本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県愛西市:佐屋中央コースSAYA CENTRAL

2017年9月探訪。2017年9月26日作成

【コース】 距離:約7.4km
 佐屋地区中心部の佐屋,西條,東保,西保の各地区の各地区をめぐります。旧佐屋宿と津島天王祭市江車に関する文化財・史跡をめぐります。

 名鉄・佐屋駅〜阿弥陀寺〜佐屋代官所址〜加藤高明顕彰碑〜旧佐屋宿〜万端寺〜水鶏塚〜佐屋八幡社〜林證寺〜西條八幡社〜津島天王祭市江車車田址〜東保八幡社〜明源寺〜法光寺〜歴明寺〜善定坊〜星大明社〜名鉄・佐屋駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄尾西線・佐屋駅



 スタートとなるのは,名鉄尾西線の佐屋駅です。津島線の電車の多くがこの駅が終点で,名古屋本線との分岐駅である須ヶ口駅からは22分,名鉄名古屋駅から35分ぐらいの所要時間になります。本数は1時間に4〜6本程度あり(須ヶ口での乗り換え電車も含めて)ますので,アクセスは便利です。

阿弥陀寺
佐屋町亥新田66





 佐屋駅から出て目の前の筋を右に進み,西へ300mほど進んだ「新田」交差点の1つ手前の宅急便の営業所の手前の筋を右折して北に200m弱進むと左手に阿弥陀寺(浄土宗)があります。霊光山寂清院と号し,安永年間(1772〜81)にこの地に住む佐藤文蔵という豪農が,長男が若くして亡くなったので,名古屋熱田の妙安寺の薬師堂を天明5年(1785年)に譲り受けて建立したといい,所蔵していた阿弥陀如来を安置したため阿弥陀堂と記載されました。寛政2年(1790年)に津島の円成寺の末寺となりました。尼僧寺のため,境内は閑静なたたずまいになっており,落ち着いた雰囲気になります。

佐屋代官所址
佐屋町宅地12付近



 阿弥陀寺の先の筋を左折し,続く筋を右折します。少し進んだ左手のところには東海道佐屋路佐屋三里の渡址[市史跡]があります。熱田から佐屋街道でここまで来た旅人は,桑名までの三里の渡しで西に向かいました。明治になって佐屋川は廃止され,農地転用されて現在は面影はありませんが,それまでは東西を結ぶ大動脈として多くの旅人で賑わいました。



 その先の信号の北東側に佐屋代官所址[市史跡]があります。元々東海道の脇往還として発達した佐屋路は,三代将軍徳川家光の時に,道中の宿泊に用いる御殿が建てられたことから名実ともに重要な街道となりました。元禄8年(1695年)に佐屋奉行が設けられて,この付近の統治するようになります。享保11年(1726年)に奉行所はいったん廃止されますが,天明元年(1781年)に佐屋代官所が設けられ,海東・海西郡の109村の大半を支配するようになりました。代官所は佐屋街道の交通や宿場の治安を守ることや渡しを監督する役割を果たし,明治4年(1871年)に廃止されるまで長い間佐屋の行政の中心となりました。現在設けられている石碑は昭和60年(1985年)に設けられたものといいます。

加藤高明顕彰碑
佐屋町宅地12付近



 佐屋代官所址の北側に加藤高明顕彰碑があります。明治期の政治家として知られる加藤高明(1860〜1962)は佐屋代官の手代頭の父と,冨吉建速神社(現,蟹江町)の神職寺西家出身の母のもとで,ここ佐屋町で生まれました。明治維新後名古屋へ移住して明倫堂にて学び,名古屋洋学校卒業後に上京して東京大学にて学びます。三菱に入社後イギリスにて学び,岩崎弥太郎の長女・春路と結婚しました。明治20年(1887年)に政治家へと転身し,明治33年(1900年)の伊藤博文内閣のときには外務大臣に就任します。大正13年(1924年)には立憲政友会などの護憲三派の連立内閣となって内閣総理大臣に就任,普通選挙法と治安維持法を発布するなど行政改革に着手しました。その後国会の答弁中に倒れて帰らぬ人となりますが,本格的な政党政治のさきがけとして大きな影響を残しました。
 顕彰碑から北に100mほど進んだ公園の中には佐屋河原の五輪塔があるといいます。肥後出身の武術家・山田真龍軒(1581〜1634)の墓と伝わるもので,鎖鎌の名手とて知られていたといいます。言い伝えでは寛永9年(1632年)に徳川家光の御前試合にて柳生流の井伊直人に勝ちましたが,その妻貞の薙刀に敗れたといい,寛永11年(1634年)に佐屋宿で荒木又右衛門と佐屋河原で決闘をして負けて死んだといいます。

