本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県豊明市:前後コースZENGO

2019年2月探訪。2019年2月6日作成

【コース】 距離:約9.7km
 前後駅周辺の新しい住宅街の史跡や神社,公園などをめぐり東部の昔ながらの社寺をめぐっていきます。最後はアジア最大の花き市場を訪れます。

≪コース≫ 名鉄・前後駅〜パルネス〜前後神明社〜戦人塚〜三崎水辺公園〜豊明市立図書館〜二村台神明社〜豊明市文化会館〜中央公園〜豊明市役所〜寂光寺〜中島八剱社〜禅源寺〜阿野八剱神社〜西蓮寺〜花き地方卸売市場〜名鉄・豊明駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄名古屋本線・前後駅



 スタート駅は市の中心駅である名鉄前後駅になります。豊明市の中心駅で,名鉄名古屋駅や金山駅からは1時間に6本程度運転されている急行の利用が便利です。所要時間は金山駅から約15分,名鉄名古屋駅からは約19分になります。
 前後駅は当時の愛知電気鉄道が有松裏駅から新知立駅まで開通した際に設けられた駅で,当時は現在の豊明市で唯一の駅でした。のちに阿野駅(現在の豊明駅)が開業しますが,現在でも豊明市の中心駅として各方面へのバスも発着し大いに賑わっています。





 駅前広場にはからくり時計になっているきのっぴいというオブジェや豊明市章などもあり,市民の憩いの場としての雰囲気を感じさせます。市民が集まるイルミネーションや各種イベントなども行われており,このようなイベントを狙って訪れるのもいいかもしれません。前後という珍しい地名は,もともと親村であったという間米村から見て南にあることから前郷(ぜんごう:前は南の意味)と呼ばれたのが,前後と書かれるようになり,その後ぜんごと呼ばれるようになったといいます。

パルネス
前後町善江1735



 前後駅北口から出て左手には駅前の再開発事業で昭和63年(1988年)と平成元年(1989年)に竣工したパルネス(PALNES)の1号館と2号館があります。クリニックや銀行などの施設も入った多用途ビルになっており,中に入っている南部公民館には図書室も設けられています。前後駅の新たな玄関ビルとして定着しています。



 パルネスの建物の奥を左折して進んでいきます。この道は旧東海道に当たりますが,現在は住宅地や商店が立ち並ぶようになっています。かつての雰囲気はあまり感じられませんが,この道をかつて多くの人が行き交ったことに思いを馳せながら進んでいきましょう。





 旧東海道を500mほど進んだ右手には前後神明社の鳥居が見えてきます。ここを右折してその先の国道1号線を渡った先には前後神明社があります。元和2年(1616年)の創建といいます。

戦人塚
前後町仙人塚1736-163





 前後神明社から国道1号線を東に200mほど進み,2本目の薬局を越えた次の筋を左折します。そのまま150mほど道なりに進み,大きく左に曲がった次の十字路を右折すると,左手に戦人塚[国史跡]の入口があります。永禄3年(1560年)に起こった桶狭間の戦いの戦死者を祀るために設けられた塚で,曹源寺2世快翁龍喜和尚が明窓に命じて供養させたと伝わっています。桶狭間の戦いではおよそ2500人もの戦死者が出たといい,現在でも曹源寺によって供養が続けられているといいます。かつての古戦場に思いを馳せながら見学するといいでしょう。

三崎水辺公園
三崎町三崎1-1



 戦人塚の入口からそのまま東へ突き当りまで進み,突き当りを右折して100mほど進んだ歩行者用の坂道を下って突き当りを左折し,続く分岐を右に進みます。そのまま200mほど進んだ左手にハイツがある交差点を右折し,100mほど先の突き当りを左折します。この通りは前後駅から続く特徴的なけやき並木通りになっています。







 けやき並木通りを400mほど進んだ右手には三崎水辺公園があります。三崎池の周りに整備された市民の憩いの場となっている公園で,春には170本が咲き乱れる桜の名所としても知られソメイヨシノのライトアップも行われます。池の周囲には全長870mのジョギングコースも設けられ,健康遊具なども整備されていて体を動かすのにも最適です。池に訪れる野鳥を観察することもでき,ゆっくりと時間を過ごすのにも最適な公園です。ウォーキングの休憩地点として活用しましょう。

豊明市立図書館
西川町横井4-11





 三崎水辺公園からさらに北上して,150mほど進んだ「二村台2丁目」交差点を右折し,50mほど進んだ左手には豊明市立図書館があります。豊明市の地域資料などの情報を集めるのにも利用できます。市のちょうど中心に位置する現在地に図書館が設置されたのが昭和55年(1980年)であり,若いファミリー層を中心に人口が増加していたために待望の開館だったと考えられます。





