本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

JRさわやかウォーキング:2016.9/17(土):鈴鹿市

【コース】
鈴鹿バルーンフェスティバル2016と東海道の庄野宿と石薬師宿を巡る

加佐登駅〜庄野宿資料館〜鈴鹿バルーンフェスティバル2016会場〜石薬師寺〜佐佐木信綱資料館〜河曲駅(ゴール受付)(約8.9km)


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:JR関西線・加佐登駅



 先週に引き続いて,さわやかウォーキングにチャレンジです。今回は関西線の加佐登駅から鈴鹿市のウォーキングです。関西線は本数が少なくてなかなかアクセスには苦労します。小さな加佐登駅はウォーキングの客で賑わっていました。台風の襲来もなく,曇りのウォーキング日和となりました。

庄野宿資料館
(約0.9km地点)



 関西線の踏切を越えて少し進むと,東海道45番目の宿場町として栄えた庄野宿の入り口が見えてきます。歌川広重の浮世絵でも有名だそうです。



 旧街道を進んでいくと,左手に庄野宿資料館があります。庄野宿の膨大な資料が展示されているほか,建物は市指定の文化財である旧小林家になっていて,昔の街道沿いに立っていた商家の様子を知ることができます。



 街道沿いには庄野宿本陣跡などの史跡が見られますが,古い住宅はそれほど多くはありません。昔のたたずまいはあまり残っていませんが,名残を感じることはできました。

鈴鹿バルーンフェスティバル2016会場
(約1.7km地点) [公式HP(外部リンク→)]





 庄野宿をぬけると,やがて鈴鹿川を渡って川沿いの道になります。





 バルーンフェスティバルの会場は模擬店やホンダの車などが出ていて,多くの人で盛り上がっていましたが,残念ながら肝心のバルーンがない。午前中は10時でおしまいだったようで見れなかったです。とても残念。

石薬師寺
(約5.2km地点) [公式HP(外部リンク→)]



 鈴鹿川を再び渡って進むと,やがて東海道の石薬師宿に到着です。庄野宿の前の44番目の宿場町になります。入口には一里塚が設けられているほか,ここでボランティアガイドの方から信綱かるた道のガイドを配布いただけました。ここの宿場町はガイドさんたちの親切度がなかなかです。





 宿場の中央にある石薬師寺に到着です。約1200年の歴史を誇るという古刹で,宿場町の名前もこの寺によります。本堂は県指定の文化財になっており,境内には東海道を行き交ったであろう芭蕉をはじめ,たくさんの歌碑が設けられています。

佐佐木信綱資料館
(約5.8km地点)



 石薬師宿を進んでいくと,途中に佐佐木信綱記念館があります。明治5年に石薬師生まれの国文学者として知られる佐佐木信綱は,6歳から短歌を作り始め,万葉集の研究でも知られ,文化勲章も受賞しました。その佐佐木信綱の生涯に関する展示を見ることができます。石薬師の宿は,街道沿いを信綱かるた道と称して信綱の短歌が書かれた案内板が設けられており,地元の人たちに愛されている様子が伝わります。





 石薬師宿も,旧本陣の小澤家や地蔵堂など史跡が多く残されており,ていねいに案内板も設けられていることから歴史を感じながらウォーキングを楽しめました。

JR関西線・河曲駅(ゴール受付)
(約8.9km地点)



 石薬師宿をぬけて国道1号線を越えた先からは,川沿いの爽快なウォーキングとなります。ただ,風はなくて暑かったです。





 ゴールの河曲駅は小さな駅ですが,ウォーキング客で賑わっていました。四日市までのノンストップの臨時列車が運転され,戻ることができました。


写真使用数:17

←前:9/11:米原市 / イベントトップ / 次:9/22:蟹江町→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。