本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

朝日五私鉄リレーウォーク 第3回:2019.6/2(日)【別日】

【コース】(阪急担当)
〜緑の風を感じて〜初夏の名勝嵐山を行く


阪急・嵐山駅〜嵐山駅前河川敷広場(スタート受付)〜渡月橋〜亀山公園〜落柿舎〜清凉寺〜大覚寺〜広沢池〜JR嵯峨嵐山駅前〜渡月橋〜嵐山駅前河川敷広場(ゴール受付)〜阪急・嵐山駅(約10km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:阪急嵐山線・嵐山駅





 朝日五私鉄リレーウォーク,2019年の3回目は,阪急嵐山駅から京都嵐山のウォーキングになります。久しぶりに阪急嵐山線に乗車し嵐山駅までやってきました。嵐山のウォーキングは,昨年12月にJRのさわやかウォーキングでも訪れ,京都の散策では定番の場所になります。なお,イベント当日は用事があって参加できず,別日のウォーキングとなりました。

嵐山駅前河川敷公園(スタート受付)
(約0.0km地点)





 阪急嵐山駅から北側の桂川沿いまで出て,河川敷公園を抜けていきます。イベント当日はここがスタート&ゴール受付になっていたといいます。入浴施設やお土産屋などが立ち並び,観光客も多くいます。

渡月橋
(約0.3km地点)







 河川敷公園から,目の前の嵐山のシンボルである渡月橋を渡り,風光明媚な嵐山の景色を楽しみます。相変わらず多くの観光客がいました。その後,川沿いに亀山公園を目指していきます。

亀山公園
(約0.9km地点)





 川沿いを進んで,その先の亀山公園を通り抜けていきます。散策している人は外国人観光客がが多いです。





 亀山公園の展望台から保津川のきれいな眺めを楽しむこともできました。他にもいろいろな史跡のある公園で,見所も多いです。







 亀山公園を抜けて北上していくと,有名な竹林の道になります。写真をとる観光客が多いです。ここには俳優の大河内伝次郎が別荘とし,紅葉の名所としても知られる大河内山荘があります。





 竹林の道を抜けて,トロッコ嵐山の駅前を通ります。トロッコに乗る人は今日も盛況でした。この付近は12月に訪れたJRのさわやかウォーキング以来の訪問になります。

落柿舎
(約1.9km地点) [公式HP(外部リンク)→]





 トロッコ嵐山駅からも山すそを北上していきます。御髪神社や常寂光寺など観光地が続いていきます。



 常寂光寺の東には柿落舎があります。江戸時代元禄期の俳人・向井去来の遺跡で,庭に柿の実が一晩にして覆いつくしたことから落柿舎という名前がついたといいます。回遊式庭園があり,句碑もたくさん設けられていて観光客も多く訪れていました。





 ここからも雰囲気のある道を通り抜けて紅葉の名所として知られる二尊院へ。案内の人力車なども走っています。





 さらに昔ながらの住宅地を抜けて東へと進んでいきます。お地蔵様や碑など,道なりにもいろいろな史跡が楽しめるのが京都の町歩きの特徴です。

清凉寺
(約2.7km地点) [公式HP(外部リンク)→]







 嵯峨釈迦堂として知られる浄土宗の寺院で,平安時代10世紀の創建,本尊の釈迦如来は国宝に指定されているという由緒ある寺院です。境内には本堂のほかに阿弥陀堂や多宝塔などがあり,見事な伽藍になっています。境内には湯豆腐屋もありました。





 清凉寺からは進む方向が北になります。一部,市街地調整区域に指定されており,広大な田畑も広がっているエリアになります。

大覚寺
(約3.6km地点) [公式HP(外部リンク)→]







 清凉寺から北上して大覚寺に到着。真言宗大覚寺派の総本山で,嵯峨天皇の離宮を寺に改めたという皇室にもゆかりの深い寺院です。京都郊外にたたずむゆったりとした雰囲気のお寺になっています。



 大覚寺の東側には大沢池が広がっていて,豊かな自然を感じられます。時代劇の撮影にも使われるのだとか。









 大覚寺から先は,京都郊外の田園地帯をぬけていきます。この付近は市街化調整区域になっていて,住宅地とは全く違った様相を見せています。自然の中を楽しくウォーキングすることができました。

広沢池
(約5.9km地点)









 大覚寺から東へ進んで,豊かな自然が感じられる広沢池に到着。釣りなどを楽しんでいる家族連れなどもいて,憩いの場として親しまれている様子が伝わりました。10世紀にかんがい用の池として設けられたのが始まりといい,月の名所としても古くから知られているといいます。







 広沢池からは南下して住宅街に戻っていきます。バスの終点になっている山越を抜け,さらに丸太町通まで来たらこの通りをずっと東に向かって嵐山駅の方に戻っていきます。暑い中のウォーキングとなり,途中コンビニなどで休憩しながら進んでいきます。

JR嵯峨嵐山駅前
(約9.4km地点)



 丸太町通から南下してJRの踏切を渡り,JR嵯峨嵐山の駅前に進んでいきます。





 JR嵯峨嵐山の駅前には,トロッコの嵯峨駅やジオラマ京都などの観光地が集まっています。トロッコの駅にはお土産屋なども併設されていて,観光拠点になっています。







 嵯峨嵐山駅から南に進んで嵐電嵯峨駅前を横に見ながら西に進んでいきます。この付近は,昔と比べてかなりお土産屋などが増えてきた印象です。



 嵯峨嵐山駅から東へ進んでいくと,嵐山の中心部の人通りの多いエリアにやってきました。





 世界遺産の天龍寺の前を通ります。多くの人が訪れています。庭園などが有名です。







 嵐電の嵐山駅前を通り,嵐山の中心部の観光客の多い場所を抜けて渡月橋を渡って進んでいきます。この人の多さが嵐山らしいと言えるかもしれません。

嵐山駅前河川敷公園(ゴール受付)
(約10.5km地点)



 渡月橋を渡って,スタートした河川敷公園に戻ってきました。ここがイベント開催時にはゴール受付になっていたようです。意外と長丁場でしたが,がんばって歩ききることができました。

ゴール:阪急嵐山線・嵐山駅



 阪急嵐山駅から帰宅します。また良い季節にきたいものです。

写真使用数:57

←第2回:5/19:明石市 / イベントトップ / 第4回:9/15:大阪市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。