本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県あま市:篠田コースSHINODA

2015年5月探訪。2017年3月31日作成

【コース】 距離:約8.9km
 美和地区南部の木田・北苅・篠田・小橋方・乙之子地区をめぐります。豊臣秀次ゆかりの貴船社などの社寺と蟹江川沿いの遊歩道をめぐります。

名鉄・木田駅〜福田寺〜(木田)八剱社〜(北苅)白山社〜福昭寺〜(篠田)白山社〜桑光寺〜福栄寺〜弘誓寺〜縣明社〜泉正寺〜貴船社〜蟹江川沿い遊歩道〜八原公園〜葛ノ葉稲荷社〜並木道〜リバーサイドガーデン〜名鉄・木田駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄津島線・木田駅



 前コースに引き続き,名鉄津島線の木田駅がスタート駅です。特急を含め全列車が停車し,須ヶ口駅から3駅7分,名鉄名古屋駅から20分程度の所要時間となります。本数は1時間に4〜6本あり,アクセスは便利です。前回のコースと同様に木田駅の北側改札口から出てスタートします。

福田寺
木田小兵衛前68 [公式HP(外部リンク→)]





 駅の北口から出て左に進み,300mほど西に進んだ2本目の筋を左折して踏切を渡るとすぐ右手に福田寺(真宗大谷派)があります。木田山と号し,平安時代中期に木田村の北方に天拝山大華寺と称する天台宗の寺院として創建されました。しかし,水害により本堂を含む七堂伽藍が流出したため現在地に移転し,天文8年(1539年)に浄土真宗に改宗されました。その後,天正9年(1573年)に近江国長澤村(現在の滋賀県長浜市近江地区)の長澤御坊福田寺より行珍法師が招かれて堂宇が再興され,寺名も福田寺に改められたといいます。本堂は濃尾地震後の明治25年(1892年)頃に再建されたものといい,平成15年(2003年)頃に改修が行われています。この東側は太平洋戦争末期に木田空襲があり全焼22件の被害が出ました。境内墓所には『源平盛衰記』にも名が見えるという木田一族や,江戸中期の国学者で本居宣長に師事した大舘高門の墓があります。

木田八剱社
木田宮東16





 福田寺から200m弱南下すると,左手に木田八剱社があります。創建は不詳ですが,平安時代末期にこの付近を支配したという源氏の一族である木田重長を祀ったのが起源であるという説があります。社宝には五具の釜があり,これは当初は1つが占いに用いられていたが,この神社に祀られている5つの祭神になぞらえて享和2年(1802年)に5つの釜が鋳造されたもので,寄進者の名前がフルネームで残されています。これは当時,幕府によりむやみに名字帯刀を許してはいけないというお触れが出て,名字を後世に残すために奉納したともいわれています。このうち2つの釜が大舘家の名前が見え,大舘家が中心になって奉納したと考えられています。10月第2日曜日に行われている木田の湯の花神事[市民俗]は尾張地方によく見られた神事で,奉納された釜を用いて神前で湯をわかし,厄病除けを願って湯をいただくものです。ここの湯の花神事は直に釜穴を掘るなど昔ながらのスタイルを継承して行われると貴重なもので,市の民俗文化財にも指定されました。

(北苅)白山社
北苅上深坪71





 八剱社から北に戻って2本目の筋を左折し,そのまま道なりに600mほど西に進むと(北苅)白山社があります。万延2年(1861年)寄付という真鍮製金皿を蔵しているといいます。創建は不詳ですが,北苅村の氏神として崇敬されたと考えられています。北苅地区も条里制の区割りを今に留める地区で,戦国時代にも「北かりの郷」として名前が知られており,古くからの千切り干しの産地として知られたといい下小田井の市から出荷されていました。また明治30年(1897年)以降,この村からアメリカへ移民するものが数人いて財をなして帰宅したといい,それを支援した宇佐美卯兵衛の碑が近くの民家に建てられているといいます。



 白山社手前の交差点を左折して50mほど南下すると福昭寺(真宗大谷派)があります。水谷山と号し,文久2年(1862年)に宇佐美正念を開山として創建されたといい,当初は説教所でしたが,昭和27年(1952年)に現在の寺号に改称されたといいます。



 福昭寺の前の十字路を左折して少し進んだ先にはお地蔵さんが祀られています。古くからの住宅地の信仰を感じさせる場所になっています。

(篠田)白山社
篠田上大門1



 北苅のお地蔵さんのところから東へさらに150m進むと水路に突き当たるのでここを右折します。水路沿いの雰囲気のある道が続きます。



 この道を300mほど進んだ3つ目の左に入る筋を左折し,100mほど進んだ突当りを左折し,2本目の筋を右折すると,約100m先の左手に(篠田)白山神社があります。創建は不詳ですが,慶長8年(1603年)の古い棟札が残されており古社として知られ,尾張徇行記などには「泰山符君薬師」「泰山府君の社」と記されているといいます。かつて,この付近は篠田保と呼ばれる国衙領が置かれたと考えられており,その時期に創建されたとも考えられます。

