本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県あま市:甚目寺コースJIMOKUJI

2015年5月探訪。2017年3月9日作成

【コース】 距離:約4.8km
 甚目寺地区の中心部に当たる甚目寺,本郷地区をめぐります。古刹として知られる甚目寺と,その周辺の社寺,史跡をめぐるコースです。

名鉄・甚目寺駅〜地蔵寺〜(本郷)八幡社〜地福寺〜日明寺〜(本郷)神明社〜円周寺〜あま市甚目寺歴史民俗資料館〜甚目寺(境内,性徳院,大徳院,法花院,釈迦院,光明院)〜漆部神社〜三狐社〜名鉄・甚目寺駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄津島線・甚目寺駅



 甚目寺地区の中心駅となっている名鉄津島線の甚目寺駅がスタート駅です。日中は普通・準急列車が1時間に4〜6本程度運転されています。名古屋本線からの乗換駅の須ヶ口駅から1駅3分程度なので,アクセスは容易です。名鉄名古屋駅からは15分ぐらいの所要を見ておけばいいでしょう。甚目寺駅の南側出口からスタートです。

地蔵寺
甚目寺郷中98



 甚目寺駅の南出口から南に100m進むと県道126号線に突き当たります。この道は清須と津島を結ぶかつての津島街道に当たり,現在はこの付近は古くからの商店街になっています。幕末のころ,甚目寺の東門から続くこの道は名古屋からの参詣客で大いに賑わったといいます。300mほど進んだ「甚目寺観音東」交差点を右折した先に地蔵寺(真言宗智山派)があります。寺伝によると推古天皇6年(598年)の創建というが,一説には神亀年中(724〜28)の創建で,甚目寺が江上の観音と呼ばれたのに対し,この寺が江上の地蔵と称したといい,創建当時の本尊地蔵菩薩は行基作といいます。現在の本尊は俗に鼻取地蔵と呼ばれ,これは文永年中(1264〜75)に萱津の信者の子どもが,意地悪な継母に田植えの準備を厳命されて途方に暮れていた際,馬の鼻面を取って田を掻きならしたと伝わる地蔵です。それ以降,鼻取地蔵として特に農家の信仰を受けています。

地福寺
本郷柿ノ木87





 地蔵寺から400m弱進んだ「甚目寺字八尻」交差点を右折し,続く筋を左折します。さらに500mほど進んだ動物病院の手前の筋を右折します。さらに100mほど進むと右手に(本郷)八幡社があります。創建は不詳ですが古くから地福寺の鎮守だったといい,古くは大社だったといいます。寛永19年(1642年)の棟札が残されています。





 八幡社の先には地福寺(日蓮宗)があります。功徳山と号し,上萱津妙勝寺の末寺で,寛永19年に日貞が開基したといいますが,それ以前からの寺宝を持つため再興とも考えられています。境内入り口に地蔵堂があり,本尊の地蔵菩薩は後に修理がされているものの,藤原時代からの古いものといわれています。

日明寺
本郷郷中57



 地福寺から200mほど進んだ4本目の筋を右折し100mほど進むと,日明寺(日蓮宗)があります。この地出身の僧である玄修院日明が寛政10年(1797年)に隠棲し,後に日明庵という草庵が設けられました。その後,日明堂と称し,昭和17年(1942年)に現在の寺号に改められました。



 日明寺の突当りを左折し,先の突当りを右折して100mほど進んだ3本目の筋を右折し,その次の筋を左折した先には(本郷)神明社があります。伊勢から勧請したとも身延から勧請したとも伝わり,豆腐を供えて祈ると歯痛が治ると伝わっています。

円周寺
甚目寺東大門19





 (本郷)神明社から250mほど進んだ次の信号を左折し,さらに100m強進んだ2本目の筋を右折し,道なりに200mほど進むと円周寺(真宗大谷派)があります。大子山と号し,元々は甚目寺の一山で太子堂と称し,聖徳太子を守る天台宗の寺院であった。貞永元年(1222年)に僧円周法印が親鸞聖人に帰依して改宗し,自身の名をつけて現在の寺号にしたといいます。その後,寛文元年(1661年)に現在地に移転しました。聖徳太子の像を守ってきた寺ですが,本尊は阿弥陀如来になっています。円周寺はハンセン病患者の強制隔離政策に抵抗した小笠原登(1888〜1970)が生まれたゆかりの寺院として知られます。ハンセン病は明治40年(1907年)以降,恐ろしい不治の病と考えられ,隔離政策が始まっていましたが,昭和6年(1931年)に患者の強制収容が法律で定められると,それを批判する論文を彼は発表します。彼の考えは当初は葬り去られましたが,その死後26年経った平成8年(1996年)に強制隔離を定めた法律が廃止されました。

