本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

近鉄ハイキング:2018.3/17(土):鈴鹿市【別日】

【コース】(白子駅長お薦めフリーハイキング)
伊勢型紙とおひなさま 旧参宮街道とおひなさまめぐり

鼓ヶ浦駅〜子安観音寺〜鈴鹿市伝統産業会館〜大徳屋長久〜語らい館よこた〜油屋忠兵衛〜芙蓉館〜江島若宮八幡神社〜伊勢型紙資料館〜白子駅(約6km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:近鉄名古屋線・鼓ヶ浦駅







子安観音寺
(約250m地点)





 安産の守り神として,この付近では厚い信仰を受けている子安観音寺です。2年前の鈴鹿市のウォーキングなどでも訪れました。五重塔などもあり,昔ながらの落ち着いた空間を感じることができました。



 境内の天然記念物である不断桜は,ちょうど見ごろになっていました。





 子安観音寺の東には,西方寺があります。山口誓子の句碑や書院などが有名だそうです。



 その後,しばらくは伊勢神宮に向かう人々で賑わったという参宮街道を進んでいきます。昔ながらの史跡なども見られます。



 橋を渡ったら参宮街道から分かれて,川沿いを進んでいきます。



 さらに海沿いを進んで,鼓ヶ浦海岸のそばを通っていきます。夏になると海水浴客で賑わいそうです。天気が良くて伊勢湾の海はきれいでした。

鈴鹿市伝統産業会館
(約2120m地点)





 海岸から戻って,橋を渡って進むとやがて鈴鹿市伝統産業会館があります。伊勢型紙や鈴鹿墨など鈴鹿市の伝統産業についての展示がありました。日曜日などは実演も行われているといいます。歴史などを知るとなかなか興味深かったです。





 参宮街道の大きな道標など,再び参宮街道の文化財を見ながら進んでいきます。

大徳屋長久
(約3450m地点) [公式HP(外部リンク→)]



 白子に居を構える昔ながらの和菓子屋さんです。白子を代表する銘菓子である小原木が販売されているといいます。

語らい館よこた
(約3540m地点)



 明治18年に建てられたという建物を利用して,ミニギャラリーとして利用されています。本業は材木店といいます。



 参宮街道の枡形を通り,さらに古い町並みを東へ進んでいきます。

油屋忠兵衛
(約3920m地点)



 仙台の伊達一族のルーツを持つという油屋の伊達忠兵衛の民家といい,築100年を誇るという趣きある建物です。現在はイベントなどに用いられているといいます。見事な建物を楽しむことができました。

芙蓉館
(約4380m地点)



 参宮街道を東へ進んで,右手に入ったところに芙蓉館があります。こちらもまちかど博物館になっていて,一部の日の開館で見ることはできませんでした。江戸末期から明治・大正期にかけての貴重な宝物を見ることができるといいます。

江島若宮八幡神社
(約4700m地点)





 鈴鹿市内で2番目に大きな敷地を持つ大きな神社といい,白子の町の人々から古く信仰を受けてきたといいます。多数の絵馬が奉納されていて,博物館が設けられているといいます。



 海沿いの道を進んで,白子駅方面に戻っていきます。

伊勢型紙資料館
(約6230m地点)



 江戸末期の型紙問屋である寺尾家の住宅を利用している伊勢型紙の資料館です。東北から関東一円にかけて伊勢型紙を流通させていたということで,ここが一大物流拠点だったといいます。いまは静かな住宅地になっています。

ゴール:近鉄名古屋線・白子駅
(約6410m地点)





 そのままゴールの白子駅に到着。色々見ることができて楽しいコースでした。今度はイベントが行われる日に訪れたいものです。


写真使用数:25

←前:3/11:鈴鹿市 / イベントトップ / 次:3/25(別日):津市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。