本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

JRさわやかウォーキング:2018.5/3(木祝):宮田村・駒ケ根市【別日】

【コース】
宮田宿をめぐり,新緑の中央アルプスを仰ぎ見て清流太田切川の水辺散策ウォーク

宮田駅〜宮田宿〜北川製菓〜こもれ陽の径〜マルスウイスキー〜こまくさ橋〜駒ヶ根ファームズ(ゴール受付)=(バス)=駒ヶ根駅(約6.6km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:JR飯田線・宮田駅





 駒ヶ根駅からさらに北へ2駅。今回は長野県宮田村をウォーキングするさわやかウォーキングのコースを歩きました。



 駅前にある広場では,ちょうど花が見ごろになっていました。ポカポカ陽気の中を進んでいきます。

宮田宿
(約0.2km地点)





 まずは宮田宿を訪れます。伊那街道の宿場町として,善光寺参りに訪れる人たちによって賑わったといいます。昔ながらの建物が残されており,風情が感じられます。

北川製菓
(約3.9km地点) [公式HP(外部リンク→)]



 宮田宿から太田切川の北を西に向かって進みます。途中には宮田宿本陣の旧新井家住宅があります。かつて宮田宿にあった本陣の建物を移築,復元した建物です。







 旧新井家住宅の先にはふれあい広場があります。入口のつつじがちょうど見ごろで,楽しむことができました。広場の中には特産品の販売所も設けられています。イベント当日には宮田村によるイベントも行われるといいます。





 ふれあい広場から中央高速の高架をくぐった先には北川製菓の駒ケ岳工場があります。目の前には直売所が設けられており,テレビで話題になったアイスドーナツなどが販売されていました。通信販売でも購入することができるそうです。

こもれ陽の径
(約4.6km地点)





 北川製菓からさらに西へ。中央アルプスに向かって進んでいきます。その先にはこもれ陽の径の東エリアがあります。





 こもれ陽の径では川沿いの楽しいウォーキングができました。

マルスウイスキー
(約5.3km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 こもれ陽の径を抜けて南下した先にマルスウイスキーの工場があります。ウイスキーの試飲などが楽しめるそうですが,15:30で受付終了していました。

こまくさ橋
(約6.3km地点)



 マルスウイスキーからは太田切川沿いに進んでいきます。清流を眺めながらこまくさ橋を目指します。





 こまくさ橋からは中央アルプス,南アルプスの2つの山並みと豪快な川の景色を楽しむことができました。

駒ヶ根ファームス(ゴール受付)
(約6.6km地点)





 こまくさ橋を渡ると駒ヶ根ファームスはすぐです。近くの公園では桜の花も楽しむことができました。



 駒ヶ根ファームスの前には農産物の直売所もあり,観光客もいました。





 ゴールの駒ヶ根ファームスです。1階がおみやげ店で,2階は地ビールレストランになっており,中央アルプスの観光に訪れる人の基地になっていることから,なかなか賑わっていました。



 駒ヶ根ファームスの側には菅の台バスセンターがあり,駒ヶ根駅まで休日は30分ごとにバスが運転されていてアクセスは便利です。清流と山並みを楽しめたウォーキングでした。

写真使用数:26

←前:4/28:塩尻市・木祖村 / イベントトップ / 次:5/12(別日):大桑村→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。