本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県尾張旭市:森林公園コースSHIROYAMA PARK

2015年5月探訪。2019年11月27日作成

【コース】 距離:約9.2km
 市東部の森林公園周辺をめぐります。森林公園を始め,濁池や吉賀池湿地,旭境川の桜並木など様々な自然を感じることができるコースです(尾張旭市のウォーキングコース「お花見コース」とほぼ同一のコースです)。

≪コース≫ 名鉄・三郷駅〜長谷観音〜旭丘公民館〜濁池〜吉賀池湿地〜殿様街道案内板〜愛知県森林公園〜旭境川の桜並木〜天然温泉ことぶきの湯〜名鉄・三郷駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄瀬戸線・三郷駅



 今回は名鉄瀬戸線・三郷駅からのスタートとなります。瀬戸線を利用して,名古屋市中心部の栄町駅からは急行で約22分,準急で約24分,普通で約29分の所要時間です。本数は急行・準急・普通がそれぞれ1時間に2本,合計で6本程度運転されているのでアクセスは便利です。三郷駅の北出口から出てスタートしましょう。
 三郷駅は明治38年(1905年)の瀬戸線の前身である瀬戸電気鉄道の開業時に設置されました。かつては折り返し電車も多く設定されていましたが,現在は尾張旭駅の折り返し設備が完成したため,朝の一部列車が始発駅となっているのみです。

長谷観音
大久手町中松原地内





 三郷駅の北出口から右手に出て北上し,2つ目の信号を右折します。さらに次の筋を左折して100mほど北上すると,右手に東栄公園があります。トイレなども設置された住宅地の公園で,休憩地点としても利用できます。





 東栄公園から50mほど北上した城山街道を左折し,50mほど進んだ次の「東栄町」交差点を右折します。さらに100mほど進んだ「東大久手町」交差点を左折し,ここから300mほど道なりに大きく右に曲がりながら進むと左手には長谷観音があります。奈良の長谷寺の本尊を模したという十一面観音がまつられています。安永6年(1777年)の銘のある西国巡拝供養塔があり,この付近の住民7人が西国33ヶ所霊場をめぐり,第8札所の長谷寺の十一面観音を模して建立したことが記録されています。また,付近には庚申塔や常夜灯,かつてこの付近にあった一斗ヶ池に祀られていたという水神の石碑など,庶民信仰を感じさせる石造物が設けられており,新しい住宅地の中,昔ながらの庶民の信仰を偲ばせる空間になっています。





 長谷観音を道なりにぐるりと回って大久手ふれあい会館の前まで進み,ここを右手に進んで西に250mほど進みます。道なりに大きく左に進んだ先には旭丘公民館と児童館があります。児童館は休日ともなると子供の歓声が聞こえ,若い住宅地の雰囲気を感じさせます。



 旭丘公民館の先の筋を右折し,その後旭丘小学校をぐるりと回りこむように進んで小学校の西側に出たところを右折します。この付近は,自然を感じさせる雑木林の散歩道が伸びています。



 雑木林の散歩道を抜けて右折し,その先の濁池を左手に見ながら池のそばの道を進んでいきます。江戸時代初期に新居村の新田開発に伴って建設されたというため池で,池が濁って見えたことから名前がついたといいます。現在は遊歩道も整備されて池の自然も楽しめるようになっています。貴重な植生や昆虫の住みかにもなっているといい,地域の人々が貴重な自然を守っているといいます。

吉賀池湿地
新居町寺田2956



 濁池の側の道を300mほど北上し,池の北側に出たら左折して300mほど進み,旭ヶ丘運動広場の手前の右手にある山辺の散歩道という遊歩道に入っていきます。尾張旭市の北側に整備されている遊歩道で,先の城山公園コースでもその一部を歩きました。





 山辺の散歩道を200mほど進むと左手には吉賀池湿地[市天然]があります。東海地方特有の湧水湿地といい,絶滅危惧種であるシラタマホシクサやミカワシオガマなどの植物が生息している貴重な場所といいます。普段はフェンスに囲われていて中に入ることはできませんが,年6回程度の一般公開期間が設けられており,季節に合わせた様々な植物を楽しむことができるといいます。尾張旭市のホームページでも,湿地を紹介したPR動画 [外部リンク→] が公開されています。



 吉賀池湿地からは,再び山辺の散歩道を進んでいきます。尾根を越えて進んでいくため,多少のアップダウンがあるので気をつけて進んでいきましょう。案内板なども丁寧に設けられています。





 遊歩道を進んでいくとやがて舗装道路に突き当たりますので,ここを左折して道なりに進みます。道なりに大きく右に曲がり,さらに道なりに右に曲がった先に分岐点がありますので,左手の細い道を進んでいきます。この道を300mほど進んだ次の十字路を左折し,100mほど先の県道に合流するところに殿様街道の案内板があります。歴代尾張藩主が,初代藩主の義直の廟所が設けられている瀬戸の定光寺へと名古屋から向かう際に通ったといい,名古屋城を築いた石材を運んだとも伝えられています。現在は道のおもかげはありませんが,この先の森林公園の乗馬施設のところに一部が残されているといいます。

