜小西萬金丹〜豊受大神宮(外宮)・せんぐう館〜宇治山田駅(ゴール受付)(約13km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:近鉄山田線・斎宮駅





 桑名からお伊勢さんを目指すお伊勢参りハイキングもいよいよ11日目になりました。今回は明和町の斎宮駅からスタートして,いよいよ伊勢市内に入っていきます。スタートは斎宮駅の南側から出てスタートします。この日は桑名市を歩く近鉄(養老鉄道)のハイキングに参加したため,別日のウォーキングとなりました。





 前回のコースは斎宮の史跡を色々とめぐりましたが,今回はすぐに伊勢街道に出て,ひたすら街道を進んでいきます。途中にはいろいろと史跡の案内板があり,かつての風景を感じながら進んでいきます。

竹神社
(約530m地点)





 少し進んだ左手のところに竹神社があります。元々野々宮が祀られていましたが,明治になって周辺の25社の神を合祀して創建されたといいます。かつては斎王の御殿があったともいわれています。

有明六地蔵
(約1130m地点)





 さらに伊勢街道を進んでいくと,有明六地蔵があります。六角形の各面に六地蔵が刻んであるという珍しいものといいます。





 伊勢街道の道標などを見ながら,さらに東へと進んでいきます。

転輪寺
(約2910m地点)





 明星山と号する真宗高田派の寺院で,文明13年(1481年)の開創といいます。松坂城から移築したという立派な山門など,落ち着いた境内になっていました。





 伊勢街道をどんどん進んでいきます。外宮も近づいてきました。外宮まであと二里(約8km)の標識が立てられています。



 工場を過ぎた先にある弘法大師堂です。この付近で明和町から伊勢市に入ります。





 さらに進んだ先には徳浄上人千日祈願の塔と庚申像があります。大飢饉にこの村が見舞われたとき.徳浄上人が千日間伊勢神宮に参拝した結果,村は平穏に暮らすことができるようになったといいます。



 明野交差点を右折してさらに伊勢街道を進んでいった先にはへんば餅があります。安永4年(1775年)の創業といい,伊勢街道を行き交う人々にもちを振る舞いました。おはらい町にもお店がありますが,ここがその本店になります。伊勢神宮に向かい人々がここで馬を返して(返馬)したことからその名前がついたといいます。







 外城田川を渡り,JR宮川駅前の集落を通り抜けていきます。ここもかつての街道の名撮りが感じられる通りになっています。

宮川・桜の渡し跡
(約8430m地点)



 JR宮川駅のそばを通って東へ進み,ついに宮川のほとりまで到着しました。大きな川としてはここが最後の川となります。かつてはここで桜の渡しを渡って伊勢市内へと入っていきました。周辺に桜の木が多かったことから,桜の渡しと呼ばれたとのこと。







 今回の旅では少し南にある宮川橋を渡って宮川を越えていきます。すぐそばをJR参宮線の線路の鉄橋がかかっています。







 宮川を渡ってからも相変わらず街道沿いの道を進んでいきます。広い筋を渡っていよいよ伊勢に入った感じを味わいながら進んでいきます。

播田屋浦の橋店
(約10560m地点) [公式HP(外部リンク→)]





 先に進んだ商店街のところには,ハイキングの協賛店舗である播田屋浦田橋店があります。江戸時代・万延元年(1860年)の創業という老舗の和菓子屋で,名物の煎餅などが販売されていました。ここまでだいぶん長距離を歩いてきましたので,休憩するにはもってこいの施設です。

筋向橋
(約10620m地点)



 播田屋のある商店街のすぐ東側には筋向橋があります。伊勢街道・伊勢本街道・熊野街道が合流する地点で,元々は宮川の支流である清川にかかっていた橋です。現在は川は暗渠となり,橋の欄干だけが残っています。

小西萬金丹
(約11190m地点)





 筋向橋から先に進んだ左手には小西萬金丹のお店があります。この周辺で伝統的に生産されている漢方薬で,「伊勢の霊薬」として古くから旅人に愛され,現在も販売されているそうです。お店の建物も昔ながらのもので,伝統を感じられました。

豊受大神宮(外宮)・せんぐう館
(約12020m地点) [公式HP(外部リンク→)]



 長い距離を歩いてきましたが,ついに外宮に到着。桑名からの東海道・伊勢街道を歩いてきてここまでたどり着きましたので,感慨もひとしおです。







 外宮の境内をめぐってお参りしてきました。大勢の参拝客がいました。厳かな雰囲気を感じることができました。







 外宮から出たところには,伊勢の式年遷宮などについての展示があるせんぐう館があります。台風の被害でしばらくの間休館していましたが,ようやくリニューアルオープンしました。勾玉池付近の景色もなかなか趣きがあります。





 外宮を出てからゴールの宇治山田駅を目指します。最短距離を行かずに,やはり今回のハイキングのテーマとなっている伊勢街道を丹念に進んでいくため,少し遠回りをしてゴールを目指していきます。

ゴール:近鉄山田線・宇治山田駅
(約13480m地点)



 伊勢街道を進んで近鉄の高架が見えたら手前の筋を左折し,ゴールの宇治山田駅に到着です。ご存じのように宇治山田駅は伊勢観光の玄関口で,国の登録文化財にも指定された伝統の駅舎です。このお伊勢参りハイキングもいよいよ次回が最終回です。最後までがんばって歩ききりたいと思います。

写真使用数:43

←前:11/16:桑名市 / イベントトップ / 次:11/30:鈴鹿市・四日市市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。

















































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>