 豊明市立図書館から西側の路地を150mほど北上し,広い通りに突き当たったら左手の「二村台」交差点で横断歩道を渡って東へ100mほど進み,右手に公園がある筋を左に入って突き当りを右に進むと,西川神明社があります。創建は寛文4年(1664年)といい,この付近の住宅開発が始まるずっと前から設けられている神社になります。

豊明市文化会館
西川町広原28-1 [公式HP(外部リンク→)]







 西川神明社から住宅街を東に300mほど進み,突き当りを右折するとその先に「豊明西川」交差点があります。ここを左奥方向に進むと,左手に豊明市文化会館があります。約800席備えた大ホール,約300席備えた小ホールや,ギャラリーなど備えた会館で,隣接して茶室の欅庵も設けられており,市の文化事業の中心施設として様々なイベントが行われています。



 豊明市文化会館から南に進んだところにある公園から南に遊歩道を200mほど進んでいきます。住宅地の中でウォーキングを楽しむことができるようになっています。



 進んだ右手には福祉体育館[公式HP(外部リンク→)]が設けられています。スポーツのイベントなども多く行われている体育館です。

中央公園
新田町吉池3-1



 福祉体育館の北側の道を東へ600mほど道なりに進むと,右手に中央公園があります。広さ15000平方メートルと豊明市の都市公園としては最大級の面積を持ち,各種の遊具も設けられています。広いグランドが整備されているため,野球やサッカーなどのスポーツも行われています。春にはソメイヨシノが公園内を咲き乱れ,市民の憩いの場となっています。ウォーキングの休憩にも利用しましょう。





 中央公園の北側,駐車場側から出て左手に進み,200mほど進んだ右手には八剱神社(新田町吉池)が祀られています。天正年間(1573〜93)の創建と伝わっています。

豊明市役所
新田町子持松1-1 [公式HP(外部リンク→)]





 新田町吉池の八剱神社からそのまま南西方向に進んで突き当りを右に進んだ先には豊明市役所があります。豊明市の行政の中心で,各種のパンフレットなども手に入ります。明治39年(1906年)に沓掛村と当時の豊明村が合併しておおよそ現在の豊明市の領域となった豊明村が誕生します。当時の人口は約1000人だったといい,豊明の名前の由来は,前後町付近にあった豊倉屋という建物と,元号の明治から1文字ずつとったものといい,宮中の年中行事の豊明節会からとられたという説もあるといいます。現在の豊明市の人口は7万人弱となり,当時と比べるとその繁栄ぶりがうかがえます。

寂光寺
新田町吉池9-2 [公式HP(外部リンク→)]



 豊明市役所の入口から南に戻って100mほどそのまま進み,最初の横断歩道のある筋を左折して突き当りを右折し,続く筋を左折して100mほど進むと左手に寂光寺(曹洞宗)があります。天明年間(1781〜89)頃に創建されたといい,天保11年(1840年)に尼寺として寂宗観光尼が初代住職に鳴ったといい,阿弥陀堂といったといいます。昭和17年(1942年)に現在の名前に改称されました。境内には祀られている千体地蔵菩薩に奉納する幟が多く設けられており,地域の人々から信仰されている様子が伝わります。



 寂光寺から東へ100mほど進んだ右手には吉池公園があります。公衆トイレが設けられており,休憩地点になる公園です。

中島八剱社
新田町森西13-1





 吉池公園の南側から出て左手に進み,次の筋を右折してさらに2本目の筋を左折します。そのまま400mほど進み,「大久伝」交差点を越えて次の筋を右折します。300mほど進んだ次の筋を左に入った先には中島八剱社があります。元和3年(1617年)に近江国太郎坊宮より勧請して創建され,寛文3年(1663年)に熱田神宮の別宮の八剣宮から天照皇大神と素戔嗚命を勧請して奉祀したことにより八剱大明神と称されるようになったといいます。社伝によると文政4年(1821年)には日照りが続いたために雨乞いの神も勧請されたといい,拝殿の隣などに多くの摂末社が祀られています。

禅源寺
新田町村合68





 中島八剱社から出て西の突き当りまで戻り,左折して150mほど進んだ2本目の筋を右折すると禅源寺(曹洞宗)があります。明和元年(1764年)に後の伊藤両村の系譜に当たるという池田平吉が私財を投じて池田家の菩提所として地蔵堂を建立したのが始まりといい,当初は禅源窟と称したといい,昭和17年(1942年)に現在の名前に改称されたといいます。本尊は子安地蔵で,境内には伊藤家代々の墓碑が並んでいます。寺宝の伊藤両村先生画像[市文化]は,両村が没した安政6年(1859年)の暮れ頃に,尾張の画家・溝口月耕によって描かれたものといいます。