あま市甚目寺歴史民俗資料館
甚目寺東大門8





 円周寺から戻ってすぐの筋を左折して北上し,次の筋を左折して続く筋を左に進み,100mほど先の突当りを右折したところにあま市甚目寺会館があります。会館の3階には歴史民俗資料館があり,甚目寺地区の歴史に関する展示があります。甚目寺の歴史では,出土した遺物が展示されたり,昔の姿のパノラマが設けられたりしています。他にも旧鎌倉街道に関する展示や,市内の寺院から寄託されている文化財の展示,昔ながらの民具や農機具の展示や名産の方領大根の展示など,旧甚目寺町全般に関わる展示を見ることができます。

甚目寺
甚目寺東門前24 [公式HP(外部リンク→)]



 甚目寺会館から北に進んだところに甚目寺(真言宗智山派,境内地は[市史跡])があります。鳳凰山と号し,伝承によると創建は推古天皇5年(597年)で,伊勢国の甚目龍麻呂(はだめのたつまろ)という漁師が海中から聖観音菩薩像を網にかけたため,近くに草堂を建てて祀ったのが始まりといい,古代に尾張氏の一族であった甚目連(はだめのむらじ)が建立したと考えられています。7世紀に天智天皇の病を祈祷し,完治したことから勅願寺となって宝鏡を賜り,続く天武7年(679年)に天武天皇から鳳凰山の額を賜り,伽藍が整備されたといいます。現にここ甚目寺遺跡では白鳳時代の瓦などが出土しており,仏教伝来からも間もない時期の建立で,尾張の古代寺院の中でも最古の部類に入るものといいます。鎌倉初期の建仁元年(1201年)に聖観上人によって再興され,七堂伽藍が整備されて栄えます。当時の様子は,弘安6年(1283年)に時宗の祖である一遍上人がこの地を訪れた様子を描いた『一遍上人絵伝』などから知られているといいます。文禄2年(1593年)に天台宗から真言宗に改宗され,その後も豊臣秀吉から300石を寄進するなど当時の権力者にも保護されて繁栄しました。江戸時代以降は尾張四観音の筆頭格の寺院として大いに信仰を受け,現在でも旧暦1月18日の初観音を中心に大勢の参拝客が訪れます。毎月12日には手作り朝市が催され,境内は多くの露店で埋め尽くされて特に賑わうといいます。
 古刹である甚目寺は,海部地方における文化財の宝庫としても知られます。南側に立つ南大門(仁王門)[国重文]は建久7年(1196年)の建築といい,こけら葺き,入母屋造の雄大な楼門です。源頼朝の命で梶原景時が奉行となって建てたといい,県内最古の楼門といい,あま市で最古の木造建築物といいます。門の両側には2体の木造仁王像[県文化]が立ち,当初は運慶作と伝わっていましたが,平成20年(2008年)の解体修理であま市出身の武将である福島正則が寄進したものであることが判明しました。



 仁王門から入って左手には秋葉三尺大権現が祀られている秋葉堂があり,毎年12月第2日曜日が縁日になっているといい,脇には役行者が祀られています。



 その北には優美な姿が印象的な三重塔[国重文]があり,名古屋両替町の吉田半十郎の寄進によって寛永4年(1627年)に建てられたといいます。高さは28mで三重塔としては全国屈指の大きさといい各層とも三間四方で,本瓦葺の屋根を持ちます。内部には鎌倉時代作という高さ102cmの寄木造である愛染明王坐像[国重文]が安置され,内部からは高さ6cmの胎内仏が見つかっています。塔の入り口には恋愛成就の願掛けのために,思いが通るようにと底のない柄杓が多く収められています。



 塔の南側には書物奉行を務めた尾張藩士で『張州府志』の著者でも知られる松平君山の碑があります。



 塔の北側には,昭和11年(1936年)に寄進により建立された弘法大師をまつる弘法堂と,建久7年に設けられ,濃尾地震後の明治29年(1896年)に再建されたという明王堂が設けられています。



 その北側には本堂があります。本堂は明治6年(1873年)に火災で焼失し,その後平成4年(1992年)に再建された新しい建物になります。本尊は秘仏の聖観音で,前立の十一面観音の腹中に胎内仏として安置されています。



 その東側には釈迦堂があり,薬師如来と俗に御狙(おそそ)様と呼ばれる本尊が中に安置されています。特に婦人が肌が白くなるように祈ると,霊験があると伝わっています。



 境内の東側には特徴的な六角堂があり,千体仏として小さな仏像がぎっしりと堂内にあり,子どもの加護に霊験があるといいます。



 その後ろには十王堂があり,本尊に生前の行いにより天国行きか地獄行きかを天秤にかけるという閻魔大王と十人の王が祀られています。



 その南側の不動堂は青不動尊が祀られており,東海三十六不動霊場の第五番札所に指定されています。



 その南には明治29年(1896年)に再建された鐘楼があります。その南西角には三重塔が最初に建てられた時の心礎といわれる巨大な石があり,白鳳時代の遺物と伝えられています。また,この石を守るように建てられている碑は徳本名号碑といい,江戸中期に全国を布教した徳本という特異な僧の花押が印されています。





