本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県愛西市:勝幡コースSHOBATA

2015年6月探訪。2017年5月22日作成

【コース】 距離:約6.7km
 佐織地区の古瀬・千引・佐折・勝幡・小津地区を巡ります。織田信長生誕地とされる勝幡城や交通の要衝日光川周辺の社寺などをめぐります。

名鉄・勝幡駅〜(古瀬)熊野社〜来光寺〜相ノ川桜並木〜奥津社〜(佐折)神明社〜隋円寺〜勝幡稲荷〜西蓮寺〜福応寺〜勝幡神社〜勝幡城跡〜佐織総合福祉センター〜願蓮寺〜八龍社〜織田信長誕生の像〜名鉄・勝幡駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄津島線・勝幡駅





 スタートは名鉄津島線の勝幡駅です。すべての列車が停車し,名古屋本線と分岐する須ヶ口駅からは約12分の所要で,1時間に4〜6本程度運転されています。名鉄名古屋駅から利用する場合は,25〜30分の所要時間を見ておけばいいでしょう。勝幡駅の南口から出てスタートしましょう。

相ノ川桜並木
古瀬町郷内付近



 勝幡駅の南口から南に進んで,スーパーを右に見ながら南下します。このスーパーの駐車場の側には,伏見稲荷大明神が勧請されています。



 南下して400mほど進むと右手に(古瀬)熊野社があります。創建は不詳ですが,文政年間に紀州熊野本宮に参拝した際に勧請したとも聞き伝わっているといいます。



 熊野社の手前の筋を左折して東に進み100mほど進んだ突当りを右折すると右手に来光寺(真宗大谷派)があります。大野山と号し,創建は不詳ですが慶長11年(1606年)に祐善により再興されたといい,当初は津島大野広覚寺の末寺でしたが,享保3年(1718年)に直参となりました。





 来光寺の前を左折して広い筋を渡り100m強すすむと相ノ川に突き当たるのでここを右折します。この相ノ川沿いに植えられた桜並木は市内でも随一の桜の名所として知られます。ずっと南下して進んだ先には平成9年(1997年)に設置された噴水もあり,市民の憩いの場として多くの人々に親しまれています。

奥津社
千引町屋敷36





 相ノ川沿いの道を進んで次の筋を左折し,100mほど進んだ左手には奥津社があります。4世紀中ごろに築造されたという奥津社古墳上に設けられた神社です。奥津社古墳は径25m,高さ約3.3mの円墳で,三角縁神獣鏡3面[県文化]や弥生時代後期の土器,古式土師器が出土しています。三角縁神獣鏡は,鏡縁の断面が三角形になっており,その内側に神像や獣形の文様が施された鏡で,鏡は現在は熱田神宮の宝物館に納められています。この鏡が出土した昭和51年(1976年)に,近くを流れる目比川や長良川の堤防が決壊し,この災害は鏡を取られたと怒った神様による仕業だと地元では信じられているそうです。目比川の決壊については地域の人々に生々しく残っているようで,それに関する標識がよく見られます。

隋円寺
佐折町宮寺29





 奥津社の前から東に50mほど進んだ千引集会所の手前を左折します。この集会所付近は昔ながらのお地蔵様などが設けられていて雰囲気があります。



 その先の突当りを右折し,さらに次の筋を左折します。その先の交差点を左折し,続く筋を右折します。200mほど進むと水路沿いの道となります。さらに300mほど進んだ東八幡浄化センターの次の交差点を右折し,150mほど進んだ3つ目の筋を右折すると,少し先に(佐折)神明社があります。創建は不詳ですが,天和3年(1683年)に再建されたという記録が残されています。





 戻って突当りを右折し,その先の交差点を左折すると,少し先の左手に隋円寺(真宗大谷派)があります。創建は不詳ですがかつては宗玄寺といい,貞享年中(1684〜88)に現在の寺号にしたといい,津島成信坊の末寺だったといいます。この付近の佐折町は,旧佐織町の町名の由来となった佐織縞が最初に織られた地ともいわれています。佐織縞はこの付近の名産綿織物で,この地方一帯に農家の副業として織られていました。



 隋円寺から約200m,名鉄の踏切を渡って進むと津島上街道に突き当たります。なお,ここから300mほど東に進んだ目比川の橋の手前の民家の前には,現在の稲沢市三宅地区にある長福寺への道標が建てられています。

西蓮寺
勝幡町塩畑2548-1



 津島上街道を西に進み,600mほど進んだ信号を越えた次の斜めに横切る道との交差点を左折し,200mほど進んだ2本目の筋を右折します。そのまま突当りまで進んで右折し,少し進んだ右手に勝幡稲荷があります。



 勝幡稲荷の向かいには,西蓮寺(真宗大谷派)の入り口があります。蓮池山と号し,寺伝によると天正10年(1582年)に浄空による創建といい,元は天台宗で旧佐屋町落合にあり,正保4年(1647年)に転派したといいます。

福応寺
勝幡町塩畑2645



 西蓮寺から100m弱進んだ左手に福応寺(真宗大谷派)があります。無量山と号し,寺伝によると元亀3年(1572年)に祐西により開創されたといいます。祐西は最初は信長に仕えていましたが,寝返って顕如の弟子となり,一寺を建立して福寿坊と号し,明暦3年(1657年)に現在の寺号にしたといいます。



