本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

JRさわやかウォーキング:2016.9/10(日):垂井町

【コース】
美濃垂井・宮代古道と「中山道垂井宿まつり」を訪ねて

垂井駅〜大領神社〜南宮大社〜朝倉山真禅院〜垂井一里塚〜中山道垂井宿まつり会場〜垂井の泉〜金蓮寺〜GURUMAN VITAL(パンの森)〜垂井駅(ゴール受付)(約9.3km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:JR東海道線・垂井駅



 秋になり,約3ヶ月ぶりのさわやかウォーキングに参加です。秋の最初のコースは垂井町を訪ねるコースで,岐阜市を歩く名鉄ハイキングが終わった後に参加しました。少し暑いですが秋晴れのいい天気です。



 新幹線の線路を望む田園地帯を進んでいきます。山並みがきれいです。

大領神社
(約1.5km地点)





 次に訪れる南宮大社の摂社の神社です。地元の神社で,人は全然いませんでした。

南宮大社
(約2.5km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 美濃の国の一宮として知られ,地域の拠点となっている神社です。朱塗りの門など趣きがある建物が並び,雰囲気を感じさせます。ウォーキング以外の参拝客も多かったように感じました。



 ここから古くからの住宅地を抜けて進んでいきます。大分気温が上がって暑くなってきました。

朝倉山真禅院
(約3.7km地点) [公式HP(外部リンク→)]







 8世紀に行基菩薩によって創建されたという天台宗の古刹で,重要文化財の三重塔や梵鐘などが見どころになっているお寺です。元々は南宮大社の神宮寺だったといい,古くからの信仰を感じさせます。本堂は工事をしていました。





 休憩のポイントになっている運動公園です。野球チームが練習をしていました。ちょうど昼どきということもあって,休憩している人が多かったです。

垂井一里塚
(約5.2km地点)





 旧中山道に設けられていた一里塚の跡です。昔の街道をしのぶことができます。昔ながらの一里塚が現存しているのは珍しく,国の史跡に指定されています。また近くには日守のお茶所があります。関ヶ原の戦いの際に浅野幸長が陣を置いたという跡もあり,この付近は史跡の宝庫になっています。



 ここから国道と東海道線の線路を陸橋で渡ります。遠くの山並みがきれいに見えていました。

中山道垂井宿まつり会場
(約6.8km地点)



 中山道をそのまま東に進んでいくと,旧垂井宿に到着します。昔ながらの民家が建っていました。







 垂井宿の周辺では,中山道垂井宿まつりが行われていて,多くのひとで賑わっていました。山車や模擬店,イベントなどで盛り上がっていて,いろいろと楽しめました。

垂井の泉
(約7.8km地点)



 垂井という地名の由来にもなったという泉で,岐阜の名水50選にも指定されています。昔から茶会にも使われたという伝統的な泉です。

金蓮寺
(約8.4km地点)



 行基が創建し,1410年に再建されたという時宗の寺院です。若くして室町将軍から命を奪われた足利春王丸,安王丸の終焉の地といいます。

GURUMAN VITAL(パンの森)
(約8.8km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 垂井町で話題になっているパン屋さんで,カフェも併設されています。ウォーキングがあるからというわけではありませんが,人気店らしく多くの人で賑わっていました。

JR東海道線・垂井駅(ゴール受付)
(約9.3km地点)





 無事にゴールの垂井駅に到着。ゴール受付は改札口の目の前で行われていました。楽しくウォーキングをすることができました。30分に1本の電車だったので,しばらく待たされてしまいました。


写真使用数:25

←前:6/18:関市 / イベントトップ / 次:9/24:大府市→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。