本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

JRさわやかウォーキング:2017.5/21(日):瑞浪市

【コース】
風薫る山城・鶴ヶ城跡と櫻堂薬師を訪ねて

瑞浪駅〜八幡神社と土岐市一日市場館跡〜木暮津島神社(農村舞台)〜恵比寿大黒天〜鶴ヶ城跡〜櫻堂薬師〜きなぁた瑞浪〜土岐川堤防(水辺の楽校)〜土岐頼貞の墓〜瑞浪駅(ゴール受付)(約9.3km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:JR中央線・瑞浪駅



 暑い1日となった5月の日曜日。この日は多治見では5月なのに32℃近くまで温度が上がったそうです。暑い中ですが,ウォーキングはがんばりました。名鉄ハイキングに続いて,瑞浪市のさわやかウォーキングにチャレンジします。



 駅前の商店街を抜けて進んでいきます。ちょっとシャッターが多くてさびれている感じですね。

八幡神社と土岐氏一日市場館跡
(約0.6km地点)





 この付近を支配した土岐氏の館跡があります。現在は八幡神社がまつられています。



 境内にはこの地出身という明智光秀の像が建てられています。この付近では信奉されているのでしょうか?







 ここからしばらくは下街道沿いにウォーキングしていきます。眺めのいいところもあり,史跡なども多く設けられており,歩いていて楽しい道です。ただ,暑くて参りました。

木暮津島神社(農村舞台)
(約2.7km地点)





 中央道を高架でくぐって,坂を上ったところに木暮津島神社があります。立派な農村舞台があります。





 この付近は,寺社などの史跡も多く,景色もよくてなかなか歩いていて楽しい道です。

恵比寿大黒天
(約3.4km地点)





 立派な大黒天がまつられていました。

鶴ヶ城跡
(約3.7km地点)



 土岐氏によって設けられたという山城で,史跡になっています。城跡は山頂の方にあるみたいですが,今回はふもとのみとしました。





 ここからJRの踏切を越え,国道をくぐって橋を渡り,すすんでいきます。

櫻堂薬師
(約6.0km地点)







 瑞櫻山法妙寺薬師堂とも呼ばれ,1300年の歴史を誇るという古刹です。寛文7年(1667年)に中興され,立派な建物が見事です。

きなぁた瑞浪
(約6.5km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 下ってきなぁた瑞浪に到着します。地元の農作物の販売などが行われ,賑わっていました。

土岐川堤防
(約7.6km地点)





 土岐川の堤防に沿って進んでいきます。小川が整備され,自然を感じながら歩くことができるように工夫されていました。

土岐頼貞の墓
(約8.4km地点)





 地元の方がガイドされていました。土岐氏中興の祖と呼ばれる人物の墓で,岐阜県の史跡にも指定されています。

ゴール:JR中央線・瑞浪駅(ゴール受付)
(約9.3km地点)



 暑くてとても苦労しましたが,何とか無事にゴールに到着しました。これからの季節のウォーキングは,熱中症にも気をつけていかなければいけませんね。


写真使用数:27

←前:5/7:清須市 / イベントトップ / 次:6/18:関市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。