本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県愛西市:佐屋北コースSAYA NORTH

2017年9月探訪。2017年9月26日作成

【コース】 距離:約7.7km
 佐屋地区北部の柚木,内佐屋,須依,北一色,稲葉,甘村井,日置の各地区をめぐります。日置庄や佐屋街道など歴史を感じながらめぐります。

名鉄・日比野駅〜由乃伎神社〜明教寺〜佐屋海道址〜信力寺〜相江神社〜鈴木家住宅〜浄法寺〜天神社〜永敬寺〜愛西市役所〜不動寺〜西光寺〜正覚寺〜玉泉寺〜安清院〜大法寺〜明通寺〜大聖院〜日置八幡宮〜名鉄・日比野駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄尾西線・日比野駅



 スタートの名鉄尾西線日比野駅へは,津島線の分岐駅である須ヶ口駅から佐屋行に乗車して急行で約16分,普通で約20分です。本数は1時間に4〜6本程度運転されているので,アクセスは便利です。名鉄名古屋駅からは,30〜40分程度の時間を見ておくといいでしょう。
 日比野駅は,駅の所在地の柚木町出身の日比野紋左衛門から取られた,個人名を駅名にした珍しい駅です。日比野紋左衛門は肥料工場の専売特許を取得し,四日市で工場を設立しました。宮内庁御用達となってこの地に工場を建設しましたが,彼の没後に会社は倒産しました。その際に尾西鉄道が開通することになり,本工場のために駅を開設することになったため,工場を設立した日比野を駅名にしたそうです。

由乃伎神社
柚木町東田面713-1





 日比野駅を出て,正面を右折して踏切を渡り200mほど進んだ点滅信号のある交差点を左折します。少し進んで次の筋を左に入ったところに由乃伎神社があります。創建は不詳ですが,『尾張名所図会』にも記載がある神社で,平安時代の延喜式に由乃伎天神とある式内社といいます。尾張志によると尾張風土記に雪田山由木明神として記載があり,古くは神明社ともいったといいます。明治元年(1868年)に明治天皇が東京へと東幸されるとき,勅使が参拝して玉串が奉納されたといい,その日の9月26日に例祭が行われるようになったといいます。

明教寺
柚木町前田面586



 由乃伎神社の入り口から西方向に戻って150mほどそのまま進み,突当りを左折して続く筋を右折し,さらに次の筋を左折すると明教寺(真宗大谷派)があります。法音山と号し,元々は美濃国安八郡今尾(現在の海津市)にあって,その後海西郡立田村後江に移り,さらに文化・文政の頃(19世紀初め)に現在地に移されたといいます。昭和の初めに寺が拡張され,その当時から残されている立派な鐘楼があります。

佐屋海道址
内佐屋町五反田



 明教寺の先の筋を右折し,そのまま道なりに100mほど進んで突当りを左折し,次の筋を右折します。その先の県道を左折して300m弱進むと左手に佐屋海道址[市史跡]の碑があります。佐屋海道こと佐屋路は,東海道が熱田から桑名まで七里の渡しでつながっているのに対して,熱田から佐屋回りで桑名までつながる脇往還として繁栄し,船旅を避けて通る人々で賑わいました。熱田から万場,神守などを通り,佐屋宿から佐屋川を下って桑名に至る三里の渡しを通って東海道と連絡していました。この南を通る農道がかつての佐屋海道といい,この碑は往時の繁栄を後世に語り継ぐため,昭和54年(1979年)に建てられたものです。往時の繁栄を心の中で感じながら進んでいきましょう。

信力寺
内佐屋町郷159



 佐屋海道址の碑から南下して次の筋を右折したら50mほど先に信力寺(真宗大谷派)があります。創建は不詳ですが,永正元年(1504年)頃に転派したと伝わっています。本尊は阿弥陀如来立像です。庭にはキリシタン灯籠があることでも知られています。昭和43年(1968年)に火災で本堂が焼失したため,その後近代的な鉄筋コンクリート造りに建て替えられました。明治期に活躍した住職の静観は,全国各地に布教や講演を行うなど活躍したといいます。

相江神社
内佐屋町郷130



 信力寺から50mほど先に進むと,右手に相江神社があります。創建は不詳ですが,『尾張国本国帳』に「相江ノ社」と記載があり,『尾張名所図会』にも記載がされ,この地域で篤い信仰を受けたといいます。境内の石柱には天明元年(1781年)の記載があり,棟札も残されていたといいます。境内に地蔵堂があり,これは慶安3年(1650年)に佐屋川の堤防が決壊して堂が流され,八幡社におかれていたといいますが,宝永3年(1706年)に堂を作り直したといいます。

鈴木家住宅
須依町郷577-1





 相江神社の先の筋を左折して100mほど進み,突当りを左折して100mほど進むと県道に戻ります。ここを右折して300mほど進むと右手に鈴木家住宅[国登録]があります。鈴木家は江戸時代から続く佐屋地方の地主で,江戸末期に財をなしたといいます。明治16年(1883年)には当主の鈴木仙太郎が県会議員や衆議院議員,佐屋村長を歴任するなど地域を代表する政治家として活躍しました。この建物は氏の絶頂期である明治23年(1890年)に建てられたもので,敷地北西側にある主屋と隣に立つ蔵,南側に立つ米蔵,コンクリート製の門などそれぞれの建物がおもむきのある貴重な建物で,頑丈なたたずまいが特徴となっています。

