本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県あま市:正則コースMASANORI

2015年5月探訪。2017年3月9日作成

【コース】 距離:約8.5km
美和地区東部の富塚・古道・二ツ寺・東溝口・花正・花長・金岩・木折地区をめぐります。福島正則ゆかりの菊泉院などの社寺が多いです。

名鉄・七宝駅〜浄慶寺〜(古道)八幡社〜福島正則誕生地〜菊泉院〜高之宮神明社〜光専寺〜阿弥陀寺〜(東溝口)神明社〜法光寺〜光照寺〜花正観音堂〜八所神社〜普明院〜(金岩)白山社〜木折弘法堂〜(木折)白山社〜名鉄・七宝駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄津島線・七宝駅



 スタート駅は名鉄津島線の七宝駅です。普通列車のみの停車で,分岐駅の須ヶ口駅からは1時間に4〜6本程度運転されており,所要時間はおよそ5分になります。名鉄名古屋駅からの所要時間は20分程度をみておけばいいでしょう。

浄慶寺
富塚郷9



 七宝駅から出てすぐ左手に進んで北側を通る道に出て,左折してその先の県道を北上していきます。この付近は奈良時代末から平安時代初期に定めた条里制の地割の遺構が残されている場所で,富塚は集落を中心に周辺が田畑で区切られていた様子が一番正確に残っている地区になります。中世に整備された区割りを感じながら歩いていきましょう。





 4本目のやや太い筋を左折すると,少し先の右手には阿弥陀如来が祀られているお堂があります。さらに50mほど進んだ十字路のところには馬頭観音がまつられています。古い集落の民間信仰を感じられる場所になっています。





 馬頭観音のある十字路を右折し,突当りを左折した先には浄慶寺(真宗本願寺派)があります。法林山と号し,創建は不詳ですが往古は天台宗といい,地蔵寺あるいは地蔵堂と称したといいます。その後住職は親鸞聖人が関東より帰洛した際に,萱津にてその教えに帰依し浄慶の僧名を賜り,浄慶寺を創建したと伝わり,天正年間(1573〜82)に釈了念によって現在地に中興されたといいます。慶長年間(1596〜1614)に真宗大谷派となりますが,正保4年(1647年)に本願寺派に戻ったといいます。



 浄慶寺から道なりに曲がって少し進むと白山社があります。同一境内に八幡社が摂社として鎮座しています。古い時代から同一境内に祀られており,寛保4年(1744年)の記録でも確認できるといいます。

(古道)八幡社
古道宮ノ腰347



 白山社から700m弱北上して突当りまで進みます。ここを左折して100mほど進むと(古道)八幡社があります。創建は不詳ですが寛永14年(1637年)の棟札が残り,それ以前の創建といいます。本殿東側にはこの古道地区にあった小祠が移されており,地区の信仰の中心となった感じがうかがえます。境内には当社を守護したという尾張藩士水野権大夫が寄進したという燈籠があります。この古道地区の由来は,古い官道がこの地を通っていたことによるものといいます。また,現在の春日井市桃山町で桃の栽培を始めた伊東亮治郎がここの出身といい,愛知県で桃の栽培を盛んにした先駆者と言われているそうです。





 (古道)八幡社から300mほど進むと左手に月之宮社があります。伊勢神宮の月夜見宮を勧請したものと考えられ,二ツ寺地区に内宮の神明社があり,外宮に当たる神社とも考えられます。福島正則が社殿を造営したことでも知られ,境内には御岳神社もあります。



 月之宮社からさらに100m強西に進むと,延享2年(1745年)に建立されたという辻地蔵尊がまつられています。

福島正則生誕地碑
二ツ寺屋敷172



 辻地蔵尊から道なりに進み,幅員減少の案内のところを道なりに右折し,続く筋を左折して突当りまで進みます。ここを右折して少し進むと左手に大小2つの福島正則公誕生地碑があります。永禄4年(1561年)にこの地で生まれた福島正則は,幼少期から秀吉に仕え,賤ヶ岳の戦いや小牧長久手の戦いなどで活躍しました。文禄4年(1595年)には秀次の後を受けて清洲城主となり,関ケ原の戦い後は安芸広島城主となりました。名古屋城築城の際も堀川を築いて名古屋の発展に貢献しています。しかし元和5年(1619年)に広島城を無断で修築したのをとがめられて改易され,信州川中島で蟄居します。ここでも松川堤防工事を行うなど人々に慕われながら,寛永元年(1624年)になくなりました。正則の生家はこの碑の南西にあり,昔はそこを「おみよ屋敷」と呼び,飾り馬などを出す際は必ずそこから出すという習わしだったといいます。碑は小さいものが明治30年(1897年)頃,大きいものが大正4年(1915年)に建てられました。

