本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

近鉄ハイキング:2018.2/27(火):いなべ市

【コース】(特別企画ハイキング)
早春の鈴鹿山脈を眺め「あげきのおひなさん」へ

三岐鉄道楚原駅〜ねじり橋・めがね橋〜鈴鹿山脈と田園の風景〜麻績塚古墳・久保院八十八ヶ所道〜阿下喜の町並み〜阿下喜温泉「あじさいの里」〜三岐鉄道阿下喜駅(約9km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:三岐鉄道北勢線・楚原駅





 2月もいよいよ終わりになり,暖かい時期が近付いてきた印象です。今回は三岐鉄道楚原駅からいなべ市の近鉄ハイキングにチャレンジします。天気がよくて参加者が多かったです。





 駅前の神社の前を通り過ぎ,住宅地を抜けて進んでいきます。天気が良くて気持ちいいウォーキングとなりました。

ねじり橋・めがね橋
(約1100m地点)





 土木遺産としても貴重なねじり橋とめがね橋です。ねじり橋は,用水がななめに横切っていることから,ななめにアーチになっている,ここだけの貴重なものといいます。めがね橋も珍しいコンクリートブロック製といいます。

鈴鹿山脈と田園の風景
(約1400m地点)







 藤原岳など鈴鹿山脈の山並みと広大な田園風景をバックに北勢線の線路沿いに進んでいきます。雄大なウォーキングを楽しむことができました。

麻績塚古墳・久保院八十八ケ所道
(約3600m地点)









 4世紀築造という大小の古墳の周りに,88箇所のミニ霊場が設けられています。手前の広場には桂太郎の筆という戦没者記念碑も設けられていました。

阿下喜の町並み
(約7500m地点)



 線路沿いをさらにずんずん進んで,阿下喜の町までやってきました。天気がよくて快適に歩くことができました。



 阿下喜の町並みを進んでいきます。「あげきのおひなさん」イベントが行われていて,町のあちこちにひな人形が飾られています。春を感じるイベントでした。





 桐林館に行きます。旧阿下喜小学校の建物で,国の登録文化財に指定されています。建物内にもひな人形が飾られていて,小学校の様子も再現されていました。





 続いてウッディパル三重を訪れます。引き続きひな人形を楽しむことができ,飲み物などの販売も行われていました。





 少し進んだ先には,ミニ鉄道博物館が設けられていました。三重県各地にはまちかど博物館と言って,こういった個人経営の博物館がたくさん設けられています。北勢線の模型がなかなか見事でした。









 途中の大西神社,西念寺などの寺社でも立派なお雛様が展示されていました。神社では,歴史などの説明も受けることができました。町中がおひなさまモードで楽しかったです。

阿下喜温泉「あじさいの里」
(約9000m地点) [公式HP(外部リンク→)]





 阿下喜駅前の北西にある温泉施設です。中には野菜の直売やお土産の販売などもあって,この付近の観光の拠点施設にもなっているようでした。ウォーキングが終わった後,温泉でのんびりというのもいいかもしれませんね。

ゴール:三岐鉄道北勢線・阿下喜駅
(約9000m地点)





 あじさいの里から少し進んでゴールの阿下喜駅に到着します。久しぶりにナローゲージの列車の旅も楽しむことができました。


写真使用数:29

←前:2/25:松阪市 / イベントトップ / 次:3/10(別日):明和町→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。