本文へスキップ

ぼちぼちウォーキングでは,名古屋市周辺のウォーキングをした体験記をまとめています。

愛知県江南市:江南南コースKONAN SOUTH

2017年12月探訪。2017年12月4日作成

【コース】 距離:約9.5km
 江南駅南側をめぐります。平安時代から歴史ある神社など多くの社寺と,布袋の大仏や地元書道家の芸術を感じる晴嵐館などをめぐっていきます。

≪コース≫ 名鉄・江南駅〜江南市役所〜長幡寺〜昭蓮寺〜地蔵山園地〜布袋の大仏〜伊賀々原神社〜晴嵐館〜秋葉寺〜稲木神社〜八王子社〜地蔵寺〜観音寺〜朝熊神社〜若宮八幡宮〜江南市立図書館〜神明社〜薬師寺〜白山社〜名鉄・江南駅


(国土地理院発行 1/25000地形図を利用して作成)



スタート:名鉄犬山線・江南駅



 今回は江南市の中心駅である名鉄犬山線の江南駅がスタートです。特急などすべての列車が停車し,名鉄名古屋駅から特急で約18分,急行・準急で約22分となります。特急・急行・準急がそれぞれ1時間に2本ずつ運転されていて,アクセスは便利です。江南駅の西口から出てスタートしましょう。
 江南駅は名古屋電気鉄道が大正元年(1912年)に開業した際に設けられた駅で,当初はこの付近の地名をとって古知野駅といいました。昭和56年(1981年)に市の名前が江南になったことを受けて現在の駅名となりました。なお江南という市の名前は,木曽川の南に位置することが由来といいます。

江南市役所
赤童子町大堀90 [公式HP(外部リンク→)]



 江南駅西口から西に進んで「江南駅西」交差点を左折し,350mほど進んだ「江南市役所前」交差点を左折した先に江南市役所があります。江南市の行政の中心で,平日ならば観光商工課で観光地図などを手に入れることもできます。ウォーキングの拠点にも利用しましょう。





 江南市役所の目の前の横断歩道を渡り,そのまま道を100mほど南下して次の十字路を左折した先には藤之宮神社があります。延宝4年(1676年)に村が開拓された際に再建されたといいますが,それよりは歴史はさかのぼると考えられています。戦前は大木に覆われていたといいますが,現在もその面影が残されています。享保8年(1723年)に寄進された丸石柱が残っているといいます。



 藤之宮神社から西の十字路の戻り,さらに南下して道なりに200mほど進むと右手に阿弥陀寺(浄土宗)があります。寺伝によると元々は阿弥陀堂と称した庵でしたが,文久2年(1862年)に堂宇が建立されたといい,昭和30年(1955年)に阿弥陀寺になったといいます。

長幡(ちょうばん)寺
赤童子町白山89





 阿弥陀寺から西へ250mほど進んで突当りを左折して200m弱進むと,長幡寺(真言宗豊山派)があります。勅願山と号し,寺伝によると延暦寺3世の慈覚大師が仁寿2年(852年)に草創したという古刹で,不動明王を本尊として明王院と称したといいます。14世紀の南北朝時代には南朝の祈願所となり,勅願山長幡寺と改められ,長野村萬徳寺(現,稲沢市)の末寺として栄えました。地名の赤童子町の由来は,この寺の不動明王の脇侍が赤かったことといいます。天正12年(1584年)に中興され,明治になってからは栄村の役場がここにおかれ,学校教育の場にも貸与されるなど地域の発展に貢献しました。境内には観音堂があり,慈覚大師作と伝わる観世音菩薩が安置されかつては尾張三十三観音の第28番札所だったといいます。また観音堂内には恵比寿もまつられ,尾張七福神の霊場の1つになっています。



 長幡寺の先には白山社があります。棟札によると寛文4年(1664年)の創建といい,明治末期に村社の熱田社を合祀したといいます。昭和48年(1973年)に社殿が整備されました。

昭蓮寺
木賀本郷町西152 [公式HP(外部リンク→)]





 白山社の先の十字路を左折し,300m弱進んだ左手に昭蓮寺(日蓮宗)があります。寛文年間(1661〜73)に勝山武兵衛なるものが三十番神をまつったのが始まりで,延享2年(1745年)に番神堂と改められました。天明4年(1784年)に風雨で堂宇が倒壊しますが再建され,明治初年に廃仏毀釈で神仏混交を改めるようにとの指導から祖師堂と改められます。明治42年(1909年)に現在の堂宇が完成し,昭和17年(1942年)に現在の寺号になりました。