 本堂の東側には小さな四国八十八か所霊場が設けられ,その東側には特徴的な東門[国重文]があります。寛永11年(1636年)の建立で,桃山時代の様式を残す銅板葺き,切妻造の四脚門で,雄大な姿を見せています。他にも文化財として東京国立博物館に寄託されている絹本著色不動尊像と仏涅槃図[ともに国重文],建武2年(1336年)の銘があり元々は近江西念寺のもので織田信長によって交換されたという梵鐘,藤原初期の作という瑞花双鸞八稜鏡[ともに県文化]などを有しています。



 甚目寺の周辺には,いくつかの塔頭があります。寺の南,あま市甚目寺会館の向かいには性徳院があります。張州府志によると,元々海東郡大野村(現,愛西市)にあり,洪水で衰退したため,空海が十一面観音などをこの地に移して建立したといい,明治維新後衰微していましたが,大正4年(1915年)に再興されたといいます。



 この北の南大門前のところには旧津島街道の道標が残され,「右つしまみち」「左さ屋まじまみち」と刻まれています。道標はかつては多くあったといいますが,区画整理や道路拡張などでほとんどが姿を消し,昔のまま残されている道標は非常に珍しいといいます。





 境内西側,秋葉堂の西側には法花院があります。甚目寺と同じく推古天皇6年(598年)からの歴史を持ち,建久7年(1196年)に再建されました。古来より出世法師といって山内の寺でも随一だったといい,出世幸福の利益があると伝わっています。元々あったという国の重要文化財にも指定されていた成就院の観音菩薩を祀っていましたが,これは残念ながら平成13年(2001年)の火災で焼失しました。





 南東側に隣接してあるのは大徳院です。創建は建久7年といい,江戸時代には宝蔵院または宝蔵坊と称していましたが江戸末期に大徳院と改められたといいます。本尊は左甚五郎作の恵比寿大黒天で,商売繁盛の御利益があるといいます。正月にはその神影を配布するといい,家に祀ると御利益があると伝わっています。



 境内の北東側には釈迦院があります。推古朝期に創建,建久7年に再興されたといい,天正10年(1582年)には長野の善光寺如来が戦を避けて岐阜に遷座中だったのを,本能寺の変後に再びこの地に再び遷座させ,その際に再興されたともいいます。その後,甚目寺尼寺と称しましたが,俗に釈迦堂と呼ばれ,大正2年(1913年)に福寿坊と合併して釈迦院と改称されました。多数の寺宝を有し,中でも江戸末期の絵師である田中訥言(とつげん)によるホトトギスの図,ガマの図,襖絵夕影図の3つの画蹟[県文化]が知られています。境内には根回り7mに及ぶ甚目寺最大の大楠があります。



 釈迦院の西には光明院があります。古来は甚目寺の奥の院と称し,寺宝には藤原時代作という観音像や織田信長が寄進したという天満天神像,作者不詳の信長画像などがあります。また境内には織田信長が手植えしたという座論梅と呼ばれる梅があり,これは一房に八つの梅があり,それらが一つの房を残して座論に負けたものが次々と敗退していくように落ちていくことからこの名前があるといい,実のなるところがまれであるところが稀であることから「ならずの梅」とも呼ばれるといいます。

漆部(ぬるべ)神社
甚目寺東門前11





 甚目寺の西に隣接して漆部神社があります。創建は不詳ですが,平安時代の延喜式に記載されている「海部郡漆部神社」に当たる古社といい,漆を扱う部族が氏神をまつって創建したと考えられています。かつては少し西にあった漆塚と呼ばれる場所にあったといいます。その後荒廃して社名も忘れさられてしまいますが,室町時代になって八大明神として再建されたといいます。その後,甚目寺の鎮守となりますが,明治の神仏分離令により甚目寺からは分離され,格式の高い神社にも関わらず位の低い神社として扱われます。昭和32年(1957年)に町の有志の運動によって漆部神社と改称され,以降は広く世間から篤い信仰を受けるようになったといいます。その後,昭和43年(1968年)には明治100年記念事業として社務所などが一新され,現在に至ります。



 漆部神社の東隣には日吉社があります。創建は不詳ですが,甚目寺の鎮守社として設けられたと考えられ,尾張名所図会によるとかつては釈迦院の南(現在の四国八十八霊場付近)にあったといいます。



 漆部神社の西側から出て南下し,次の十字路を右折し,さらにその先の十字路を左折した先には三狐社があります。この付近で信仰された石神(しゃくじ)に関連する社といい,甚目寺四隅の守護神のうちの南東(巽)の神になっているといいます。

ゴール:名鉄津島線・甚目寺駅



 甚目寺の東門まで戻り,ここから東に進んで津島街道の商店街に戻り,次の筋を左折して100mほど進むとスタートした名鉄甚目寺駅に戻ってきます。本数は準急と普通が合わせて1時間に4〜6本程度あるので,アクセスは便利です。


写真使用数:38

←前:萱津コース / 愛知県あま市 / 次:森・新居屋コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>