桑光寺
篠田南組1





 (篠田)白山社から100mほど南下すると右手に桑光寺(浄土宗鎮西派)があります。日照山と号し,弘治2年(1556年)に,村人が桑の木の根元から仏像を拾い,葉苅村(現,津島市)の長福寺から開祖を迎えて桑光寺として創建されたといいます。本尊の阿弥陀如来は現在の松坂屋の創建で知られる名古屋の伊藤次郎左衛門家からの寄進といい,所有する釈迦涅槃像も同じく寄進されたものといいます。境内には寺小屋師匠で嘉永5年(1852年)に没したという「楠枝先生碑」があり,9カ村,97人の門人の名前が刻まれているといい,地域から慕われた様子が伝わります。また,明治末期にこの地からアメリカに渡って事故死したという山田惣四郎の碑があり,これはこの地からアメリカに渡って成功を収めた人々が,事故死した彼の功績をたたえるために建立したものといいます。この地からアメリカに渡った人の中には,そのままアメリカの永住権を得て,戦後この地に寄付をして地域の発展に貢献した人もいるといいます。

福栄寺
篠田中分57



 桑光寺から150mほど南下して2本目の筋を左折し,100mほど進んだ突当りを右折して,続く筋を左折して100mほど進むと左手に福栄寺(真宗大谷派)があります。無量山と号し,寺伝によると篠田村の久米伝兵衛が元亀元年(1570年)に本証寺(現,安城市)の寺士となり,永仁5年(1297年)に創建された天台宗妙法寺を再興して真宗大谷派に改宗し,福栄寺と称したといいます。その後,元文元年(1736年)に現在地に移転し,文化5年(1808年)から天保15年(1844年)にかけては海輪が中興の祖として寺の復興につとめたといいます。境内には明治にアメリカに渡って病死したという宮地彦三郎の墓碑があります。



 福栄寺から100m弱進んだ突当りを右折し,県道に出たすぐ左手に(篠田)神明社があります。創建は不詳ですが,延享5年(1748年)の古文書には天道大日神,尾張志には氏神社と記されており,江戸時代以降の歴史を持つ神社です。

弘誓(ぐぜい)寺
小橋方郷中661



 (篠田)神明社から県道に西に進んで200mほど先の「篠田小学校南」交差点を左折し,150mほど南下した2本目の筋を左折して100mほど進むと左手に弘誓寺(真宗大谷派)があります。浮橋山と号し,天明6年(1786年)に阿弥陀堂として創建され,嘉永6年(1853年)に来光寺(現,愛西市佐織地区)から僧照耀が復興して安政2年(1855年)に現在の名前になったといいます。本尊の阿弥陀如来は和泉金剛山の満慶上人作と伝わります。





 弘誓寺から少し進んだ先には秋葉社がまつられています。ここを右折して小橋方公民館の前のところに廻国供養塔があります。廻国供養塔というと普通は巡拝記念碑ですが,この日はお遍路さんを泊めた記念に建てたもので,泊めたのは当所の右京とすみ,泊ったのは肥後国安心といい,泊めた際には祭りをやって大騒ぎしたといいます。



 廻国供養塔から南下して次を右折,続いて左折して道なりにさらに100mほど進むと縣明社があります。創建は不詳ですが,天明4年(1748年)の古文書が残され,祭神は大荒田命(大縣命)ですが,日本武尊を祀る明神社も祀られているという説があるといいます。

泉正寺
乙之子屋敷38-1





 縣明社の先の突当りを右折して北上し,100m強進んだ2本目の筋を左折し,さらに突当りを左折して,突当りを道なりに右折し,続く十字路を左折すると泉正寺(真宗大谷派)があります。永照山と号し,寺伝によると元亀年間(1570〜72)に大阪天王寺の法慶坊が聖徳太子の木像と阿弥陀如来の画像を携えて明眼院(大治町)に至る途中,この地の貴船明神の詣でたところ,この地が有縁の地として感化されて一宇を創建したが始まりといい,当初は天台宗に属しました。その後,真宗大谷派に転派して現在の寺号となりました。元文4年(1739年)に真宗高田派に転派し,寛政2年(1790年)に再び大谷派になったといいます。