旧佐屋宿
佐屋町宅地付近



 南に戻って佐屋代官所の碑のある信号を左折して東に進んだところが旧佐屋宿の町並みになります。佐屋宿は嘉永11年(1634年)に設立され,寛文6年(1666年)に正式な宿場として公認されました。残された図によると本陣2軒,脇本陣1軒,旅籠31軒を誇り,佐屋街道で最大の規模を誇りました。残念ながら往時の町並みはほとんど残っていませんが,歴史を感じる痕跡がいくつかあります。





 交差点からすぐ右手にはきこく(カラタチ)の生け垣があります。この生け垣は小田切春江による『尾張名所図会』にも描かれた歴史あるものといい,案内板も設けられています。また,その先には舟場へと導く道標が移されています。



 100m弱進んだ次の筋を右折し,続く筋を左折し,さらに先を右折すると万端寺(真宗大谷派)があります。宝学山と号し,当初は紀州(和歌山県)にあって天文2年(1534年)に伊勢に移しましたが,織田信長公によって焼き払わたため,天正10年(1582年)に現在地に移されたといいます。

水鶏塚
佐屋町宅地159



 万端寺の先の突当りを左折し,2本目の筋を右折した先に水鶏塚[市史跡]があります。元禄7年(1694年)に俳聖・松尾芭蕉が故郷の伊賀に戻るために,門弟ともにこの佐屋宿で一泊した際に,「水鶏鳴くと人のいへばや佐屋泊」と詠んだといいます。その死後の享保20年(1735年)に門人らによって芭蕉が宿泊したというこの場所(佐屋御殿番付の山田庄左衛門宅)に塚を築き,40回忌の法要を営んだといいます。碑は正面に水鶏の句を,右側に碑建立の由来を,背面には芭蕉と共に滞在したという門弟の露川の銘があるといいます。佐屋川が亡くなった今,水鶏が鳴く風景の面影は全くありませんが,当時の風景に思いを馳せることができます。





 水鶏塚の向かい東側に佐屋八幡社があります。佐屋村の氏神で祭神は応神天皇と言われ,清須から譲り受けて設けられたといいます。江戸時代は渡船の守護所として祈祷札も発行され,多くの人で賑わったといいます。

林證寺
西條町伊重1-2





 佐屋八幡社から参道を南下して県道に出て,そのまま次の筋を左折します。200m弱進んで名鉄の踏切を渡り,600mほど進んだ次の信号を右折し,さらに「西善太」交差点を越えて100m強先の突当りを左折します。さらに300mほど先の3本目のカーブミラーのあるT字路を右折して200mほど進むと左手に林證寺(真宗大谷派)があります。小林山と号し,創建は不詳ですが古くは天台宗で,大永3年(1523年)に真宗に改宗されたといいます。真宗には珍しい長屋門鼓楼が特徴で,境内には真宗にまつわる多くの碑も立てられています。



 林證寺の東100mほどのところには慶正寺(真宗大谷派)があります。金城山と号し,慶長4年(1559年)に中島郡千代田村氷室(または中島郡東城村)(ともに現稲沢市)に創建されたといい,宝暦年間(1751〜64)に現在地に移転したといいます。

西條八幡社
西條町二町田35





 林證寺の西,道路を挟んだ向かい側に西條八幡社があります。創建は不詳ですが文明2年(1470年)に再建されたと伝わります。本殿[県文化]は一間社流造りと呼ばれる洗練されたもので,京都の社を真似て作られたといい,全国でも古い形のものとして県の文化財に指定されています。他にも鮮やかな武将が描かれた江戸末期と明治初期の幔幕や,短刀,矛先,多数の棟札などが保管されています。また桑名の石取祭に影響を受けた石取車があり,9月の例大祭などで出演しているといいます。境内横には地蔵堂があり,勝軍延命地蔵と呼ばれる地蔵がおさめられており,17年ごとに御開帳されるといいます。毎年2月24日に近い日曜日には餅投げが行われ,五穀豊穣・家内安全の祈願が行われるといいます。

津島天王祭市江車車田址
東保町車田



 八幡社の右側の筋に入ってその先を左側に進み,100mほど進んだ水路を渡った先の十字路を右折すると,100m強先の交差点のところに津島天王祭市江車車田址[市史跡]があります。日本三大川祭の1つに数えられる尾張津島天王祭には,津島市内から出る5つの山車に加えて,ここ愛西市からも市江車の車楽[県民俗]が活躍します。特に朝祭ではこの市江車が中心的な役割を果たします。この尾張津島天王祭の車楽舟行事[国民俗]は,平成28年(2016年)にはユネスコの無形文化遺産にも登録されました。ここにあったのは市江車の車田と呼ばれるもので,これは朝祭の中心である市江車を保護するために,尾張藩が土地を与え,年貢収入で費用を賄うことができるようにしたもので,53石余りの土地があったといいます。