 禅源寺から道なりに大きく左に曲がりながら進んで,次の細い路地を右折し,続く筋を左折して先の交差点を越えた先の左手には伊藤両村先生塾址があります。伊藤両村が設けて多くの門人が学んだという私塾がここに設けられていたといいます。



 伊藤両村先生塾址の碑から手前の交差点に戻って,右折し県道を南下していきます。400mほど進んだ右手には大正2年(1913年)に阿野町で生まれたという加藤春彦氏の句碑が設けられています。

阿野八剱神社
阿野町東阿野50







 加藤春彦の句碑からさらに県道を南下していき,100mほど進んだ動物クリニックの手前の十字路を左折します。さらに2本目の筋を右折して150mほど進み,突き当りを右折すると阿野八剱神社があります。創建は不詳ですが,東阿野村の氏神として信仰されている神社です。阿野の地名の由来は「青野」からきているといい,肥沃な大地を意味するといいます。昔からこの付近は北の琵琶ヶ池を水源として豊かな耕作地帯が広がっていたといいます。参道の両脇には社宝の阿野八剱神社石灯籠[市文化]があります。万延元年(1860年)に阿野の外山家の出身である幕末の勤皇家・深見篤慶が寄進したものといい,火袋と受け台に刻まれている三つ巴丸に木瓜の文様は深見家の家紋といいます。

西蓮寺
阿野町林ノ内21



 阿野八剱神社から西へさらに100mほど進んだ先の県道を渡り,さらに300mほど進んだ4本目の筋を左折します。200m弱進んだ左手には照栄寺(曹洞宗)があります。瑞雲山と号し,文化5年(1808年)に弥陀堂として建立され,昭和17年(1942年)に現在の寺号になったといいます。曹源寺の末寺で,本尊は阿弥陀如来といいます。



 照栄寺の先の十字路を左折し,道なりに右に曲がった先には西蓮寺(真宗大谷派)があります。明応年間(1492〜1501)に了祐の開山による創建といい,元々は尊休寺と称して知多大野村(現,常滑市)の光明寺の末寺といいます。5世了乗の代に西蓮寺と改められ,元禄5年(1692年)の6世了恵の代に洪水の難を避けるために現在地に移されたといいます。その後水難に遭い,寛政元年(1789年)に本堂が再建されたといいます。現在は保育園が併設されており,子供たちの声で賑わいます。

豊明花き地方卸売市場
阿野町三本木121 [公式HP(外部リンク→)]





 西蓮寺から南下して国道1号線に出て左折し,「豊明駅前」交差点で横断歩道を渡って右折し,先の筋を道なりに右折して100mほど進み,突き当りを左折して名鉄の踏切を渡ります。その先の筋を左折してそのまま100mほど進むと右手に豊明花き地方卸売市場が広がっています。平成8年(1996年)に開設された(前身も含めると昭和34年(1959年)設立)花や観賞用植物の専門の市場で,花栽培が最も盛んな愛知県をはじめ日本全国から栽培された花きがここに集まって卸売りが行われ,日本全国に販売されていきます。その取扱い量は日本はもとよりアジアでも最大規模,世界でも5位にあたります。花のセリが行われるのは毎週月曜日と木曜日といい,3日前までに事前に申し込みを行えばセリの様子などを見学することができ,多くの花きが一斉に取引されるスケールの大きさは圧巻といいます。その他にも花が販売される花マルシェなど一般の人でも楽しめるイベントなどが多数開催されています。

ゴール:名鉄名古屋本線・豊明駅



 豊明花き地方卸売市場から東側に進んだところにはゴールの名鉄豊明駅があります。普通・準急のほかに一部の急行が特別停車します。急行はおおむね30分に1本で名鉄名古屋駅まで約22分で行くことができます。1時間に4本程度運転されている普通列車の場合は,金山・名古屋方面へは前後駅または鳴海駅で急行に乗り換えるのが便利です。豊明駅は元々阿野駅といい,昭和56年(1981年)に市名を冠した駅がなかったことから住民の要望で豊明駅に改称されました。市の中心駅は前後駅でそちらの方が乗降客も多く賑わっていますが,豊明駅も検車区が設けられた立派な駅になっています。

写真使用数:43

←前:沓掛コース / 愛知県豊明市 / 次:[大府市]共和・長草コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>