本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県あま市:森・新居屋コースMORI & NIIYA

2015年5月探訪。2017年2月27日作成

【コース】 距離:約9.5km
 甚目寺町北西部の石作,方領,森,新居屋の各地区と甚目寺地区の北部を巡ります。清洲飛行場の跡地と,昔ながらの社寺をめぐっていきます。

名鉄・甚目寺駅〜甚目寺総合体育館〜甚目寺公民館〜元飛行場遺構〜石作神社〜(方領)八幡社〜中杜神社〜願正寺〜(森)八幡社〜森ヶ丘公園〜清明塚〜小町塚〜普光寺〜西光寺〜一万度社〜新屋神社〜法性寺〜稲荷社〜名鉄・甚目寺駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄津島線・甚目寺駅



 前コースと同様にスタート駅は名鉄津島線の甚目寺駅です。準急列車も停車し,日中は普通と合わせて1時間に6本程度運転されているのでアクセスは容易です。名古屋本線からの乗換駅の須ヶ口駅から1駅3分,名鉄名古屋駅からは15分ぐらいの所要を見ておきましょう。駅の北側の出口から出て進んでいきます。

甚目寺総合体育館
西今宿馬洗56



 甚目寺駅の北口から出て,右側に200mほど進んだ「五位田」交差点を左奥方向に進んで,県道124号線を北に150mほど進むと甚目寺総合体育館があります。アリーナやトレーニング室を備えた体育設備です。







 その先の押しボタン式の信号の北の筋を左折すると平成プロムナードが続いています。平成初期に甚目寺庁舎と体育館・総合福祉会館とをつなぐ遊歩道として整備されたもので,市民が描いた絵の陶板が壁に散りばめられて,楽しく歩くことができます。その先には高齢者センターや保健センター,児童館が一体化した総合福祉会館や,平成27年(2015年)に移転したばかりのあま市民病院[公式HP(外部リンク→)]があり,医療・福祉などの設備を一体的に整備している様子が伝わります。

あま市甚目寺公民館
甚目寺二伴田65





 道なりに平成プロムナードを西へ250mほど進んだ突当りを右折すると,右手にあま市甚目寺公民館があります。大ホールや研修室などを備えた会館で,様々なイベントも行われます。公民館の駐車場には飛行場開拓記念碑があります。太平洋戦争末期の昭和19年(1944年)に作られた陸軍の清洲飛行場(甚目寺飛行場)の開拓を記念して設けられた碑といいます。

元飛行場遺構
石作北浦141付近



 公民館北西側の「あま市甚目寺庁舎北」交差点から北に100m進み,1つ目の筋を左折すると先に国道302号線をくぐるトンネルがあります。これをくぐって福田川を越える橋の手前を右折します。ここから福田川に沿って水辺乃並木道として遊歩道が整備されており,特に春はオオシマザクラ,ヤマザクラ,シダレザクラなどが並んで開花し,大いに目を楽しませてくれます。



 300m強芝の道をウォーキングして,さらに100mほど進んだ石作橋を渡り,すぐ右折します。さらに川沿いを150mほど先の2つ目の筋を左折した先に元飛行場遺構(作戦司令室跡)があります。清洲飛行場は通称甚目寺飛行場と呼ばれ,昭和19年(1944年)に陸軍の飛行場としてこの地に設けられ,主に本土防衛を目的としていました。戦時なので土地は強制接取され,数千の人々が飛行場の建設に駆り出されたといいます。しかし,終戦によって1年足らずで廃止され,昭和22年(1947年)以降は土地の払い下げで現在の田畑へと姿を変えました。現在残っている飛行場の遺構は,鉄筋コンクリート造りのこの作戦司令室の跡のみとなりました。

石作神社
石作郷61





 司令室跡から約100m進んだ次の十字路を左折して100mほど進むと石作神社があります。創建は不詳ですが,尾張氏の一族で,かつて石工に携わったという石作部と呼ばれた人々がこの地に来住した際に,祖神を祀って設けられたといい,平安時代の延喜式に掲載されている「中島郡石作神社」に当たるとされている古社です。祭神は不詳ですが,そのいきさつから石工の神である孫建真利根命と考えられており,古くから石作村の氏神として篤い信仰を受けてきました。社宝には寛永12年(1635年),寛文9年(1669年)の棟札や,享保19年(1734年)の銘の算額などがあります。境内には明治期の灯籠も残されており,古くからの信仰を感じさせる空間になっています。

