本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

JRさわやかウォーキング:2017.10/21(土):恵那市

【コース】
旅情を詠む中山道と恵那の栗きんとん味わいウォーキング

武並駅〜藤村高札場〜紅坂一里塚〜四ツ谷休憩所〜槇ヶ根追分〜西行の森〜西行塚〜中野観音堂〜恵那駅(ゴール受付)(約10.9km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:JR中央線・武並駅



 約1ヶ月ぶりのさわやかウォーキングの参加となります。今回は中央線の武並駅から中山道を通って恵那に向かうコースです。台風21号接近のため,土曜日から雨の中のウォーキングとなってしまいました。







 武並駅からはまず中山道に向かって進んでいきます。景色はなかなかよく,東濃の自然を感じながら歩いていきます。

藤村高札場
(約2.1km地点)







 藤村の高札場に到着。ここからは中山道のウォーキングとなり,史跡が多く見られる場所になります。雨が降っているので屋根付きの休憩場所はありがたかったです。俳句の投函箱が設けられており,休憩所には俳句がたくさんかかげられていました。





 3つの神様が祀られている三社燈籠や石畳の中にあるぼたん岩など見所がたくさんあっておもしろいです。この雨の中ボランティアガイドの方も立ってください。本当に恐れ入ります。

紅坂一里塚
(約3.2km地点)



 岐阜県の史跡に指定されている一里塚です。また築山が残っています。



 東海自然歩道の案内板にしたがってしばらく山道を進んでいきます。そのあと,四谷の集落に出てきました。

四ツ谷休憩所
(約4.2km地点)





 休憩所では,もてなしを受けることができ,五平餅や豚汁の販売などがありました。雨で疲れた体にはとてもありがたかったです。





 その後も中山道の史跡を見ながらの楽しいウォーキングをすることができました。天気にめぐまれませんでしたが,楽しいコースです。

槇ヶ根追分
(約6.3km地点)





 春日井,名古屋方面に向かう下街道と中山道との分岐点にあたる追分です。昔は茶屋が設けられていて,その跡が残っています。ここでもガイドの方が雨の中説明されていました。

西行の森
(約7.4km地点)







 ここにも休憩所があり,ボランティアの方にお世話になりました。残念ながらこの天気なので眺望は全然ダメでした。

西行塚
(約7.8km地点)





 各地に伝説がある西行法師の塚のうちの1つです。コースから少し外れたところにありました。







 ここから恵那市の中心部の旧大井宿に向かって下っていきます。途中にはやはり西行関連の史跡もありました。

中野観音堂
(約10.2km地点)



 中山道に祀られている観音堂です。ここまで来ればゴールまであと少しです。





 ここから恵那駅までは,旧中山道沿いの古い建物も見ながらの昔ながらの町並みを感じさせるウォーキングでした。途中には栗きんとん屋さんもあって,この時期のグルメも楽しめました。



 恵那駅から南に行った位置にある中山道広重美術館では,浮世絵の特別展が行われていました。通常は820円のところを500円で入場することができました。

JR中央線・恵那駅(ゴール受付)
(約10.9km地点)







 雨で大変でしたが,何とかゴールの恵那駅に到着です。中々楽しいコースでした。駅前の物飯店のえなてらすでは,恵那市の名物の栗きんとんも販売されていました。


写真使用数:22

←前:9/24:大府市 / イベントトップ / 次:11/12:土岐市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。