地蔵山園地
布袋町北159



 昭蓮寺から100m弱進んだ突当りを右折し,200mほど進んで県道に突き当たったら横断歩道を渡ってすぐ左手の一方通行の道を右手に入って150mほど進むと右手に重軽地蔵が祀られています。願いがかなうときは重く,かなわないときには軽くなるという言い伝えがあります。





 この筋を100mほど進むと地蔵山公園があります。公園内の弘法堂には,約600年前の「やろか水」と呼ばれる洪水の際にこの地に流れ着いたという像がまつられています。



 重軽地蔵のところに戻り,さらに東に進んで突当りまで行くと布袋町の道路元標が残されています。





 ここを左折したところには,聖寿院(真宗大谷派)があります。江戸末または明治初期にあった説教所を明治9年(1876年)に再興し,明治11年(1878年)に現在の寺号となりました。昭和7年(1932年)に現在の本堂が設けられ,現在もよく整備された雰囲気になっています。

布袋の大仏
木賀町大門160





 聖寿院から北上して県道を左側の横断歩道で渡ってさらに50mほど進んだ左手に布袋の大仏と親しまれている高さ18mの御嶽薬師尊があります。名古屋できゅう師を営んでいた前田秀信氏が昭和24年(1949年)に建立を決意し,私財を投げうって御嶽薬師尊を勧請し5年の歳月をかけて完成させました。3月24日に開眼式が行われたため,その日を毎年の大祭日としています。周辺に桜が植えられ,春には特に多くの見物客で賑わいます。





 布袋の大仏から100mほど進むと,正面に交通児童遊園があります。交通ルールを学ぶための設備があり,貸自転車などもあるそうです。園内には色々な遊具があって,児童館なども併設されており,子どもが長い時間遊ぶのにはもってこいの施設です。

伊賀々原(いかがはら)神社
木賀東町新宮166





 交通児童遊園から東に進んで名鉄の踏切を渡り,100m弱進んだ2本目の筋を右折して100m弱進むと左手に伊賀々原神社があります。創建は不詳ですが平安時代の延喜式神明帳にその名前がみられる古社です。熱田神宮と同じように八劔社や高座社などがあることから往古に熱田神宮を信仰する人々が社を立て,日本武尊をまつったものと考えられます。この付近に木賀という地名も,伊賀が幾賀(いくが)となって現在の地名になったといわれています。境内は昔ながらの樹木が多くそびえ,江南市内でも由緒のある神社の一つとしての重みを感じさせます。



 伊賀々原神社からさらに南東方向へ100m強,青木川を渡って進むと左手に大海道神明社があります。創建は不詳ですが,江戸時代の寛文覚書に記載があるといいます。神社の北にある公会堂は元々阿弥陀堂と呼ばれ,慈覚大師が製作したと伝わる阿弥陀如来が安置されているといいます。

晴嵐(せいらん)館 [有料施設]
大海道町青木22 [公式HP(外部リンク→)]







 大海道神明社の先を左折して450mほど進むと右側に晴嵐館があります。明治32年(1899年)に江南市で生まれた書道家の大池晴嵐(本名,一良)の代表作を展示・保管するために昭和46年(1971年)に開館しました。大池晴嵐は江南市古知野町で生まれ,幼いころから書に親しみ,上京して豊道春海に師事して様々な賞を受けます。戦後,古知野町に戻ってからも地元の学校で教鞭をふるうなど,地元の書道の発展に尽くしたといいます。作品展示室では晴嵐の書のほかにも地元の書家の作品を集めた特別展示なども行われます。また彼が作品制作の場としたという庭園も整備され,四季折々の美しさをみせます。不定期で休館する場合もあるので,見学の際は問い合わせをするといいでしょう。

秋葉(しゅうよう)寺
寄木町秋葉231



 晴嵐館の南側の出口から出て左手に進み.100mほどでやや広い通りに突き当たるのでここを右折し,500m強進むと「寄木南」交差点があります。その1つ先の筋を右折すると少し先に秋葉寺(曹洞宗)があります。観音山と号し,創建は不詳ですが江戸時代の寛文覚書に存在が記載され,薬師堂のちに観音堂と称したといいます。明治14年(1881年)に本堂が建立されて堂号の公称が許可され,昭和15年(1940年)に稲木神社南にあった安閏庵にあった馬頭観音,千体地蔵が寺に移されたといいます。昭和28年(1953年)に現在の秋葉寺となりました。本尊の秋葉三尺坊は小さな木像で厨子の中に収められ,50年に一度開帳されるといいます。