 福応寺から少し先の三叉路には,「左つしま道,右なこや道」と刻まれた旧津島上街道に建てられた道標があります。ここで清須と勝幡を結ぶ清須道と合流していたといい.道標のほかに高札場も設けられたといいます。勝幡の町は元々塩畑(しおはた)といいましたが,織田信長の父信秀が縁起のよい勝幡の漢字を当てて名づけられたといい,水運と陸運の要衝でした。

勝幡神社
勝幡町大縄場2820





 道標から南に戻って,次の筋を右折して西に100m強進むと右手に勝幡神社があります。元々の創建は不詳ですが,大正7年(1918年)に集落にあった白山神社,富士浅間神社,弁財天社が合祀されて現在の形になったといい,鳥居の下に数本の社標が残されているといいます。3月の第2日曜日に行われる春の大祭である勝幡オコワ祭[国民俗]が有名で,供え物の一つに樽詰めのオコワイ(強飯)があることからこの名前がついたといいます。尾張の奇祭の1つに数えられ,神様の食事を地域の人々が一緒に食べ,幸福を分け合うという意味があるといいます。

勝幡城跡
稲沢市平和町城之内105



 勝幡神社から200mほど進んだ左手に勝幡城跡[稲沢市史跡]の碑と案内板があります。勝幡城は永正年間(1504〜20)に織田信長の祖父である信定がこの地に築いたもので,現在の愛西市勝幡と稲沢市平和町六輪にまたがって存在していたと推定されています。言い伝えによると本丸は方形で東西29間(約50m),南北43間(約80m)で,土塁をめぐらしその外側を二重堀で囲み,三宅川を外堀の役目を果たす堅牢な城で,弘化4年(1847年)の「勝幡村絵図」には福応寺付近に馬出しと記され,東に大手門,西に搦手(からめて)門があったと考えられています。この地に拠点を置いた織田氏は後に津島を勢力下におき,津島湊の経済力を背景にして大きな勢力を誇るようになります。後に信長の父・信秀は今川氏方の那古野城を攻略して本城を移したため,勝幡城は廃城になったと考えられており,その後江戸時代の日光川の改修工事により遺構はほとんど失われてしまったといいます。



 日光川にかかる嫁振橋の欄干にはかつての勝幡城の当時の想像図が書かれていますが,江戸時代のような天守閣のある城ではなく,巨大な屋敷のような中世の城だったといいます。勝幡城は,天文3年(1543年)に織田信秀の三男として信長が生まれた場所ともいわれています。信長はその後天文15年(1546年)に古渡城(現,名古屋市中区)で元服し,勢力を伸ばして永禄2年(1559年)に尾張を統一,その後日本の天下統一に向けて大きく前進させたのは有名な話です。



 日光川の橋を渡る手前で左折し,日光川沿いに進みます。僧日光によって開墾されたことから川の名前になった日光川は,尾張藩によって天明年間(1781〜89)に改修工事が行われて現在の流路になったといいます。改修後の日光川は流通上重要な役割を果たすようになり,この付近は湊が設けられ,日光川舟運の中継地と栄えたといいます。



 日光川沿い150mほど進んだ左手にも,勝幡城跡の碑が建てられています。

佐織総合福祉センター
小津町観音堂27



 2つ目の勝幡城跡の碑から400mほど日光川沿いに進み,次の信号を右折して小津橋を渡ります。橋を渡った先を右折し,次の領内川を渡る橋があるところの分岐を左に進み,200m強先の筋を左に戻る方向に進みます。そのまま150mほど進むと突当りに佐織総合福祉センターがあります。地域のウォーキングコースの拠点になっており,ウォーキングの際の休憩に活用できます。



 福祉センターのところを左折して100mほど進んだ次の信号を左折し,100mほど進むと左手に願蓮寺(真宗大谷派)があります。尾張志によると天文17年(1548年)に西念による開基といいます。



 そのまま200m弱進んで日光川にかかる橋の手前を右折した先には八龍社があります。水に関する神様をまつったものになります。日光川が改修されたのちにはこの付近にも湊が設けられたといい,水運の安全を祈願して設けられたものとも考えられます。

信長生誕の像
勝幡町五俵入2266





 戻って日光川と三宅川を渡り,その先を斜め右方向に進むと旧街道の町並みが続きます。この道を約200mで勝幡駅の北口に戻ってきます。駅北口には勝幡城がこの地に近いことから,信長の父・織田信秀と母・土田御前が織田信長(幼名・吉法師)を生んだ様子を表した銅像が建てられています。銅像の後ろの休憩所には勝幡城のジオラマも設けられ,信長生誕の町勝幡を盛り上げている様子が伝わります。

ゴール:名鉄津島線・勝幡駅



 像の先には名鉄津島線の勝幡駅があります。1時間に4〜6本の運転で,全列車が停車するのでアクセスは便利です。須ヶ口駅まで12分,名鉄名古屋駅まで乗り換え時間を含めると25〜30分程度で行くことができます。


写真使用数:31

←前:[津島市]天王川公園コース / 愛知県愛西市 / 次:藤浪コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>