浄法寺
須依町郷549



 鈴木家住宅から100mほど南下すると右手に浄法寺(真宗大谷派)があります。芙容山と号し,創建は不詳ですが天正10年(1582年)に再建されたといい,寛政9年(1797年)に庫裡の茅葺や梵鐘を庄屋浅野勘左衛門が寄進したと伝わっています。本尊は阿弥陀如来で,寺宝に天正10年(1582年)の裏書がある方便法身尊像や,三朝高祖画像,太子画像などの貴重な絵画が残されているといいます。



 浄法寺の先には天神社があります。祭神は菅原道真で,創建は不詳ですが,織田信長の家臣だった鈴木清太夫が,本能寺の変の後にこの地に移り住み,慶長7年(1602年)に再興して,代々崇敬して延宝7年(1679年)に社殿を改築したといいます。またこの付近は,昭和53年(1978年)から昭和63年(1988年)にかけての調査により,砂山廃寺と呼ばれる奈良時代の寺院跡があったことがわかり,弥生時代から鎌倉時代にかけての土器や古瓦などが出土しています。

永敬寺
北一色町北田面308



 天神社の先の「須依」交差点を左折して200mほど進み,名鉄の踏切を渡って300m弱先の踏切を渡って4本目の筋を右折し,少し進んだ先を左折したところに永敬寺(真宗大谷派)があります。創建は不詳ですが,元々は津島の成信坊の末寺で,明治維新にて直末になったといいます。本尊は阿弥陀如来で,延宝2年(1674年)の銘のある親鸞聖人画像,寛文3年(1663年)の銘のある宣如上人画像,江戸中期の僧木食(もくじき)による木造薬師如来坐像などを所蔵しています。





 永敬寺の先の十字路を左折して100mほど進むと,正面に(北一色)八幡社があります。祭神は応神天皇で,創建は不詳ですが,最古で天明元年(1781年)の棟札が残されており,古い棟札が多く残っているといいます。風水害で古い記録は失われていますが,長く信仰を受けていたと考えられます。

愛西市役所
稲葉町米野308





 八幡社の右側の交差点を右折し,150mほど進んだ保育園の手前の交差点を左折して300mほど進むと左手に愛西市役所の中央図書館があります。この付近は愛西市の行政の中心で様々な施設が集まっています。この南東側には佐屋護国神社もあります。





 中央図書館の先のT字路を右折して100mほど進むと左手に佐屋保健センターがあります。その道路をはさんで反対側には愛西市役所があります。地域のウォーキングコースの拠点になっているほか,場合によっては役所で地図などを手に入れることができます。ウォーキングの際の中継地点として活用しましょう。



 愛西市役所の南には文化会館があり,その2階には佐屋郷土資料室があります。旧佐屋宿に関する展示や佐屋出身の政治家・加藤高明などに関する展示があり,佐屋地区の歴史について学ぶことができます。見学の際は1階の事務室で受付をすると無料で見学することができます。

西光寺
稲葉町本郷200 [公式HP(外部リンク→)]



 愛西市役所の先の信号を右折し,200mほど進んで川に突き当たったところを左折します。この川沿いには桜並木が立ち並び,春には桜がきれいな彩りを添えます。



 先の分岐を左に進んで200mほどで橋を渡って県道と交差するのでここを車に注意して渡り,東へ入る筋に入って,次の筋を左折します。すると200mほど先に西光寺(真宗大谷派)があります。夕照山と号し,当初は天台宗で文永9年(1272年)に没したという諦善によって美濃国幡長(現,海津市)に創建されたといいます。その後,中島郡三宅村(現,稲沢市平和町)に移転し,当時の領主であった橋本伊賀守の菩提所になったといいます。明応3年(1494年)に法順によって浄土真宗に改宗され,現在地に移転しました。尾張藩主徳川光友(瑞竜院)の時代に縁故があって,尾張家から三つ葉葵の御紋付の聖徳太子厨子などの宝物を賜り,その後継友の時代には九条輔実公の息女が寺に輿入れし,九条家から多くの寄付を賜ったといいます。しかしこれらは,公共事業の資として売り払われたり,明治9年(1876年)の伊勢暴徒の火災によって失われたりと,残ったものはわずかになったといいます。本堂が最近になって新しくなり,整った境内が印象的です。

正覚寺
甘村井町西出割50



 西光寺から南に戻って次の筋を左折して東に200mほど進み,少し広い道に合流したら続いて200mほど東に進むと,左手に甘楽社があります。祭神は天鈿女命(あまのうずめのみこと)といい,『尾張名所図会』にも甘楽名神社として紹介され,江戸時代には八幡宮と呼ばれていたといいます。