(方領)八幡社
方領屋敷179





 石作神社から戻って400mほど北上し,県道128号線に合流したら右折して少し進むと左手に(方領)八幡社があります。方領地区の旧家である村瀬氏が弘治元年(1555年)に移住した際に,源氏の氏神である八幡社を勧請したと伝わっており,かつては天王社も併祀されていたといいます。ここ方領地区はかつて方領大根の産地として知られた場所といい,尾張名所図会にも宮重大根(現清須市)とともに尾張大根の名品として記載されています。安永3年(1774年)に尾張徳川の殿様が鷹狩でこの地を訪れた際にこの地に立ち寄られ,方領大根を献上したところ「太く大きく,かつ美味である」と称賛したことから全国的に名前が知られるようになったといい,東の三浦,練馬大根と並んで,西の宮重,方領大根と称されました。



 八幡社から西に県道を戻って100mほど進むと,右側に須佐之男社があります。創建は不詳で,由来などはよくわかっていないといいますが,平成18年(2006年)に拝殿が改築されきれいになりました。本殿横には名木のふくらしばがあり,根回り2〜3mで見事な幹になっています。

中杜神社
森6-21



 須佐之男社から100m進んだ次の信号を右折し,200mほど先の2本目の筋を左折し,さらに100m先の2本目の筋を右折して,3本目の筋を左折した先に中杜神社があります。尾張国本国帳にも従三位中杜天神と記載がある古社で,かつてこの付近は中の杜と呼ばれていたと考えられており,歌人の赤染衛門(956頃〜1041頃)が熱田神宮に訪れる際に,この付近を「鶯の声するほどは急がれず まだ道中の杜といえども」と尾張が名所として知られていた鶯とともに詠んだといいます。社宝には尾張愛知郡清須とある神鏡があり,元々は清須の御園神明社のものだったと考えられています。境内にはキリシタン灯籠があることでも知られます。

願正寺
森6-16-10





 中杜神社の前のT字路を左折して南下し,突当りを右へ,さらに続いて左に進むと中荘山と号する願正寺(真宗大谷派)があります。伊豆伊東を根拠地とした伊東新八郎祐友らが建久年間(1190〜99)に源頼朝に追われてこの付近の豪族杉原主馬方に蟄居していましたが,親鸞聖人が帰洛の際に小田井にて拝謁して直弟となり,願正という法名で聖人に共にしたといい,聖人から九字名号を賜ってこの地に戻ったといいます。その後,中ノ庄村(現,稲沢市)に一宇を創建して願正寺と号し,天文4年(1535年)に現在地に移転しました。寺宝には聖人から賜った九字名号など親鸞聖人に関する多くのものを有します。



 願正寺の先の突当りを右折し,続く突当りを左折し,十字路を右折すると,次の交差点のところに金力羅神社があります。

(森)八幡社
森5-13-16



 金力羅神社から戻って曲がった十字路を右折して南下し,150m強道なりに南下していくと右手に(森)八幡社があります。祭神は応神天皇で,創建は不詳ですがこの付近に住んだ服部(はとりべ)氏が八幡社を信仰したことから建立されたとも伝わるが,この付近は源氏の一族である木田氏と由緒があるため,源氏が深く信仰する八幡社を勧請したとも考えられています。社宝には古鏡があり,中国製と考えられています。

森ヶ丘公園
森4-6







 (森)八幡社から100mほど南下して県道を越えて進むと森ヶ丘公園があります。この付近の住宅地の中心的公園であり,ブランコや滑り台,アスレチックなどの遊具も充実した公園で,駐車場もあるため地元に人気の公園になっています。隣接してスーパーもあるために,ウォーキングの休憩地点に大いに活用できるでしょう。



 森ヶ丘公園の南東側から出て右手に進み,次の筋を左折して公園から南下する道を進みます。300mほど進んだ6本目の筋を左折すると,住宅地にハナミズキの街路樹が続く特徴的な通りになります。



 ここからさらに200mほど進んで広い通りを越えた先の筋の突当りを左折し,続く筋を右折し,さらに右折すると(小路)神明社があります。かつて小路村が甚目寺村から分村する際に甚目寺村にあった神明社を祭祀されたと考えられています。

清明塚
新居屋清明20付近



 (小路)神明社から南に進み,300m弱進んだ7本目の筋を右折すると,少し先に清明塚があります。平安時代の陰陽師である安倍晴明に由来する塚です。伝承によると,安倍晴明がこの付近を通りかかった際,農夫たちがこの付近に生える雑草に困っていたので,祈祷をして雑草だけを枯らしたといいます。村人たちは晴明の死後,その遺徳をしのんでこの塚を設けたといい,地名を清明にしたといいます。塚の碑は昭和59年(1984年)に設けられました。なお,この付近は清明遺跡と呼ばれ,弥生時代から鎌倉時代にかけての遺物が出土しており,甚目寺歴史民俗資料館に保管されているといいます。



 清明塚から先に進んだ広い道を左折し,その先のコンビニの裏手から案内板に従って進むと,小町塚があります。絶世の美女と伝わる小野小町が東国へ下る途中,この付近で亡くなったという伝説があり,その跡に設けられたと伝わっています。ここで見つかった小町の持念仏という仏像は法性寺に祀られていたといいます。