東保八幡社
東保町宮越432





 市江車車田址から北に200mほど進んだ突当りを左折して200m弱進むと,左手に東保八幡社があります。創建は不詳ですが,元々は荷之上,五ノ三(現,弥富市)の氏神だったと伝わっています。その後市江車を保護するこの東保村の氏神になって発展したと考えられており,祭神は応神天皇です。境内には推定樹齢250年と呼ばれるクロマツ[市天然]がひときわ高くそびえたっており,複数のヤドリギの養成も確認出来て生物学的に珍しいものといいます。7月の尾張津島天王祭の際はこの地からも市江車が出演しますが,その2週間ほど前からはここで天王祭に向けて多様な神事が行われるといいます。



 八幡神社の奥の筋を左折し,続く交差点を右折します。さらに200mほど進んだ3つ目の筋を左折すると,少し先の右手に明源寺(真宗大谷派)があります。松蔭山と号し,寛永11年(1634年)に明玄により創建されたといい,宝暦10年(1760年)に再建されたといい,以前は天台宗だったとも考えられています。明治24年(1891年)の濃尾地震で倒壊し,東保村の檀家により再建されたといいます。

法光寺
西保町古堤西25





 明源寺から次の突当りを左折,続いてすぐに右折し,400m弱進んだ突当りを右折します。そのまま先の「東保北」交差点を直進して500mほど踏切を渡って進み,県道に突き当たる1つ手前の筋を右折すると法光寺(真宗本願寺派)があります。紫金山と号し,慶安2年(1649年)の創建といい興善寺(現名古屋市中区)の末寺といいます。興善寺は元々この付近にあったといい,桓武天皇の勅願寺として延暦14年(795年)に創建されたという古刹です。その後興善寺は清須を経て名古屋に移りましたが,その由緒でこの地に法光寺が建立されたとも伝わります。享保7年(1722年)に再建され,明治24年(1891年)の濃尾地震で本堂,庫裡が倒壊した際も檀徒によって再興されたといいます。



 法光寺の西側を通る県道に出て,「北川原」交差点の分岐を右に進んで300m弱進むと,左手に歴明寺(真宗大谷派)があります。是久山と号し,元々は中島郡祖父江町中牧または二俣(現,稲沢市)にあって天台宗だったといい,開創は天正13年(1585年)と『尾張志』にはあります。蓮如上人の真筆という九字名号が伝来しているといいます。

善定坊
西保町北川原9





 歴明寺の前から北に伸びる細い道を200m弱進むと,左手に善定坊(真宗大谷派)があります。市江山と号し,天正15年(1587年)に越前朝倉氏の家臣だったという浄空によって創建されたといい,浄空の元の名前が善定だったことから光教上人より現在の寺号を賜ったといいます。浄空は長島の一向一揆の際に敵対する織田信長の陣に放火したと伝わっています。延宝4年(1676年)の木曽川の洪水や明治24年(1891年)の濃尾地震でも被害を受けました。入口の門は大正15年(1926年)に佐屋宿の本陣から移築された明治天皇佐屋行在所の門[市文化]で,書院は津島市の浄光寺に移されたといいます。また,この付近はかつて織田信長の弟である織田信包が居住したという西保城があった場所といい,城之内という地名も残されています。信包は永禄11年(1568年)に伊勢長野城へ,その後安濃津城主となっています。

星大明社
西保町宮西2







 善定坊から東方向へ100m進み,「西保」交差点で左奥方向へ県道を進むと200mほど先の右手に星大明社があります。西保町の氏神で,祭神は赤星明神といい,かつては松隣寺という社僧があったといい,江戸末期の『尾張名所図会』にも赤星名明神として描かれています。6月には尾張津島天王祭で市江車を出すために,試楽の式が行われているといいます。神社の鳥居が両部鳥居といい,柱の前後に控柱がついているのが特徴といいます。社宝に永正7年(1510年)に製作されたという木造獅子頭[市文化]があり,全体的な構造が角ばって扁平な形をしており,室町時代の獅子頭の特徴を残す点で貴重といいます。
 星大明社から100m弱進んだ左手には市川木魚製作所があります。読経の際に打ち鳴らすことでリズムを整えるのが木魚ですが,木魚の生産は愛知県が日本一で,この製作所も日本有数の木魚の生産地といえます。

ゴール:名鉄尾西線・佐屋駅

 市川木魚製作所から200mほど進んだ「佐屋駅西」交差点を右折したらスタートした佐屋駅に戻ってきます。名鉄名古屋駅まで35分ほど,本数は1時間に4〜6本ほどあり,佐屋駅始発列車も多く設定されています。


写真使用数:30

←前:佐屋北コース / 愛知県愛西市 / 次:佐屋東コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>