 甘楽社から先に進んで,次の筋を左に入ったところに正覚寺(真宗大谷派)があります。緑松山と号し,創建は不詳ですが天文3年(1534年)に僧善祐が再建したといい,元々は美濃国羽栗郡富田村(現在の羽島市)にあったといいます。このころに木曽川下流のこの地域が開発され,その心のよりどころとして設けられたといいます。

玉泉寺
稲葉町本郷178





 正覚寺から西に200mほど戻って,交差点を左奥方向に進むと玉泉寺(曹洞宗)があります。浩照山と号し,海西郡赤目村(現,八開地区)の一心寺の末寺といいます。慶長10年(1605年)に加藤氏の寄進によって創建されたといい,地蔵菩薩を本尊とし,境内に八幡社があってこの村の氏神になっていたといいます。寺を寄進した加藤家はこの付近の名家で,江戸時代の元禄期には豪壮な邸宅に河岸に米蔵が立ち並んでいたといいます。寺には高さ59cmに及ぶという加藤家の位牌や,寺の開祖と伝わる一心寺5代の易淳和尚の位牌などが残されているといいます。



 隣接して稲葉の八幡社があります。祭神は応神天皇で,佐屋地区に多くある八幡社のうちの一つです。



 玉泉寺の右側の道を進んで,先の「稲葉」交差点を右折して県道105号を北上し,200mほど進んだ次の筋を左折すると安清院(単立)があります。明治15年(1882年)に京都の大超寺住職らによって再興されたといい,立派な木造阿弥陀如来の本尊を持っています。

大法寺
稲葉町江頭10 [公式HP(外部リンク→)]





 安清院から県道105号線に戻って,再び北上すると,左手に大法寺(浄土宗)があります。励声山と号し,寺伝によると1550年頃の創建といいます。中一色円成寺(現,津島市)の住職であった大法和上が自分の出身の家を寺にしたといい,明治2年(1869年)にその名前から大法寺にしたといいます。境内には650年にも及ぶ樹木が立ち,その樹木に霊を埋葬する樹木葬が行われているといいます。地域の人々へのイベントなどを活発に行っている様子がうかがえます。

明通寺
日置町本郷1248-1





 大法寺から400m強北上した「日置」交差点で,横断歩道で県道の右側に渡ります。この手前にはコンビニもあるので休憩地点として活用しましょう。さらに200mほど北上した右手に明通寺(真宗大谷派)があります。宝光山と号し,創建は不詳ですが明応6年(1497年)頃に僧道順によって再興されたといい,その際に天台宗から浄土真宗に改宗されたといいます。寺や村の歴史を記した『諸事留帳』という膨大な記録があり,本堂や本尊の木像阿弥陀如来などは江戸中期の作といいます。尾張徳川家義直公も度々立ち寄り,寺宝には義直から拝領したという中啓扇子と葵の紋のついた箱,京都町尻家から伝わったという親鸞聖人自作という聖人の御本像,蓮如上人筆という六字名号など多数の寺宝を有しています。

日置八幡宮
日置町本郷94





 明通寺のところから県道を100m強北上した右手に,日置八幡宮があります。源頼朝が養和元年(1181年)に勧請したと伝えられる古社で,鎌倉の鶴岡八幡宮にならって境内を整備したといいます。佐屋地区には9社の八幡社がありますが,この神社によって八幡信仰がこの付近に広まったためとも考えられています。社宝には,明応2年(1493年)の銘が入った懸仏[市文化]があり,直径は64.3mに及ぶ巨大なもので,中央に十一面観音菩薩が描かれた室町中期の作といいます。また,所有している木造獅子頭[市文化]は,修復調査によって建長4年(1252年)の銘が確認された年代の分かるものとしては国内最古という貴重なもので,享徳3年(1454年)に補修されていることが分かっています。行事としては毎年旧暦正月15日に行われる管粥神事[市民俗]が有名で,管の中に五穀を入れて,小豆粥の中に入れて煮て,どのぐらい煮えたかで年の吉凶を占うもので,15世紀にはじまったものといわれています。この付近は平安時代には日置庄という藤原氏の領地があったところといい,藤原頼長が久安6年(1150年)に賜ったという記録が最初のものです。この日置地区は古来より記録が残る歴史ある場所だと感じられます。

大聖院
日置町本郷131



 日置八幡宮の東に隣接して大聖院(真言宗智山派)があります。八幡山と号し,養和元年に源頼朝が八幡社を勧請した際,別当の光明院を創建し,その後慶長12年(1607年)に再興されましたが,明治の神仏分離で廃寺となりました。明治30年(1897年)に和歌山の大伝法院の塔頭だった大聖院をこの地に移して再建したといいます。廃寺前は多くの名宝を所有していたといいます。

ゴール:名鉄尾西線・日比野駅

 大聖院から県道を南に戻って,明通寺横の横断歩道を渡って北に戻り,次の筋を左折して200m強進むと,スタートした名鉄尾西線の日比野駅に戻ってきます。名鉄を利用して戻りましょう。本数は1時間に4〜6本程度あります。


写真使用数:35

←前:八開南コース / 愛知県愛西市 / 次:佐屋中央コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>