稲木神社
寄木町稲木96





 「寄木南」交差点に戻り,東方向の細い路地を200m弱進んだ2本目の筋を左折し,100mほど進んだ左手に稲木神社があります。創建は不詳ですが,平安時代の延喜式にも名前が見られる古社で,天照大御神と垂仁天皇の皇子の大中津日子命がまつられています。この地にあった天道山高照寺の尼僧が社務をつかさどっており,寛保元年(1741年)に社寺ともに愛知郡八事村(現,名古屋市)に移転しますが,この地にも社が残されて「尾張名所図会」にも描かれたといいます。人々には「お天道さん」として親しまれており,手水鉢には天道山と,拝殿にも天道宮と社名額が掲げられています。境内には9つの境内社をもち,昔ながらの社叢に囲まれるなど歴史を感じさせるたたずまいになっています。



 神社入り口の左手には高さ13mにおよぶ落葉樹のむくろじ[市天然]がそびえています。

八王子社
安良町八王子138





 稲木神社の先の筋を右折し,100m強進んだ2つ目の筋を左折します。そのまま150mほど進んだ左手に八王子社があります。祭神が8柱あることが神社の名前の由来といい,創建は不詳ですが寛永5年(1628年)に再建されたといいます。本殿東には熊野社など3社がまつられ,本殿西には養蚕の神である蚕影神社がまつられています。神社の祭礼には安良の棒の手[県民俗]が奉納されます。棒の手は護身術として木の棒が武器で用いされていたものが,祭礼で奉納されるようになったものといいます安良の棒の手は源義経が鞍馬の天狗から稽古を受けて,それを美濃国の加藤新五右衛門が名古屋野田町(現在の名古屋市中川区)の周辺に伝えたといい,さらにそれが文久元年(1861年)に梅村八右衛門らによってこの地に伝えられたものといいます。祭礼の際にはさらに一つ物(おでこ様)[市文化]と呼ばれる神功皇后をなぞらえた女像を馬に乗せて奉納し,安産を祈願するといい,その様子は「尾張名所図会」でも紹介されています。像はおよそ270年前にできたものといい,作者は名古屋の人形屋源右衛門といいます。

地蔵寺
安良町上郷180





 八王子社から50mほど進んだ次の十字路を右折して200mほど進むと地蔵寺(曹洞宗)があります。瑞巌山と号し,明和2年(1765年)に前田弥兵衛により建立されたといい,当初は地蔵堂と称しました。昭和10年(1935年)に本堂が再建され,昭和17年(1942年)に地蔵寺となり,岩倉市の龍潭寺の末寺になったといいます。

観音寺
安良町上郷159



 地蔵寺から100mほど進んだ3本目の筋を左折して少し進んだところに観音寺(曹洞宗)があります。安良山と号し,宝暦2年(1752年)に前田弥兵衛による創建といいます。その後明治期には観音堂と呼ばれ,昭和28年(1953年)に観音寺となりました。本尊の観世音菩薩は行基作と伝わりますが,現在は修理されて文化財価値が失われました。入口の三十三の観音石仏があり,様々な石仏もまつられて庶民信仰を感じさせます。墓地には創建した前田家の歴代の碑が設けられています。

朝熊神社
今市場町宮前27





 観音寺から先に進んで突当りを左折し,100m弱進んだ次の筋を右折します。そのまま200m弱進むと朝熊神社があります。目の前の県道は車が多いので,左手の「今市場」交差点で横断歩道を渡るといいです。慶長年間(1596〜1615)に伊勢朝熊神社を勧請して創建されたと伝わり,元々はこの西の布袋北小学校の北にあったといいます。その後明治41年(1908年)に津島社と洲原社を合祀して,元々社のあった現在地に移転したといいます。10月第3日曜日には拝殿にて今市場の獅子芝居[県民俗]が奉納されています。獅子芝居はいかつい獅子頭をかぶって女形として演じるので,別名女獅子ともいいます。寄せ太鼓で芝居があることが告げられたのちに幕の舞,幣の舞が舞われ,五穀豊穣や悪霊退散を願って演じられるといいます。獅子芝居は尾張,三河地方で神事のあとの余興として広く演じられたといい,現愛西市諸桑の市川柳助によって各地に広められたと伝わっています。

