本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

近鉄ハイキング:2016.9/17(土):明和町

【コース】(東海の自然歩け歩け大会)
平安のお月見を体感! いつきのみや観月会

明星駅〜呑海工房〜安養寺〜竹神社〜八脚門跡〜斎宮歴史博物館〜さいくう平安の杜〜いつきのみや歴史体験館(観月会)〜斎宮駅(約6km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:近鉄山田線・斎宮駅



 この日は,JRの鈴鹿市のさわやかウォーキングに引き続いて,近鉄の歩け歩け大会に参加です。この時期にしては珍しい,15:00〜16:00スタートの夕方コースなので続けて参加ができました。名古屋からは遠路はるばる2時間ぐらいかかりますが,それでもなかなかの参加者でした。

呑海工房
(約30m地点)



 駅前右手に入ったところに呑海工房があります。伊勢一刀彫の工房として,楠を彫って作られた縁起物のかえるの像などが展示されています。工房の御主人がいろいろと説明をしてくださいました。





 近鉄の線路に沿って,参宮街道を進んでいきます。

安養寺
(約1120m地点)





 鎌倉時代の創建と伝わる古刹で,臨済宗東福寺派。境内にある井戸から「明星水」が湧き,それを求めて多くの人が参拝したといいます。寺に関する文書などが県や町指定の文化財にも指定されています。今日は本堂を自由に入れるようになっていて,寺に関する展示を見ることもできました。

竹神社
(約2780m地点)





 参宮街道を西に進んだところに斎宮ゆかりの神社という竹神社があります。平安時代の延喜式にも名前が出る由緒ある神社といいます。古くからの常夜灯など歴史を感じることができました。

八脚門跡
(約3380m地点)



 斎宮の八脚門という門があったといいますが,案内板があるだけです。







 踏切を渡って,斎宮跡に進んでいきます。古代から南北朝時代にかけて,伊勢神宮に仕える斎王の住居として知られます。現在も発掘調査が行われ,この日は発掘現場の様子も見学することができました。

斎宮歴史博物館
(約4690m地点) [公式HP(外部リンク→)]



 斎宮に関する展示が充実している斎宮歴史博物館に進んでいきます。残念ながら,17:00までの営業ということで,あまりゆっくりは見ることができませんでした。



 ここから東の歴史の道を進んでいきます。和歌が刻まれた案内板が並んで立ち,いにしえを感じることができます。

さいくう平安の杜
(約5940m地点)



 昨年完成したばかりの施設で,昔の斎宮の建物を実物大で復元しています。イベントなども開催されるそうで,斎宮を感じることが出来る施設がまた1つ増えました。

いつきのみや歴史体験館
(約6210m地点) [公式HP(外部リンク→)]



 いつきのみや歴史体験館の前では,お祭が行われていました。特に家族連れで賑わっていました。



 雅楽の演奏などのイベントは,天候の影響で建物の中で行われていました。

ゴール:近鉄山田線・斎宮駅
(約6290m地点)



 そのままゴールの斎宮駅に進みます。駅は最近,斎宮史跡公園側にも出入り口が設けられました。今日はイベントのファイルが配布されていました。



 その後,斎宮跡ではローソクがともされ,幻想的な風景になりました。


写真使用数:19

←前:8/27:京都市 / イベントトップ / 次:9/19:志摩市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。