本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

近鉄ハイキング:2017.1/14(土):四日市市

【コース】(伊勢西国三十三所観音巡礼(第3回))
四日市の古刹 垂坂山観音寺から龍王山宝性寺へ

霞ヶ浦駅〜垂坂公園〜垂坂山観音寺〜伊賀留我神社〜富田山長興寺〜聖武天皇社〜龍王山宝性寺〜川越富洲原駅(約12km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:近鉄名古屋線・霞ヶ浦駅



 1月2回目の土曜日は,なんと大寒波がやってきて,名古屋にも本格的な雪が降ってきてしまいました。それでもウォーキングには参加します。今回は近鉄霞ヶ浦駅から伊勢西国霊場の3カ寺を巡るコースをウォーキングします。雪ということで,さすがに参加者は多くありませんが,それでも参加される方がそれなりにいるのはすごいものです。

垂坂公園
(約1730m地点)





 坂を上がって進み,垂坂公園に入っていきます。この付近ではかなり大きな公園で,整備された遊歩道を進んでいきます。雪が降ってきて,遊んでいる人はさすがに誰もいませんでした。

垂坂山観音寺(伊勢西国26番)
(約3400m地点) [公式HP(外部リンク→)]





 多くの文化財を有する垂坂山観音寺に到着です。雪も少しおさまってきました。1100年の歴史を誇るという天台宗の古刹で,国の重要文化財に指定されている木造慈恵大師坐像をはじめ,多くの文化財を有する寺です。

伊賀留我神社
(約6120m地点)





 広い道をずっと下って進むと,やがて左手に伊賀留我(いかるが)神社があります。創建は不詳ですが,平安時代の延喜式にも名前がある古い神社だそうです。



 神社の先の田園地帯からは,四日市港のポートビルや四日市の工場群がよく見えました。

明治天皇御駐跡
(約8470m地点)



 川沿いの桜並木のそばを通って南下します。このコースは,以前6月にも訪れた場所です。



 近鉄名古屋線の線路を渡って,旧東海道を進みます。途中には明治天皇が休憩されたことを表す碑が残されています。

富田山長興寺
(約8700m地点)



 富田の集落をぬけていくと,途中に伊勢西国27番札所の富田山長興寺があります。新しい感じのお寺ですが,養老年中(8世紀)に薬師如来をまつる草庵が設けられたのを起源とする歴史のあるお寺です。本堂内もきれいな感じでした。

聖武天皇社
(約9380m地点)



 JR関西線の富田駅の駅前を通って進みます。この辺りから雪がひどくなってきました。





 富洲原地区に入って,聖武天皇社に到着します。氏神として聖武天皇をまつっています。聖武天皇がこの地に巡行した際,この付近にあった松原を詠んだ歌が万葉集におさめられているそうで,それがゆかりになっているそうです。

龍王山宝性寺
(約11080m地点)





 北に進んで,伊勢西国28番札所の宝性寺に到着です。享保4年(1719年)に再建されたという本堂が市の指定文化財に指定されており,堂々とした威容になっています。天平12年(740年)に聖武天皇が勅願で建立したという伝説がある古い寺院です。住民からは蒔田観音として長く信仰を集めているそうです。

ゴール:近鉄名古屋線・川越富洲原駅
(約12060m地点)





 雪で大変でしたが,何とかゴールの川越富洲原駅に到着。距離も長かったのですが,何とか歩ききることができました。


写真使用数:18

←前:12/10:四日市市・桑名市 / イベントトップ / 次:1/21:松阪市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。