若宮八幡宮
力長町若宮131-1 [公式HP(外部リンク→)]





 朝熊神社の右手の筋を300mほど北上すると若宮八幡宮があります。創建は不詳ですが平安時代の延喜年間という言い伝えがありますが,この地区に伝わる江口家系図によると江口家23代が京都梅宮神社から勧請したと記録され,尾張名所図会によると慶長10年(1605年)に清須から現在地に移されたといいます。近世から安産守護の神様として霊験があらたかで,例祭が賑やかに執り行われる様子が尾張名所図会にも描かれているといいます。かつては薄暗いほど大木が境内を覆っていたといいますが,伊勢湾台風で大きな被害を受けたといいます。境内は整備され,力長地区の中心的な神社として地域の人の憩いの場にもなっているようです。



 若宮八幡宮の北西側から出て,そのまま西に進み突当りを右折したところに薬師寺(浄土宗西山禅林寺派)があります。扶桑町柏森西屋敷の専修院の末寺で,境内にはこの付近に散在していた石仏などが集められています。

江南市立図書館
石枕町神明82 [公式HP(外部リンク→)]



 薬師寺から戻って県道に突き当たったら右折し,500mほど進んだ左手には白石稲荷が鎮座しています。



 その先の右手には江南市立図書館があります。昭和51年(1976年)に地元実業家の江口碩之介の寄付を受けて元々彼の邸宅があった現在地に開館し,その後江南市の名誉市民となった横田喜三郎の寄付などによって図書の充実がはかられました。現在は施設も古くなり,隣接自治体が相次いで新しい図書館を開館させたため,新しい図書館への要望が高まっているといいます。

神明社(石作神社)
石枕町神明55





 江南市立図書館の先に神明社(石作神社)があります。貞元2年(977年)に創建されたという古社で,平安時代の延喜式神明帳にある丹羽郡の石作神社に関係する神社と考えられています。境内社として白山社と稲荷社があり,正徳3年(1713年)にはこの地の稲荷神社から勧請されて山王稲荷社(現,名古屋市中区古渡町)が創建されたといわれています。

(尾崎山)薬師寺
尾崎町白山54





 神明社から50mほど進んだT字路を左折し,200m強進んだ4本目の筋を右折して100m強進むと右手に薬師寺(西山浄土宗)があります。尾崎山と号し,宝暦元年(1751年)に北西200mほどのところに安置されていた薬師如来を本尊として創建されたといいます。元々は禅宗だったといいますが,文久3年(1863年)に改宗して現在に至るといいます。

(尾崎)白山社
尾崎町白山34





 薬師寺の先を左折して次の筋を右折し100m弱進むと(尾崎)白山社があります。棟札によると正保2年(1645年)に勧請されたといい,かつては土地が低くて絶えず洪水に悩まされていたため,土地がかさあげされたと伝わります。古くから子宝に恵まれる安産の神様として信仰されているといいます。かつては境内は大木に覆われていたといいますが,区画整理のため境内が狭くなってしまったといいます。

ゴール:名鉄犬山線・江南駅



 白山社の正面からの道を南下し,最初の十字路の筋を右折して500mほど進むと線路に突き当たるので,ここを右手に進むとゴールの江南駅東口に到着します。名鉄犬山線に乗車して,名鉄名古屋駅まで特急で約18分,急行・準急で約22分,普通で約35分で行くことができます。本数はそれぞれ30分ごとに運転されています。

写真使用数:49

←前:布袋コース / 愛知県江南市 / 次:江南西コース→

ぼちぼちウォーキング

作成者 Rintaro Nagano
rintaronagano□yahoo.co.jp
□は@に代えてください。

*このページは個人作成のページです。ページに関する内容を,管理者以外に問い合わせないでください。
*個人利用を超える利用をされる場合は,事前にご連絡をお願いいたします。
*永続的なサイト運営・更新を目指してバナー広告が挿入されています。ご理解とご協力をお願いいたします。



































【バナー広告】
<HP作成関連>










<旅行関連>



<お役立ち情報>