本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

JRさわやかウォーキング:2019.12/7(土):豊橋市

【コース】
もみじ寺「普門寺」と二川宿グルメウォーキング

新所原駅〜普門寺〜商家「駒屋」〜二川宿本陣資料館〜二川駅(ゴール受付)(約7.8km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:JR東海道線・新所原駅







 いよいよ2019年も12月になってしまいました。12月最初の土曜日は,豊橋市東部を歩くさわやかウォーキングにチャレンジしました。冬というのにあまり寒くなく,今年は暖冬傾向のようです。スタートは東海道線の新所原駅で,ここはもう静岡県湖西市になります。天竜浜名湖鉄道の始発駅になります。天気がよくて紅葉も見ごろということで,多くの人がスタートの新所原駅に集まっていました。



 まずは線路の北側の県道を西に向かって進みます。少し進んだところで,静岡県から愛知県豊橋市に入っていきます。





 少し進んだ先から右折して山の方に向かって北上していきます。山の景色を楽しみながら農村風景の中を進んでいきます。

普門寺
(約2.8km地点) [公式HP(外部リンク→)]









 「豊橋のもみじ寺」として豊橋市東部の紅葉の名所として知られる普門寺に到着です。紅葉に彩られた参道を進んでいきます。普門寺は高野山真言宗の古刹で,神亀4年(727年)に行基による創建と伝え,源頼朝や徳川家康にも保護されたといいます。







 山門の周辺ではマルシェが開かれており,東三河のグルメを楽しむことができました。五平餅などが販売されています。









 階段を上がって本堂の方に進んでいきます。この付近もちょうど紅葉が見ごろを迎えていました。



 下って戻る途中の宝物殿は特別公開が行われていました。重要文化財の仏像などを見学することができました。

二川宿に向かって歩く







 普門寺からは二川宿に向かって下り坂を進んでいきます。途中では豊橋市東部の眺めも楽しむことができました。



 幹線道路を通って二川宿へ進んでいきます。

商家「駒屋」
(約6.5km地点) [公式HP(外部リンク→)]











 二川宿にあったかつての商家を修復・公開している施設で,カフェなども併設されている観光地になっています。イベント開催日はヤマサちくわなどの豊橋名物も販売されていました。この付近は昨年10月のさわやかウォーキングのコースでも訪問しました。







 二川宿を通り抜けて西へと進んでいきます。途中ではコロッケなどのグルメが販売されていて,多くの人が買い求めていました。

二川宿本陣資料館
(約6.8km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 かつての本陣の建物を利用した資料館で,二川宿の歴史についても学ぶことができます。昨年10月のさわやかウォーキングで中の見学を行いましたので,今回はパスしました。





 さらに二川宿のグルメを楽しみながら西に進んでいきます。なかなかにぎわっているお店もありました。





 コース終盤は踏切を渡り,川沿いの道を進んでいきます。

ゴール:JR東海道線・二川駅(ゴール受付)
(約7.8km地点)





 ゴールの二川駅に無事に到着。訪問スポットは少なかったですが,1つ1つの見所が魅力的なコースでした。帰りは東海道線の電車で帰宅します。豊橋駅まで1駅6分で戻ることができるので,交通は便利なところです。

写真使用数:37

←前:11/30:養老町 / イベントトップ / 次:12/8:名古屋市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。

















































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>