菊泉院
二ツ寺屋敷69







 福島正則生誕地碑から少し進んだ右手には,正則の菩提寺である菊泉院(曹洞宗)があります。瑞祥山と号し,小牧市の正眼寺の末寺で,寺伝によると鎌倉時代に平安仏教の寺院として建立され,文禄元年(1592年)に正眼寺12世明叟周見禅師により禅宗寺院として開山されました。その後,当時清洲城主だった福島正則が寺領50石を寄進し,正則の菩提寺となりました。寺宝として,家臣の大野平内らが奉納した正則の位牌や護持仏の毘沙門天があり,享保2年(1717年)に奉納された正則公肖像画があります。また,元和5年(1619年)に広島城主から改易された際に,今後の身の振り方などを指示した正則公仰書も保存されています。



 また,霊園には正則没後380年祭の平成15年(2003年)に建てられた正則の供養塔と遺徳碑があります。またここにある宝篋印塔は至徳元年(1384年)の銘があり,この地域では発見されている最古の金石文字といいます。



 菊泉院から北に進んだ次の十字路の北西には薬師堂(曹洞宗)があります。古い由緒があると考えられていますが,創建に関するさしたる伝承はありません。堂内には本尊の薬師如来と阿弥陀如来がまつられ,阿弥陀如来は鎌倉時代の作と推定されています。この周囲には石仏もまつられ,古くからの信仰の地を感じさせます。

高之宮神明社
二ツ寺屋敷7







 薬師堂のある交差点を左折して西へ100mほど進むと高之宮神明社があります。創建は不詳ですが福島正則によって創建されたか,修復されたという説が有力で,高之宮と風之宮の2つの社が祀られています。本殿は小高い丘の上に設けられていますが,これは二ツ寺神明社という古墳になっています。これは尾張地方南部では唯一の前方後円墳といい,全長約80m,前方部の最大幅は約33m,後円部の直径は45mに及び,4世紀頃の古墳時代前期の古墳といいます。海抜ゼロメートル地帯でこれほどの古墳は珍しく,この地域の古代の歴史を考えるうえで重要な古墳になっています。





 高之宮神明社から50mほど進んだ十字路を右折し,続く筋を左折して100m弱進み橋を渡ると,二ツ寺親水公園があります。大きな広場や人工の川の流れも設けて水のせせらぎも感じられる広い公園で,ハスなどの水生生物も生息する修景池もあり,隣接して流れる木曽川から取水している大江用水の自然を感じさせる公園になっています。春は川沿いの桜並木も見事だそうで,予約なしで利用できるバーベキュー場もあり,多くの人で賑わいます。

光専寺
東溝口町北屋敷63





 二ツ寺親水公園から西へ400m強進むと,右手に光専寺(真宗高田派)があります。秋野山と号し,往古は天台宗でしたが,永禄7年(1564年)に僧道海により再興されて光専坊と称し,終戦後に光専寺となりました。客仏として祀られている薬師如来坐像がよく知られ,これは村の東北隅にあった薬師堂に祀られていましたが,天明8年(1788年)に高針村(現名古屋市名東区)の蓮教寺に移されましたが,明治になって里帰りを果たしたものです。鎌倉後期の作といい,いきいきとした明快な顔立ちや丁寧な彫などで芸術的価値が高い仏像といいます。また胎内仏の木像阿弥陀如来も優れた仏像として知られます。毎年11月に開帳され,伝染病予防にも霊験があるといいます。



 光専寺の先の突当りを右折し,続く橋の前の交差点を左折し,2本目の筋を左折すると日吉社があります。創建は不詳ですがかつては山王社と呼ばれました。嘉永元年(1848年)や万延元年(1860年)の棟札が残っているといいます。

阿弥陀寺
東溝口3-77



 日吉社から南下して,先の突当りを左折し,続いて右折します。さらに先の突当りを左折し,続いて右折して道なりに100mほど曲がって進んでいくと右手に阿弥陀寺(浄土宗西山派)があります。海北山と号し,江戸時代の創建と考えられ,尾張徇行記には阿弥陀堂と書かれています。本尊は阿弥陀如来で,ここに祀られている不動明王は合格祈願の仏として知られています。

(東溝口)神明社
東溝口3-78



 阿弥陀寺に隣接して,(東溝口)神明社があります。創建は不詳ですが江戸初期の万治4年(1661年)の棟札が現存していることから,かなり古い神社と考えられています。江戸時代は隣接する阿弥陀寺と同一境内だったようです。
 ここ東溝口は武将溝口秀勝のふるさとと言われています。秀勝は織田信長の配下である丹羽長秀に仕え,天正9年(1591年)には信長の直臣となって若狭小浜城主となります。その後は秀吉に仕え,慶長3年(1598年)に越後新発田6万石に加増されます。関ケ原の戦いでは東軍につき,引き続き新発田城主を務めて慶長15年(1610年)に没しますが,明治時代まで家が存続しました。なお,秀勝の故郷は西溝口(稲沢市)という説もあります。