普光寺
新居屋久渕郷54





 戻ってコンビニの北側の筋に入り100m強進むと右手に普光寺(真宗本願寺派)があります。太子山と号し,かつては天台宗で法蔵坊と称し,俗に太子堂とも呼ばれたといい,永正年間(1504〜21)に住職の了専が現在の宗派に改宗して再建したといいます。寺宝には暦応2年(1339年)に洪水で流れ着いた聖徳太子立像があり,永正17年(1520年)に本願寺の実如上人が像を礼拝し,重く敬信せよと六字名号を自書して与えたといいます。他に石田三成の遺品という三夕色紙や,鐘楼堂には真清田神社(現,一宮市)から譲り受けた梵鐘があります。建物は濃尾地震や伊勢湾台風で被害を受けた後に,修理されたものといいます。

西光寺
新居屋久渕郷68





 普光寺から50mほど進むと正面に西光寺(真宗大谷派)があります。紫雲山と号し,寺伝によると寛仁年間(1021〜24)に天台宗の寺院として中島郡平和(現稲沢市)に建立され,天文4年(1535年)に蓮如上人に随行して諸国巡回した僧慶恩が,再興して現在の宗派に改めたといいます。元々は三河勝鬘寺(現,岡崎市)の末寺でしたが,明治になって本山直末となりました。境内の山門以外の建物は,明治24年(1891年)の濃尾地震で被害を受けた後に再建されたものになります。寺宝には江戸期作という本尊の阿弥陀如来や蓮如上人直筆の九字名号などがあります。



 西光寺から道なりに南下して100mほど進んだ2本目の筋を右折した先には,一万度社があります。地域の有志が伊勢神宮に一万度参拝するのを志し,神宮参拝の際に分与を受けた大麻などを祀ったものといいます。

新屋神社
新居屋善左屋敷67



 一万度社から東に戻って350mほど進むと,神社の裏手に出てきます。ここを右折すると新屋神社の正面に出てきます。南北朝時代の貞治本国帳に従三位新屋天神とある古社で,古代物部氏がこの地に新屋連を遣わして開拓して屯倉を設け,その際に祖神を祀ったのが始まりと言われています。かつては法性寺の境内にあり,昭和60年(1985年)の改築の際に白鳳時代の古瓦が見つかって確かめられたといいます。

法性寺
新居屋善左屋敷68





 新屋神社に隣接して法性寺(真言宗豊山派)があります。薬王山と号し,寺伝によると天智天皇勅願という大寺院で,当時は1山12坊の堂宇を持つ大伽藍だったといいます。しかしその後は衰退し,4坊のみが慶長年間(1595〜1615)まで残されていましたが,3坊が廃止となって残された法積院を本堂のあった境内に移して現在の寺号にしたといいます。本尊は薬師如来で,これは大化年間(645〜50)にこの地に薬師如来の化身が訪れて刻んだものといいます。その霊験はすさまじくたちまち噂になり,都まで噂が広まって天智天皇の耳に届き,この地に勅願寺が設けられることになったと伝わっています。他にも行基作と伝わる大日如来,運慶作という日光・月光菩薩像など多くの寺宝があるといいます。

稲荷社
甚目寺大渕104



 法性寺から100mほど進んだ十字路を右折し,400mほど進むと国道302号線の「稲荷」交差点に至ります。ここを左折して東に少し進んだ左手に稲荷社があります。創建は不詳ですが古社といい,甚目寺観音の四辺を守護した1つの社と言われています。稲荷社らしく赤鳥居が印象的な神社です。



 稲荷社の先の筋を左折し,突当りを右折して進みます。ここに設けられている水路は,昭和19年(1944年)に清洲飛行場を設ける際に掘削されたもので,当時の飛行場の外縁にあったものが残されたものといいます。300mほど進んだ先は,花と緑のプロムナードという遊歩道として整備されています。



 この遊歩道の西側の所で左折した先には,あま市甚目寺庁舎があります。合併する前までの旧甚目寺町役場で,市の情報などを入手することもできます。



 南に戻って「あま市民病院南」交差点を左折し,続く筋を右折した先の右手には,地元の人に祀られたであろう不動明王の堂があります。

ゴール:名鉄津島線・甚目寺駅

 そのまま道なりに左に進むとスタートした名鉄津島線の甚目寺駅に到着します。名古屋本線との乗換駅となる須ヶ口駅まで1駅3分で戻ることができ,準急と普通列車で本数は1時間に6本程度運転しているため,時刻はあまり気にしなくても大丈夫でしょう。駅前には大きなスーパーもあり,ウォーキング後の買い物などにも利用することができます。


写真使用数:38

←前:甚目寺コース / 愛知県あま市 / 次:七宝北コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>