本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

JRさわやかウォーキング:2017.11/25(土):四日市市

【コース】(四日市市制120周年記念)
家族みんなで楽しめる四日市旧港街歩き

四日市駅〜思案橋〜稲葉翁記念公園〜プロムナード〜ボードウォークと壁面・桟橋〜臨港橋〜末広橋梁〜納屋防災緑地〜本町プラザ〜四日市駅(ゴール受付)(約6.6km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:JR関西線・四日市駅





 きれいな秋晴れとなった11月最後の土曜日,近鉄ハイキングに続いてJRのさわやかウォーキングに参加しました。今回は四日市駅から四日市の旧港をめぐるコースです。四日市駅前にはお店が出ていて歓迎ムードでした。

思案橋
(約0.9km地点)





 徳川家康が本能寺の変で大坂堺から自分の領地に戻る際,この地で陸路をとるか海路をとるか悩んだため,この橋の名前がついたそうです。今は橋はなく,復元されたものがあります。





 ここから四日市港に入っていきます。

稲葉翁記念公園
(約1.7km地点)



 四日市港の祖と呼ばれる稲葉三右衛門の碑が設けられている公園で,碑は重要文化財にも指定されています。



 公園からは四日市港の潮吹き防波堤を眺めることができます。

プロムナード
(約1.9km地点)





 四日市の海沿いに整備された遊歩道を進んでいきます。





 その後,橋を渡って貨物線の線路沿いに進んでいきます。

ボードウォークと壁画・桟橋
(約3.5km地点)





 四日市港の中心部に進んでいきます。





 四日市港の桟橋には壁画が描かれています。また,港の眺めも良く,停泊している清掃船の見学も行うことができました。

臨港橋
(約4.0km地点)





 昭和7年に始めて設けられたという可動の跳ね上げ橋です。現在は3代目で平成3年に設けられました。橋の上に車を止める踏切があり,橋の下にも船用の信号が設けられるなどおもしろいです。

末広橋梁
(約4.4km地点)





 国の重要文化財になっている現役最古の開閉式可動橋です。今もここを船と貨物列車が通過していきます。



 港の倉庫群をみながら,駅の方に戻っていきます。

納屋防災緑地
(約5.5km地点)



 緑地を通り抜けていきます。遊具も設けられていましたが,遊んでいる子供はいませんでした。





 ここから駅に戻る途中では,鯨船明神丸山車と大入道山車という2つの山車の見学を行うことができました。

本町プラザ
(約6.3km地点)





 踏切を渡って,駅の方に進んでいきます。

JR関西線・四日市駅(ゴール受付)
(約6.6km地点)





 ゴールの四日市駅に無事に到着しました。駅では亀山運輸区の紹介パネルが設けられていました。


写真使用数:27

←前:11/12:土岐市 / イベントトップ / 次:12/3:瀬戸市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。