法光寺
花正郷中51



 (東溝口)神明社から南に進み,次の筋を左折して200mほど進み,突当りを右折します。300mほど進んだ4本目の筋を左折し,進んだ次の筋を左折すると法光寺(真宗大谷派)があります。寺伝によると天文8年(1539年)に僧善全が創建したといいますが,正保元年(1644年)の火災で古記録が焼失したため詳しくわかっていません。寺宝として足利9代将軍の常総院(足利義尚)の書幅があるといいます。境内の墓地には当寺17代秀山法師の筆子塚があります。秀山法師は江戸中期の手習い師匠で,この地域の教育発展に尽くしたといい,墓碑の撰文は尾張藩儒者で書物奉行を務めた松平君山といいます。君山の著書には,この地域の風景や秀山の人柄に関する漢詩が見られるといいます。



 法光寺から戻って突当りを左折して東に進み,続く筋を右折した先には(花正)神明社があります。創建は不詳ですが,伊勢神宮の領地である花正御厨に勧請された神社とも考えられます。伊勢湾台風で被害を受け,昭和41年(1966年)に鉄筋コンクリート造で再建されました。境内には秋葉社も祀られています。

光照寺
花正郷中264





 (花正)神明社の先の十字路を左折して200m弱進むと左手に光照寺(真宗大谷派)があります。花正山と号し,寺伝によると鎌倉時代初期に創建されて,当初は天台宗であったが応永年間(1394〜1427)頃に真宗に転じます。元亀2年(1571年)に起きた伊勢長島の一向一揆に出陣したことで,一揆敗北後に織田信長の圧迫を受けて廃寺に追い込まれますが,慶長年間(1596〜1614)に再興されて鶴林山円覚寺と称し,享保3年(1718年)に本山本願寺の要請により,寺号を戻して現在の寺号になったといいます。庭園内にはキリシタン灯籠と伝わる灯籠が2基あります。この花正は,尾張で最初のキリシタンであるコンスタンチノ(洗礼名,本名不詳)の出身地として知られます。ルイスフロイスの『日本史』によると,コンスタンチノは高山右近の父が守る大和国沢城の教会管理を任され,その後はこの地で多くの人々に洗礼を授けたといいます。元亀2年(1571年)には10〜12年前にはキリシタンのいなかったこの地に600人以上のキリシタンがいると述べられています。残念ながらその死後にキリスト教の迫害があり,コンスタンチノやキリスト教に関する資料は残されていますが,寺の北に屋敷があったと伝わっています。

花正観音堂
花正郷中284



 光照寺から進んで川沿いに出たら,左折して川沿いに進んだ先に花正観音堂(浄土宗西山派)があります。江戸時代中期に僧良照を開基として創建されたといい,寺伝によると老婆が愛育していた子を病で亡くして悲嘆に暮れていたところ,夢に現れた観音の託宣により家財をすべて売り払って建立したといいます。一方,観応2年(1351年)にこの地を支配していた大江氏の寄進状に「花正観音堂」の記述があるといい,付近には観音の地名も残されていることから,かつては大寺院であった可能性も考えられます。南の花長地区には寛保3年(1743年)銘の寺の道標があるといい,古い時代から広く信仰されたことが想像されています。本尊の聖観音菩薩は鎌倉時代の作といい,仏師春日によると伝わっています。

(花長)八所神社
花長川内69



 花正観音堂から南に戻って,2本目の筋を左折して橋を渡り,300mほど進んだ2本目の太い筋を右折すると,左手に八所神社があります。伝承によると明応3年(1494年)に甚目寺の堂主が社に参拝した際,感激のあまり阿弥陀如来を寄進し別当職を置いて社寺を鎮護したといい,享保15年(1730年)の棟札によると八所権現とも称したといいます。その後,明治になって普門院と分離しました。この付近は江戸時代に現在の春日井市味美にある花長地区の人々が入植して開発されたといい,その入植は寛保元年(1741年),野村安兵衛という人物ともいわれています。神社の鳥居は明治28年(1895年)にこの地から北海道に移住し,財をなして寄付されたものといい,脚部に竹島利右衛門と息子6人が寄付人として刻まれています。本殿はこの地域出身の宮大工である堀田粂太郎(くめたろう)(1888〜1953)によるものといいます。彼はこの地域の寺社建築を多く手掛けたといい,富塚の浄慶寺本堂,二ツ寺神明社本殿,東溝口の日吉社本殿などは彼の作です。37寺3社におよぶ419枚の設計図が美和歴史民俗資料館に保管されているといいます。

