本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

近鉄ハイキング:2016.9/19(月祝):志摩市

【コース】(東海の自然歩け歩け大会)
舞台は伊勢志摩 G7伊勢志摩サミット2016開催地・賢島

鵜方駅〜賢島大橋〜志摩マリンランド〜金刀比羅宮〜真珠工場(出口真珠)〜真珠貝供養塔〜〜賢島駅(約6km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:近鉄志摩線・鵜方駅



 3連休の最終日は,遠く名古屋から2時間半かけて,志摩市のウォーキングに参加しました。台風接近で雨の心配もありましたが,そんな予想とは裏腹に天気はよくなり,晴れて暑いぐらいの気候でした。遠出のウォーキングですが,なかなか参加者は多かったです。





 企業の別荘街を通り抜けて,賢島の方に進んでいきます。

賢島大橋
(約2550m地点)



 賢島大橋を渡って,賢島に進んでいきます。この橋の手前は,G7の開催中は検問が設けられてテレビでよく映っていました。





 橋の上からは,あご湾の眺望がすばらしかったです。

志摩マリンランド
(約3120m地点) [公式HP(外部リンク→)]



 マンボウで有名な志摩マリンランドに到着です。マンボウのモニュメントができていました。





 ハイキングの地図で料金が2割引になることから,せっかくなので入園しました。地球の歴史も学べる古代水族館もあり,楽しめました。ペンギンはとても暑そうにしていました。手で触れられる水槽もあり,鳥羽水族館と比べても魚を身近に感じられる水族館です。



 展望台からあご湾の景色も眺められました。

志摩観光ホテル・金刀比羅宮
(約3750m地点) [公式HP(外部リンク→)]



 志摩マリンランドからは少し戻って,G7のサミットが行われた志摩観光ホテルに向かいます。



 サミットの記念撮影が行われた庭園では,プレートの前で記念撮影する人たちで賑わっていました。サミット効果で観光客も増えているのでしょうか。



 サミット会場にも使ったというホテルの内部も一部を見ることができました。



 ホテルの庭園をぬけてブリッジを渡った先には,賢島で唯一の神社という金刀比羅宮があります。海の神様をまつっているといいます。



 その先には,志摩観光ホテルのベイスイートがあります。全室スイートルームからなるということで,一般庶民には縁が遠そうです。

真珠工場(出口真珠)
(約4450m地点)





 アップダウンのある道を進んで,真珠工場の出口真珠にやってきました。



 中では真珠製品の販売のほか,養殖する真珠の核入れ作業の見学もできるといいます。自分がいったときは作業中ではありませんでした。



 工場の目の前は海になっています。観光船のクルーズでも,この工場に立ち寄るコースがあるそうです。

真珠貝供養塔
(約5480m地点)





 海沿いの道を進んでいきます。





 観光船乗り場の横から円山公園に上り坂を進んでいきます。公園には真珠貝の供養塔と,養殖真珠発展の礎を築いた御木本幸吉などをたたえる碑がたっています。



 降りたところには,英虞湾の観光船乗り場がありました。この付近はさすがに観光客が多いです。

ゴール:近鉄志摩線・賢島駅
(約5760m地点)





 先に進んだところにゴールの賢島駅があります。近鉄志摩線の南の終着点になります。特急列車がいっぱい停車していました、ここから名古屋や大阪へ特急1本で帰れるのは便利ですね。


写真使用数:26

←前:9/17:明和町 / イベントトップ / 次:9/25:四日市市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。