本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

JRさわやかウォーキング:2019.4/20(土):鈴鹿市

【コース】(TOICAエリア拡大記念)
旧東海道石薬師宿と鈴鹿「植木まつり」を訪ねて

河曲駅〜佐佐木信綱記念館〜石薬師寺〜加佐登神社〜鈴鹿フラワーパーク(鈴鹿植木まつり会場)〜荒神山観音寺〜加佐登駅(ゴール受付)(約9.8km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:JR関西線・河曲駅





 20℃を越えるポカポカ陽気が続いている4月第3週目。土曜日は鈴鹿市を歩くJRのさわやかウォーキングに参加しました。今回は関西線の河曲駅から東海道の石薬師宿をめぐって加佐登駅まで行くコースで,2017年9月に石薬師宿と庄野宿を訪れるさわやかウォーキングに参加していますので,約1年半ぶりになります。スタートの河曲駅は駅舎もない寂しい駅ですが,先日3月にICガードが使えるようになりました。





 河曲駅からはまず川沿いを進んでいきます。きれいな田園風景で,ポカポカ陽気ともあいまって楽しく進むことができました。

佐佐木信綱記念館
(約2.7km地点)





 国道1号線を歩道橋で渡って,旧東海道の石薬師宿に到着。東海道44番目の宿場町で,四日市と亀山の間の貴重な宿場町といいます。小澤本陣跡などの史跡や,この地出身の佐々木信綱による短歌が沿道を彩る信綱かるた道などがあります。





 進んだ先には佐佐木信綱資料館があります。歌人であり国文学者としても知られる佐佐木信綱(1872〜1963)の資料館で,彼に関連する展示が並べられ(写真撮影はできなかった),隣接して信綱の生家が保存されています。隣接して和菓子屋さんが出張販売しており,卯の花もちが販売されていました。



 佐佐木信綱記念館の先では,信綱かるた道の碑があり,資料を配布しているボランティアのかたがおられました。信綱の短歌を味わいながら宿場町を進んでいくことができます。

石薬師寺
(約3.4km地点)







 旧東海道を進んで,国道1号線を越える橋を渡った先には石薬師寺があります。真言宗東寺派の寺院で,神亀3年(726年)の創建という古刹です。東海道を行き交う人々によって崇敬されたといい,本尊秘仏の石薬師が鈴鹿市の指定文化財に,薬師堂が三重県の文化財に指定されています。



 石薬師寺から先に進んで川を渡った先には一里塚が設けられています。旧東海道とはここで分かれて,西の加佐登神社を目指します。





 加佐登神社へは住宅地などを抜けて進む道です。途中では常夜灯などの文化財や,高台からの景色などを楽しむことができました。

加佐登神社
(約6.1km地点)



 次のスポットである加佐登神社に到着です。入口には遅咲きの桜がお出迎えしてくれました。





 創建は不詳ですが古くは御笠殿(みかさどの)社と呼ばれ,日本武尊が祀られているという白鳥塚古墳の近くに設けられたという由緒ある神社です。この付近は能褒野(のぼの)と呼ばれ,日本武尊にまつわる史跡が多い場所としても知られています。境内では多くの人が休憩をしていました。





 加佐登神社からは裏手の山道を抜けて進みます。つつじがちょうど見ごろを迎えていて花を楽しみながら進んでいきます。奥には日本武尊が祀られているという県の史跡である白鳥塚古墳があります。



 加佐登神社からでて,次のスポットである鈴鹿フラワーパークへの道は,神社の南に設けられた白鳥湖という池のそばを歩いていきます。爽快なウォーキングが楽しめましたが,汗ばむ陽気となってしまいました。

鈴鹿フラワーパーク(鈴鹿植木まつり会場)
(約7.2km地点)









 そのまま池沿いを進んで,鈴鹿フラワーパークに到着。花壇などが整備された公園になっていて,家族連れも多く市民の憩いの場になっていました。芝生広場では遅咲きの桜も楽しむことができました。ちょうど時間ということもあり,昼食を取っている人も多かったです。





 奥の広場では鈴鹿植木まつりが行われています。各種の植木や花などが販売されていて賑わっていました。植木だけでなく鈴鹿市のグルメなどを楽しめるブースもあって,ゆっくりと過ごすことができました。

荒神山観音寺
(約7.6km地点)







 鈴鹿フラワーパークから湖沿いに西に進んだところには荒神山観音寺があります。西暦812年に弘法大師が日本武尊の霊を祀るために仏像を祀ったのが始まりという歴史ある寺院です。境内はつつじも見ごろを迎えていて,ゆっくりとした時間を過ごすことができました。





 荒神山観音寺からは住宅地などを抜けてゴールの加佐登駅を目指します。電車が1時間に1本しかないので,時間に気をつけながら戻ります。

ゴール:JR関西線・加佐登駅(ゴール受付)
(約9.8km地点)





 名古屋方面の快速に乗車して戻ります。この日はイベント開催日ということもあり,4両編成で運転されていました。名古屋まで直通で帰れるので意外と便利です。多くの人が利用していて大混雑でした。

写真使用数:34

←前:4/13(別日):駒ケ根市・飯島町 / イベントトップ / 次:4/30(別日):高山市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。