普明院
花正川内70





 八所神社の東に隣接して,普明院(真言宗智山派)があります。寺伝によると明応3年(1494年)に八25所神社と同じくして創建され,寛永元年(1624年)に伊勢国神路山(現伊勢市内宮上流の山域)の山麓にあった真常院(現在は廃寺)の僧良典により再建され,その末寺となりましたが,享保10年(1725年)に性海寺(現稲沢市)の末寺となりました。明治になって一時廃寺となりますが,明治13年(1880年)に再興されて現在に至るといいます。本尊は珍しい鉄造阿弥陀如来[市文化]で明応9年(1500年)の銘があり,甚目寺仁王門大工の寄進といいます。門前の三十三観音は甚目寺観音を一番札所とする尾張版の尾張西国三十三所観音石仏群という貴重なものです。

(金岩)白山社
金岩宮廊63



 普明院の先の筋を右折し,道なりに100m弱進むと県道に出るので右折すると,すぐに月中庵があります。昭和44年(1969年)に設けられた如来教の寺院です。



 月中庵の先には(金岩)白山社があります。創建は不詳ですが境内には秋葉社,津島社,尾張六社,御嶽社などが並んでいます。金岩は南北朝時代から見られる地名で,かつては金岩御堂,極楽寺と呼ばれる寺院が存在したといいます。

長福寺
金岩枝村25





 (金岩)白山社の前の横断歩道を渡って右に進み,続く筋を左折します。道なりに150mほど進み,美和保育園の手前の筋を右折すると長福寺(真言宗豊山派)があります。かつては熱田神宮内にあり,廃仏毀釈で荒れていたものを明治12年(1879年)に現在地に移転しました。秘仏の歓喜聖天像は商売繁盛や良縁祈念に信仰が篤いといいます。この付近はかつてお盆の時期に,地元の小中学生が精霊を祀っている家を回って団子をもらって回るという「だんごもらい」の風習があったといいます。西を南北に流れている大江川は,この付近で蟹江川と名前を変えます。この2つの川は元々別の流れでしたが,天明6年(1786年)の工事で一本化されたといい,大雨で堤防の決壊が相次いだこの地域も工事によって洪水が大きく減ったといいます。
 長福寺から戻って突当りを右折して南下し,150mほど進んだ交差点のところに金岩の馬頭観音があります。明治13年(1880年)になんば連中の建立といい旧津島街道に設けられたものです。

木折弘法堂
木折五反地5



 馬頭観音の交差点を左折して300mほど進むと右手に木折弘法堂(真言宗智山派)があります。天保年間(1830〜44)の創建といい,濃尾地震で堂宇が倒壊したため明治35年(1902年)に仮堂が設けられ,大正11年(1922年)に現在の本堂が設けられました。弘法堂の手前には,津島街道にあったと考えられる馬頭観音がまつられています。



 弘法堂から進んで次の筋を右折して踏切を渡り300mほど進むと右側に辻地蔵と馬頭観音がまつられています。馬頭観音は明和9年(1772年)の銘があり美術的にもすぐれ,辻地蔵は元文2年(1737年)のものでこの付近では最古のものです。

(木折)白山社
木折宮ノ前573



 辻地蔵のところを左折して少し進むと(木折)白山社があります。創建は不詳ですが,室町後期以前の建立といい,境内に秋葉社,津島社,御嶽神社がまつられています。



 境内には「嫁獅子の里」の碑があります。嫁獅子は江戸後期〜大正期にかけて尾張・三河を中心に行われた民俗芸能で,元々は祭礼の際の獅子舞だったものが,幣や鈴などを曲芸風に操って踊るようになり,さらに獅子舞が終わった後に獅子頭をかぶったまま歌舞伎を演じる獅子芝居に当たるものです。明治〜昭和にかけて,旧美和町一帯で演ぜられ,ここ木折地区のものは特に有名で各地で公演を行い,一番最近まで獅子が演じられたといいます。神社内には嫁獅子連中寄進の常夜灯も残り,往時の隆盛ぶりを感じさせます。また境内の大正8年(1919年)建立の灯籠台には,二・二六事件の判事などを歴任した陸軍法務官の小川関治郎(1875〜1966)の名が刻まれています。

ゴール:名鉄津島線・七宝駅





 (木折)白山社から100mほど東に進んで突当りを左折し,150mほど進んだ突当りを右折し,橋を渡ってすぐに左折します。そのまま線路沿いを200mほど進み,突当りを左折して踏切を渡り,続く筋を右折して150mほど進むと右手にゴールの名鉄津島線・七宝駅が見えてきます。須ヶ口・名鉄名古屋方面へは普通列車が1時間に4本程度運転されています。


写真使用数:45

←前:七宝南コース / 愛知県あま市 / 次:蜂須賀コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>