本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

近鉄ハイキング:2018.12/23(日):津市

【コース】(津駅長お薦めフリーハイキング)
(酒蔵みてある記)酒蔵めぐり油正「初日」と桃園三地蔵

久居駅〜光明寺〜宝樹寺〜栄松寺〜真光寺〜油正(酒蔵見学)〜久居駅(約7km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:近鉄名古屋線・久居駅



 2018年もいよいよ年の瀬を迎えました。今回でいよいよ今年のハイキングイベントも最後の参加となります。今回は津市久居地区のお地蔵さまと酒蔵をめぐる近鉄ハイキングです。毎年行われるコースなのですが,なかなか時期的に忙しく行けなかったコースで,今回はいよいよ満を持して参加します。名古屋駅から久居駅まで急行で約75分で地味に時間がかかります。





 まずは自衛隊の久居駐屯地の広大な敷地の横を通っていきます。そこから先は住宅地を抜けて進んでいきます。

光明寺
(約2.1km地点)







 県の文化財という地蔵菩薩のほかにも,木造阿弥陀如来や木像二十五菩薩像が安置されているというお寺です。ガイドボランティアの方もおられて説明をしていただけました。桃園三地蔵とは鎌倉時代作と伝わるこの地域に伝わる3つの地蔵のことといい,現在は3つのお寺に別々に安置されています。



 光明寺から進んだところでは南側の田園地帯と遠く青山高原を望むことができました。写真では曇っていて遠くの山は移っていません。



 途中,桃園駅のそばを通っていきます。急行の停車駅になって,ホームが延伸されました。



 特徴的な生垣のある家の間を通って進んでいきます。地元の方はこれだけたくさんの人が歩いているのを不思議がってみていました。

宝樹寺
(約3.6km地点)







 光明寺に続いて,県文化財の桃園三地蔵が祀られています。みなさん熱心に参拝されていました。





 ここから堤防を越えて,川沿い(水路沿い)の未舗装道路を進んでいきます。田園地帯の奥に鈴鹿の山並みもうっすら見ることができました。

栄松寺
(約4.6km地点)







 桃園三地蔵の最後のお寺です。生垣でできた山門の屋根が印象的でした。こちらは真宗高田派の寺院になります。

真光寺
(約5.4km地点)







 天台宗の寺院で,三地蔵ではありませんが同じく地蔵様がまつられています。千手観音の地蔵のようで珍しいです。

油正(酒蔵見学)
(約5.9km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 今回のメインスポットである油正の酒蔵に到着です。入口のところにある油正ホールは,国の登録文化財にも指定されています。休憩所になっていて休憩している人がたくさんいました。



 中央の広場では甘酒のふるまいやお酒の販売も行われていて,多くの人たちでにぎわっていました。こののんびりできる感じがいいですね。





 酒蔵の見学もできるようになっていて,奥ではお酒の試飲もできるようになっていました。





 油正から商店街を抜け,途中神社の前を通ってゴールの久居駅に向かっていきます。この久居の町もなかなか見どころがあるようで,またじっくりとめぐりたいものです。

ゴール:近鉄名古屋線・久居駅
(約7.2km地点)





 そのままゴールの久居駅に到着。今年のハイキングもいよいよ最後となりました。急行でまた約75分かけて名古屋に戻りました。2019年もぼちぼちがんばっていきたいと思います。


写真使用数:29

←前:12/9:弥富市・愛西市 / イベントトップ / 次:3/2(別日):四日市市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。