本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

JRさわやかウォーキング:2020.1/25(土):奈良市【別日】

【コース】
初歩きするなら!平城宮跡から若草山を望んで

近鉄・大和西大寺駅〜平城宮跡(平城宮跡資料館〜第一次大極殿〜朱雀門〜平城宮いざない館)〜ミ・ナーラ(長屋王邸跡)〜特別史跡・特別名勝宮跡庭園〜奈良市総合観光案内所(JR奈良駅旧駅舎)〜猿沢池〜奈良県猿沢イン前(ゴール受付)〜近鉄奈良駅(約6.9km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:近鉄奈良線・大和西大寺駅



 2020年もスタートして,今年もウォーキングをがんばっていきたいと思います。新年最初のさわやかウォーキングのコースは,昨年に引き続いて奈良を訪れるコースとなりました。昨年は奈良公園周辺をめぐるコースになっていましたが,今年は西側の平城宮跡周辺をめぐるコースになっています。スタートは近鉄の大和西大寺駅で,京都線・橿原線・奈良線が集まるターミナル駅になっています。イベント開催日は1月25日でしたが,この日は別のコースをウォーキングしたため別の日のウォーキングとなりました。



 大和西大寺駅の2階はTime's Place西大寺になっており,まるでデパートの食品売り場のような雰囲気です。電車が行き交う様子が見られる展望デッキも設けられていて,家族連れにも人気の施設のようです。



 駅の南口から出てスタートし,最初は線路沿いに歩いていきます。





 橿原線の線路をくぐって,奈良方面に向かう線路に沿って進んでいきます。観光地ということもあって,平城宮跡の案内板が丁寧に設けられていて,迷わずに歩くことができました。

平城宮跡資料館
(約0.8km地点) [公式HP(外部リンク→)]



 大和西大寺駅から線路沿いに進んで踏切を渡って進むと,やがて平城宮跡があります。かつて710年に造営された平城宮があった場所とされ,世界遺産にも指定されています。今は平城宮跡歴史公園として整備されており,建物の復元工事などが行われています。





 まずは平城宮跡資料館を訪れます。平城宮跡の様子を再現した模型や,当時の人たちの生活などの展示があり,奈良時代に思いを馳せることができます。ガイドボランティアの方もいて,じっくりと説明を受けることもできました。





 平城宮跡資料館から東に進んだところには,施設の復元の様子を展示したガイダンス施設があります。色々な技術を使って施設の復元が行われていることがよくわかります。

第一次大極殿
(約1.6km地点)



 続いて国の重要儀式が行われていたという第一次大極殿を訪ねます。平成22年(2010年)に発掘調査などをもとに復元が行われました。中には当時の様子なども展示されていて,見事な建物ということで写真撮影している人も多かったです。





 第一次大極殿からは南下して,広大な平城宮跡の原っぱを歩いていきます。現在,南門の復元工事が行われており,将来的には様々な建物が復元されていくといいます。

朱雀門
(約2.8km地点)





 南に進んで近鉄の踏切を渡り,入口に設けられている朱雀門を通っていきます。ここから南に向けて中心となる朱雀大路が伸びていたといいます。この南には朱雀門広場があり,お土産屋やレストランなども設けられています。イベント開催日は大立山まつりが開催されて賑わうといいます。

平城宮いざない館
(約2.9km地点)







 朱雀門を出て左手には,平城宮に関する展示や休憩室などが設けられた平城宮いざない館があります。ここはできたばかりで初めての訪問となりましたので,いろいろと見学していきました。実際の建物の展示などもあって,見ごたえのある展示が並びます。



 平城宮跡から東に進んでいきます。遠くに若草山も見ることができましたが,少しかすんでいました。

ミ・ナーラ(長屋王邸跡)
(約3.7km地点) [公式HP(外部リンク→)]



 平城宮跡から東に進んで,ショッピングセンターであるミナーラに到着です。元々,長屋王の邸宅があった場所ということで,祠が設けられています。





 ミナーラのショッピングセンターはちょうどよい休憩地点になっていて,フードコートで休憩しました。上層階には若草山を望める展望レストランもあるといいます。



 ミナーラの入口には,長屋王邸跡の案内板があります。長屋王は天皇の親族として強大な力を誇りましたが,藤原四兄弟の陰謀という長屋王の変により自殺したといいます。この付近から出た木簡などが歴史を解明する貴重な資料になっているといいます。

特別史跡・特別名勝宮跡庭園
(約3.8km地点)









 昭和50年の発掘調査により見つかった奈良時代の庭園遺跡であり,国の特別史跡になっています。現在は覆屋を設けて,庭園の修復作業が行われています。貴重な庭園なのでしょうが,観光地としては知られておらず,庭園はがらんとしていました。



 ここから三条通りを東へと通り抜けて,JR奈良駅の方に向かって進んでいきます。

奈良市総合観光案内所(JR奈良駅旧駅舎)
(約5.6km地点)







 三条通を東へ進んでJR奈良駅に到着です。奈良駅の駅前には旧奈良駅の駅舎を利用した観光案内所が設けられています。中にはスターバックスもあって,多くの観光客でにぎわっていました。





 ここから三条通の商店街をさらに東へを進んでいきます。この三条通の商店街は,JRの駅から興福寺や春日大社などに向かうメイン通りになっており,多くの観光客でにぎわっていました。途中には新しくなった観光案内所など,この通りも新しい施設が増えています。



 三条通を東に進んでいくと,やがて東向商店街の入り口に到着します。この付近からは観光地ということもあって,外国人観光客で賑わっています。

猿沢池
(約6.6km地点)





 奈良の中心的な観光地である猿沢池です。外国人観光客でにぎわっています。猿沢池の奥に立つ興福寺の五重の塔のアングルは,奈良の代表的な景色として有名です。

奈良県猿沢イン前(ゴール受付)
(約6.9km地点) [公式HP(外部リンク→)]



 猿沢池の先にある奈良県猿沢インがゴールになっています。今年オープンしたばかりの施設で,外国人観光客向けの施設も設けられているといいます。建物の前には休憩所が設けられており,暖かい気候ということもあってか多くの人が思い思いの時間を過ごしていました。イベント当日はここにゴール受付が設けられるようです。

ゴール:近鉄奈良線・近鉄奈良駅







 ゴールの猿沢インから東向商店街を通り抜けてゴールの近鉄奈良駅に到着します。奈良駅も相変わらずの混雑でした。久しぶりの奈良のウォーキングを楽しむことができました。

写真使用数:40

←前:12/14:宇治市 / イベントトップ / 次:1/25:蒲郡市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。