本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

JRさわやかウォーキング:2019.9/15(日):紀北町・尾鷲市

【コース】(熊野古道世界遺産登録15周年記念)
奇跡の川「銚子川」と熊野古道「馬越峠」

相賀駅〜銚子橋〜道の駅「海山」〜夜泣き地蔵〜馬越一里塚〜馬越峠〜桜地蔵〜馬越公園〜尾鷲神社〜尾鷲駅(ゴール受付)(約7.8km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:JR紀勢線・相賀駅





 JRのさわやかウォーキングも2019年秋の部が始まっております。今回は三重県の世界遺産・熊野古道の伊勢路の中で最もポピュラーなコースである馬越峠を訪れるコースです。熊野古道は5月のさわやかウォーキングで熊野市の松本峠を訪れましたが,それに続いてとなります。イベント実施日は,関西方面にウォーキングに行ったために別日のウォーキングとなりました。スタート駅は紀勢線の相賀駅で普通列車のみの停車です。小さな無人駅になります。





 相賀駅からはしばらく相賀地区の集落を抜けて進んでいきます。少し進んだところには休憩施設になっている紀北教育会館もあります。

銚子橋
(約1.0km地点)







 相賀駅前の集落を抜けて国道まで進んでくると,銚子橋が見えてきます。下を流れる銚子川は潜らなくても水深3mまで見られるきれいな川といい,奇跡の川とも呼ばれています。美しい山河の景色を楽しみながら進むことができました。



 川を渡った先には紀北町海山地区の中心となる海山バスターミナルがあります。松阪と熊野市を結ぶ長距離の路線バスも停車します。ウォーキングのときもちょうど熊野市まで行くバスが停車していました。



 ここから道の駅「海山」までは国道歩きになります。ひたすら国道42号線を進んでいきます。幹線道路を言うこともあって,車の交通量は多いです。

道の駅「海山」
(約2.0km地点)







 尾鷲などの名産品が販売されている道の駅です。トイレなどもあるのでここで一息ついて峠を目指します。とても暑かったことから,ここで水を購入して進んでいきます。食事処もあるので,ここを拠点に色々とすることができそうです。





 道の駅から500mほど国道を進んでいった先には馬越峠の登り口があります。駐車場も数台分あり,ここに車を止めて峠歩きを楽しむこともできそうです。ここにはバス停もあり,バスでアクセスすることもできます。





 峠からは見事な石畳の古道を歩いていきます。昔ながらの道に思いをはせながら進んでいきます。峠道は途中に「〇/22」などの案内標識が立っており,進んだ目安も知ることができて歩きやすいです。他にも歩いている人がちらほら見られました。

夜泣き地蔵
(約3.2km地点)





 元々は旅の安全を願う地蔵だったようですが,やがて子供の夜泣き封じにも霊験があるということで信仰されている地蔵さまです。立派な石造りの祠の中に収められています。

馬越一里塚
(約3.6km地点)



 夜泣き地蔵から少し進んだ先,こんもりとした丘のようなところが一里塚の跡といいます。案内板がないと見逃してしまいます。





 ここからいよいよ峠に向けてきつい上りの石畳の道になります。ずっと上りが続くということで必死にがんばって登っていきます。



 急な登り坂を登り切った先には,林道との合流点があります。ここには景色のよい休憩場所も設けられています。景色を見るとずいぶん登ってきたことがわかります。



 林道との合流点からさらに進んでいきます。きつい上りのピークは越えたので,少し安心して進んでいきます。標識なども整備されていて迷わないように工夫がされています。

馬越峠
(約4.3km地点)





 今回のピークの馬越峠に到着。標高は325mでだいぶん登ってきました。峠は眺望はあまりありませんが,観光客が多いのか休憩所がたくさんあります。峠には幕末の近江の俳人という桃乙の句碑が設けられています。また,天狗倉山への登山道がここから伸びています。ここでじっくりと休憩して,先に進んでいきます。





 馬越峠から先は一転して下り坂を進みます。石畳ですべらないように慎重に進みます。途中には休憩のベンチが多く設けられていました。

桜地蔵
(約4.9km地点)





 周辺に桜がたくさんあることから,この名前がついた地蔵尊です。熊野古道を行き交う人々を見守っている様子が伝わってきます。

馬越公園
(約5.4km地点)







 石畳の下り坂を進んでいくと,やがて馬越公園に到着します。道から右手に入った先には尾鷲市街の眺望を楽しめる東屋があります。列車の時刻の都合もあって,ここでゆっくりと休憩して景色を楽しみました。



 公園の道を下っていくと,馬越峠の尾鷲側の入口があります。ここまでが世界遺産に登録された正式な熊野古道のようです。



 ここには案内所があります。無人でしたが,パンフレットなどを手に入れることができました。人が多いときはここにもガイドなどがいるのかもしれません。



 進んだ先には行者堂があり,不動滝への分岐点があります。昔ながらの信仰を感じられる場所になっています。







 ここからは尾鷲市街を下に望みながら下り坂をずんずん進んでいきます。途中には観光客向けのカフェなどもあって,熊野古道の景色を楽しみながら休憩することもできるようになっていました。

尾鷲神社
(約6.6km地点) [公式HP(外部リンク→)]







 坂道を下って進んでいくと,やがて尾鷲神社に到着します。尾鷲の中心的な神社で,樹齢1000年という楠の神木がシンボルになっているといいます。立派な社叢もあり,神聖な雰囲気を感じさせる神社になっています。



 尾鷲神社に隣接して,立派な建物が並ぶ金剛寺があります。かつては尾鷲神社と一体の存在だったといいます。







 ここから北川橋を渡り,熊野街道の道を南下していきます。イベント開催日は,この区間は八幡神社のお祭りが行われていて,お店などが立ち並ぶといいます。熊野街道の案内所などもありますが,暑いせいか人は少なめになっています。





 ここから尾鷲駅までは商店街を抜けて進んでいきます。昔ながらのお店が立ち並ぶ商店街になっていて,人はあまりいません。

ゴール:JR紀勢線・尾鷲駅(ゴール受付)
(約7.8km地点)





 そのまま商店街を進むと,ゴールの尾鷲駅に到着します。尾鷲市の中心駅で,特急も止まるこの付近では拠点となる駅です。ここから紀勢線の列車に乗って戻っていきます。本数が少ないので時間に気をつけて乗車します。地元の人たちでなかなか混雑していました。名古屋までは4時間ほどの所要時間で,のんびり帰宅します。

写真使用数:49

←前:9/14:下條村・飯田市 / イベントトップ / 次:9/22:田原市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。

















































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>