貴船社
乙之子屋敷21





 泉正寺から少し南下した先に貴船社があります。創建は不詳ですが本殿の貴船社のほかに神明社と山神社が祀られているといい,『尾張徇行記』などによると貴船社は溝口左近,神明社は城長太夫,山神社は黒宮与太夫の氏神として創建されたと伝わります。文禄元年(1592年)に豊臣秀次(秀吉の甥)の関白就任を祝い,武運長久を願って,秀次の実父である三位法印(三好吉房)が地震で倒れた社殿を修復・造営したことが棟札に残されています。その際は老若男女が数万も境内に集まり遷宮を祝ったと伝わっています。
 ここ乙之子は豊臣秀次の生誕の地ともいわれています(名古屋市緑区大高との説もあり)。秀次は天正10年(1582年)に秀吉の家臣となり,近江八幡43万石を拝領して安土を越える商業都市を建設しました。天正19年(1591年)に秀吉の長男である鶴松が死去したことで秀吉の養子となり,関白となりました。しかし,文禄2年(1593年)に秀吉の子秀頼が生まれると両者に確執が生じ,文禄4年(1595年)に謀反の疑いありと高野山にて自害を命じられて27歳の若さでこの世を去りました。文化的素養が高く,戦国ですたれた文学の復興のために活動したといいます。秀次の死後は,彼にまつわる多くの建物が破却されましたが,この社はそのまま残されて現在まで至ります。



 貴船社の先を右折し,その先の突当りを右折した先には乙之子集会所があります。ここには文化12年(1815年)の洪水による水争いの和解文書が掲示されているといいます。篠田と乙之子の境界の土手をめぐって,2つの村が言い争いをしたといい,村々の交流の様子が分かる貴重な史料だといいます。



 乙之子集会所から,約500m用水路沿いの道を南下します。この道は田園風景を楽しみながら進むことができます。この用水路沿いの道を突当りの1つ手前の筋を左折して分かれ,その先の突当りを右折し,続く筋を左折します。



 そのまま500mほど進むと,今度は蟹江川堤防横の道になります。ここを100mほど進むと八原公園があります。蟹江川沿いの住宅地に設けられた公園で,ウォーキングの休憩地点として利用できます。公園内には昭和60年(1985年)に設けられた県道拡張の竣工碑があります。

葛ノ葉稲荷社
篠田稲荷17



 八原公園から蟹江川沿いを400m弱進むと稲荷公園に突き当たります。





 この公園の西側,県道沿いに葛ノ葉稲荷社があります。江戸時代に和泉国信太(しのだ)から葛葉稲荷を勧請したものといい,伝説では信太で傷ついた白狐を助けた安部保名という人物がこの地で病気になった際,彼を看病しようと白狐が許嫁の葛ノ葉に化けて看病したといい,やがて2人は結ばれて信太丸という子供が生まれます。その後親子3人で仲良く暮らしましたが,やがて本物の葛ノ葉が現れて白狐は正体がばれて「恋しくばたずね来てみよ和泉なる信太の森のうらみ葛ノ葉」の一首を書き残して去ったといい,現在も境内に碑が建てられています。村の言い伝えでは,文政3年(1820年)に尾張藩主が鷹狩に訪れた際に神鏡一面と神刀一帯が奉納されたという由緒ある神社で,嘉永年間(1848〜54)までは医師の篠田良庵が社を守っていたといいます。かつてはこの付近は「篠田の森」という森で,稲荷社の向かいに天道大日社(神明社)があり,狐塚と呼ばれる塚もあったといいますが,今は広い県道がそばを通り面影はありません。



 葛ノ葉稲荷社から県道を西へ150mほど進んだ「篠田」交差点を右折し,300mほど進んだ川の手前の横断歩道のあるところを右折します。川沿いを少し進んだ先にヒトツバタゴなどの並木が見られ,ウォーキングを楽しめるようになっています。





 200m弱進んだ2本目を左折した先には,遊歩道が設けられ,モミジなど並木道の緑地が続いています。





 200mほど北上した美和児童館の前にはサザンカの並木があり,雰囲気有る風景になっています。ここには大正15年(1926年)に蟹江川の東に設置され,この地を水害から守ってくれた貴重なポンプが保存されています。平成元年(1986年)まで実際に使われていたといいます。



 ポンプの先から北上して突当りを右折し,道なりに左折して突当りを右折し,そのまま蟹江川沿いの堤防を北上します。この付近はリバーサイドガーデンとして遊歩道が整備され,川沿いを楽しく歩くことができます。

ゴール:名鉄津島線・木田駅



 川沿いを200mほど進み2つ目の橋のところの下り坂で堤防を離れ,その先を左折し,150mほど進んだ先の右手に進むとゴールの名鉄津島線の木田駅の南口があります。準急列車,普通列車が合わせて1時間に4〜6本程度運転されていて、須ヶ口駅まで約8分,名鉄名古屋駅まで約20分で戻ることができます。


写真使用数:36

←前:蜂須賀コース / 愛知県あま市 / 次:[大治町]大治東コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>