愛知県森林公園 [有料施設]
新居5182-1 [公式HP(外部リンク→)]





 殿様街道の案内板の先の森林公園通りを左折し,500mほど北上すると愛知県森林公園の正門があります。尾張旭市の面積の6分の1に当たるという広大な森林に設けられた県立の公園で,公園部だけでも187ヘクタールに及びます。昭和9年(1934年)の開園という長い歴史を有しており,正門付近にある一般公園エリア,正門から西に位置する有料エリアの植物園,正門から東側に広がる運動公園エリア,さらにはゴルフ場エリアからなります。令和元年(2019年)6月には,第70回全国植樹祭が行われ,即位したばかりの天皇・皇后両陛下が訪問されるなど話題になりました。









 正門付近に広がる一般公園エリアは,総合案内所が設けられているほか,子供の遊び場になっている児童遊園地や工作室などが設けられているこどもの家,レクレーションが楽しめるセンター広場などがあり,多くの子供たちでにぎわう空間になっています。





 さらに北側に進むと,家族で楽しめるバーベキュー場やボート遊びが楽しめる大道平池があります。ゆっくりと時間をかけて自然を楽しむのもいいでしょう。













 続いて一般公園にある植物園の東門から,有料エリアの植物園へと進んでいきます。東門のところからは,竹林を通り抜ける遊歩道が整備され,その南側には噴水や花壇も整備された西洋風の沈床花壇が設けられています。またその西側には広大な芝生が広がる広芝生が設けられています。





 広芝生からさらに西に進んでいった先には展示館があります。森の生物などに関する展示が設けられており,この地域の豊かな自然について学ぶことができます。







 展示館の周辺には,この地域の自生樹木などが楽しめる郷土の森を始め,その西側にはドングリや小鳥が楽しめる子どもの森,香りだつ木が特徴で風情豊かな場所という憩いの森,全国都道府県の木などが設けられているふるさとの森など,テーマに応じた様々な森林を楽しむことができます。園内をめぐるウォーキングコースも設けられており,全国森林浴100選の森にも選ばれています。









 そのほかにも日本全国の岩石が庭園風に並び,古墳も設けられている岩石園や広大な岩本池など散策していて豊かな気持ちになれる公園となっています。じっくりと時間をかけて豊かな自然を感じられる公園をめぐりたいものです。



 森林公園の正門に戻り,北にある「森林公園」交差点を右折して,愛知用水を渡って進んでいきます。





 愛知用水を渡った先には運動公園エリアが広がっています。運動広場や弓道場,野球場,テニスコート,乗馬の設備など体育設備が集まっています。スポーツを楽しむ人々を眺めながら東へと進んでいきましょう。

旭境川の桜並木
旭台3 付近



 愛知県森林公園の運動公園エリアから東へ道なりに進んだ先の「森林公園東」交差点を越えた先の筋を右手に入り,グネグネとした道を400mほど進むと旭台第三号公園があります。この付近からは整備された旭台の住宅地の道になっています。





 旭台第三号公園から南下し,左手に旭境川が流れる道を南下していきます。この川沿いには桜並木が続き,春には見事な花を楽しめるといいます。旭境川沿いの道から一本西側の住宅地の道にも桜並木があり,この付近は春の桜を存分に楽しめるコースになっています。





 旭境川沿いの桜並木を左手に見ながら700mほど南下すると,右手に旭台第一号公園があります。こちらの住宅地の中に設けられた公園で,トイレも設けられているので休憩地点として利用することができます。



 旭台第一号公園の西側から出て左手に進んで南下し,道なりに400mほど進むと城山街道に突き当たります。ここを右折して先の橋を渡り,150mほど進んだ次の信号を越えた先の筋を左折して500m弱南下し,歩道橋を渡った先には天然温泉ことぶきの湯 [公式HP(外部リンク→)] があります。美人の湯として名高い亀山の湯を直送して天然温泉を楽しめるといい,ウォーキング終了後に汗を流すのにも利用できます。散策で疲れたら,ゆっくりと休憩するのもいいでしょう。

ゴール:名鉄瀬戸線・三郷駅



 天然温泉ことぶきの湯から南下したところに,ゴールの名鉄三郷駅の東口に戻ってきます。自然満喫のウォーキングを楽しむことができたと思います。瀬戸線を利用して名古屋中心部の栄町駅まで急行で約22分,準急で約24分,普通で約29分の所要で行くことができます。本数はそれぞれの種別が30分ごとに運転されています。

写真使用数:48

←前:本地ヶ原コース / 愛知県尾張旭市 / 次:[長久手市]文化の家コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>